1円株式会社の作り方は?メリット・デメリットと会社設立時の資本金も解説

1円で株式会社が設立できる時代になりました。
厳密に言えば、株式会社の資本金が1円にできるだけで、設立費用やランニングコストはかかります。

今日の記事では、1円株式会社の作り方と関係する会社法の改正、メリット・デメリット、資本金の設定方法も紹介します。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

1円株式会社の作り方は、会社法の改正が関係?

1円株式会社の作り方は、会社法が関係しています。
会社法改正前の2006年頃は、以下のような資本金最低額がありました。

【会社法改正前の最低資本金額一覧】 

項目有限会社を作る場合株式会社を作る場合
最低資本金3,000,000円10,000,000円

現在の株式会社の資本金が3,000,000円~5,000,000円で、有限会社の資本金額と変わりません。

最低資本金額が変更した理由は、債権者保護のためです。
株式会社は、倒産する債権者への責任を果たさなければいけません。

そのため、ある程度の資本金が必要です。
最低資本金額により、会社設立のハードルが高く最低資本金が撤廃されました。

1円株式会社の作り方(おすすめは、しません)

1円株式会社の作り方は、実行できるのでしょうか?
不可能ではありませんが、設立後に後悔する可能性が高いです。

「どうしても1円で、株式会社を作りたい」という人へ、1円株式会社の作り方を紹介します。

おすすめの方法ではありませんが、参考にしてください。

1円株式会社の作り方その1基本事項の作成

自分で会社設立する場合は、基本情報の作成を行います。
基本情報では、会社名、本店の住所、設立日の情報を記載します。

基本情報に記載する内容は、以下のとおり。

【会社設立時の基本事項例一覧】

項目備考
会社名株式会社〇〇〇、〇〇〇株式会社、合同会社〇〇〇、〇〇〇合同会社
本店の住所自宅、レンタルオフィスも可能。
ただし、賃貸物件は事務所不可の場合もあるので、大家さんに要確認。
事業内容あなたが行う事業を記載
会社設立日法務局への申請日
資本金合同会社:50~300万円、株式会社:300~500万円程度。
事業年度なし
発行株数なし
発行株式数なし
役員の構成1人社長は不要。一般的には、3名の取締役が必要
告知方法官報、新聞、ホームページなど

1円株式会社の作り方その2定款の作成

基本情報を作成したら、定款作成をしてください。定款は、3種類の記載事項があります。

【定款における3つの記載事項】

項目備考
絶対的記載事項定款に記載しなければいけない項目
相対的記載事項定款に作成しなければ、有効にならない項目
任意記載事項定款に記載しなくてもOK。必要な場合に記載する項目

絶対的記載事項以外は、会社によって必要な項目が変わります。
例えば、相対的記載事項は、定款へ記載しなければ効力がありません。

1円株式会社の作り方その3公証役場で定款認証

定款を作成したら、公証役場で定款認証をします。
登記先を管轄する公証役場で、定款を提出してください。

会社設立代行業者を利用すると、定款認証の手続きを丸投げできます。
定款認証時に必要な書類や詳細は、以下の表を参考にしてください。

【定款認証時の書類と費用一覧】

項目費用・備考
3種類の定款公証役場登記申請登記先での管理用
発起人の印鑑証明書3カ月以内
印紙代40,000円(電子定款は、不要)
定款認証手数料50,000円
謄本交付手数料2,000円
委任状と代理人の印鑑証明書と本人確認書類代理人が、役所に届出をした印鑑、運転免許証などの本人確認書類
発起人の印鑑認印と実印

1円株式会社の作り方その4会社印の作成

定款認証をしたら、会社印の作成をしてください。
会社印を作成する場合は、以下のような3つの印鑑を揃えてください。

【素材別の印鑑費用】

印鑑の種類費用
1本2,000円~8,000円
赤彩樺(あぐに)1本5,000円~14,000円
黒水牛1本4,000円~11,000円
チタン1本10,000円~30,000円
象牙1本20,000円~80,000円

安い柘、赤彩樺、黒水牛は、10,000円以下で購入できます。
高級なチタンや象牙は、1本20,000円以上と高いです。

資本金1円の株式会社を設立するなら、安い印鑑セットを購入してください。
少しでも節約して、自己資金を使わないようにしましょう。

会社・法人設立に必要な会社印鑑3本セットが どこよりも安い!破格の業界最安値

1円株式会社の作り方その5資本金の支払い

会社印の作成をしたら、資本金の支払いをしましょう。
資本金1円株式会社の設立前は、法人口座が作成できません。

発起人1人以上で資本金1円の株式会社を作成するなら、銀行口座へ入金してください。

1円株式会社の作り方その6法務局で登記申請 

登記先を管轄する法務局で、登記申請しましょう。
登記申請は、資本金の払込から2週間以内と定められてます。

「書類作成はできたけど、平日は仕事で申請できない人」は、会社設立代行業者に丸投げしましょう。

登記申請日=会社設立日ですので、希望日がある場合は注意してください。
会社設立日にこだわる人は、経営サポートプラスアルファに相談してください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

