アパレルの独立は実店舗?ネットショップも選択される時代へと変化

近年成長を続けているのがアパレルの分野です。

以前からネットショップを活用して呼ばれる分野は成長を続けていますが、近年はこの傾向がさらに顕著になってきています。

このような状況であるため、アパレル業で独立したいと考える人は増えています。
ただ、独立となると心配事が多くなかなか一歩を踏み出せない人が多いのも事実です。

今回はアパレルで独立するために、知っておくべきことをご説明します。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

アパレルでの独立はハードルが下がっている

現在アパレル業は独立がしやすい状況となってきています。

まずはどのような状況にあるのかを簡単にご説明します。

ネットショップの普及で独立しやすい

現在はアパレル関係のネットショップが多数公開されています。

簡単にネットショップを構築できるサービスがあるため、そのようなサービスを利用したアパレルショップが増えているのです。

このような現状からもわかるように、ネットショップサービスの普及によってアパレルは独立しやすくなっています