1円株式会社を実現する3つのポイント

ここからは、1円株式会社を実現する3つのポイントを紹介します。

1円株式会社を実現するポイント1:会社設立費用を、社長が支払う

1円株式会社の作り方は、会社設立費用を社長が負担します。
一般的には、資本金から会社設立費用を負担しますが、1円株式会社の作り方を実践したい人は、社長のポケットマネーから設立費用を出しましょう。

1円株式会社を実現するポイント2:法人口座開設できるまであきらめない

1円株式会社の作り方その2は、法人口座開設できるまであきらめないことです。
あなたなは「会社設立をすれば、1円の資本金でも法人口座が作れる」と考えるかもしれません。

その考えは間違いです。
資本金1円の株式会社を作っても、法人口座の開設はむずかしいでしょう。

なぜなら、銀行から振り込め詐欺や違法性のある会社だと、あやしまれるからです。

資本金1円の株式会社を作りたい人は、複数の銀行に口座開設申請をしましょう。
小さな資本金でも、受け入れてくれる銀行を見つけてください。

1円株式会社を実現するポイント3:銀行からの資金調達をあきらめる

1円株式会社の作り方を実行するなら、銀行からの資金調達はあきらめてください。
一般的な株式会社を設立する場合、発起人の自己資金を資本金にします。

資本金が1円では、銀行は「設立者の自己資金が少ない」と判断して、融資をしてくれません。

銀行からの資金調達はあきらめて、クラウドファンディングなどのサービスを活用しましょう。
とはいえ、クラウドファンディングで資金を集めるには、魅力的なサービスと提案が必要です。

ユーザーのメリットになる特典を付けるなど、工夫をしなければ資金調達は難しいでしょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

1円株式会社の作り方を実行するメリット

1円株式会社の作り方を紹介しました。
1円株式会社の作り方を実行するには、高いハードルを乗り越えなければいけないですよね?

そんな1円株式会社の作り方を実行すると、2つのメリットがあります。

簡単に株式会社を設立できる

1円株式会社の作り方を実行するメリットは、簡単に株式会社を作れることです。
資本金1円の株式会社と言っても、法人の社長には変わりがありません。

消費税を免除できる

1円株式会社の作り方を実行するメリットは、消費税の支払いがないことです。
1円株式会社だけではありませんが、資本金10,000,000円以下なら1年目の消費税が免除できます。

2年目以降も消費税を免除したい場合は、以下のような条件をクリアしましょう。

【消費税を免除する条件一覧】

免除の条件詳細
設立1年目の期間が、7カ月以内1年目が7カ月以下なら、消費税が免除できます。
例:7月から株式会社を設立すれば、1期目の活動期間は6カ月です。
上記のケースでは、1年7カ月の免除になります。
特定期間の給与等支払額合計が、10,000,000円未満給料額が10,000,000円未満なら、2年目の消費税も免除できます。
給料日を月末締めの翌月払いにしたり、給料の支払時期にする、外注の活用など工夫すればクリアできます。
特定期間の売上高が10,000,000円未満売上10,000,000円未満+給料支払額10,000,000未満にすると、2年目の消費税も免除できます。

1円株式会社の作り方を実行する4つのデメリット

1円株式会社の作り方には、2つのメリットがありました。
しかし、1円株式会社を作っても、メリット以上のデメリットが多いです。

ここからは、1円株式会社の作り方を実行する4つのデメリット

1円株式会社の作り方を実行するデメリット1:資本金を使いにくい

1円株式会社の作り方を実行するデメリットは、資本金は使いにくいことです。一般的な株式会社は、資本金から会社設立費用や設備投資を支払います。

会社設立で苦労したくない人は、資本金1円の株式会社は辞めてください。

1円株式会社の作り方を実行するデメリット2:事業投資ができず、利益が残らない

1円株式会社の作り方を実行するデメリットは、事業投資ができず利益が残らないです。
十分な資本金があれば、人材採用や設備投資もしやすいでしょう。

資本金1円の株式会社は、良い人材を確保できず、必要な投資もできません。
利益が残らないので、辛い経営を強いられます。

むずかしい会社経営を、資本金1円でチャレンジするのは無謀すぎます。。

1円株式会社の作り方を実行するデメリット3:ランニングコストが支払えない

1円株式会社の作り方を実行するデメリットは、ランニングコストを支払えないことです。
株式会社を作ると、以下のようなランニングコストがかかります。

【株式会社のランニングコスト一覧】

株式会社のランニングコスト

詳細

役員の登記費用

株式会社では、役員任期は2年です。役員の継続または変更をするには、10,000円程度の費用がかかります。

決算告知費用

株式会社の場合は、1年間に1回決算の告知が必要です。国の官報へ掲載するには、60,000円が必要です。
会社によって官報へ告知しないケースもあります。

専門家の顧問契約手数料

税理士、弁護士、税理士などの専門家と顧問契約をしたら、月30,000円~50,000円程度の費用がかかります。

株主総会の開催費用

株式会社では、株主総会の開催費用も必要です。会場費、昼食代、レンタル料が必要になります。

オフィスの賃料

東京都は10,000円~40,000円前後(エリアと広さによる)

税金

法人税:15%~23.20%
法人住民税:5%~12.3%
法人事業税:自治体による
消費税:8~10%
固定資産税:固定資産評価額×1.4%

社会保険料

未加入の場合は、未納分の支払い請求があります。

倒産・廃業時の費用

官報の解散公告:33,000円
解散登記:30,000円
清算担当者の登記:9,000円
清算結了の登記:2,000円

1円株式会社の作り方におけるデメリット4:取引先から信頼されない

1円株式会社の作り方を実行するデメリットは、取引先からの信頼度がダウンします。
取引先によりますが、資本金額でパートナーを決める会社もあります。

取引先から「この会社の資本金は1円だから、取引するリスクが高い」と思われるかもしれません。

あなたが一緒に仕事をしたい取引先があるなら、同程度の資本金にしましょう。

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

1円株式会社の作り方はむずかしい‼ 資本金を決める3つのポイント

1円株式会社のデメリットを紹介しました。
メリットよりもデメリットが多く、一般的な資本金の株式会社を作りたくなりますよね?

しかし、資本金をいくらにすればいいのか分からないはずです。
ここからは、資本金を決める3つのポイントを紹介します。

資本金を決めるポイント1:株式会社の平均資本金額で決める

株式会社の平均資本金額を参考にすると、会社の資本金を決めやすいです。
総務省統計局のデータによると、平均資本金額は3,000,000円でした。

全業界のデータを見ると、資本金3,000,000円~5,000,000円と10,000,000円~30,000,000円のゾーンが多いです。

会社経営に支障がない場合は、平均よりも低くても問題ありません。
以下の記事でも、5%の会社が3,000,000円以下の資本金で運営しています。

この記事でも解説中

資本金を決めるポイント2:ランニングコストを計算して決める

資本金を決めるときは、ランニングコストを計算しましょう。
ランニングコストは、会社経営に欠かせない費用です。

例えば、事務所が自宅とオフィスの場合は、どちらのランニングコストが低いですか?

当たり前ですが、賃料のない自宅の方がランニングコストがかかりません。
この場合は、平均資本金よりも低く設定しても、株式会社の経営ができます。

資本金を決める場合は、月・年単位でかかるランニングコストを計算しましょう。
最低でも、3~6カ月利益が出なくても、資金不足にならない費用を用意してください。

資本金を決めるポイント3:1,000万円以下に設定

株式会社の資本金を決めるなら、10,000,000円以下にしてください。
資本金が10,000,000円以上になると、消費税を支払わなければいけません。

株式会社の経営が安定しない時期に、消費税を支払うのは大変ですよね?
資本金を10,000,000円に設定して、消費税の支払いを避けてください。

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

1円株式会社の作り方と資本金額で悩んだら「経営サポートプラスアルファ」で解決

1円株式会社の作り方は、一般的な会社設立の手続きと変わりません。
ランニングコストのかからない自宅兼オフィスや初期費用を抑えられる人以外は、おすすめできません。

理由は、銀行からの資金調達ができない、法人口座が開設できない、人材を採用しにくいといったデメリットがあります。

「1円株式会社のデメリットを理解しても、資本金額で悩んでいる」という人は、経営サポートプラスアルファに相談してください。

経営サポートプラスアルファでは、税理士、弁護士、司法書士、行政書士といった株式会社設立の専門家がサポートします。

会社設立書類の作成・申請代行はもちろん、仕訳・決算申告の代行や経営アドバイスをして、利益を残せる会社づくりを心がけています。

また、代行手数料とコンサル料もかからないので、何回でも相談ができます。
会社設立を代行するだけの「受け身型」ではなく「提案型」で、それぞれの会社に合わせたアプローチが可能です。

1円株式会社の作り方と資本金の設定でミスをしたくない人は、経営サポートプラスアルファへ相談してください。

会社設立の依頼先、どこがベスト

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

   

NO IMAGE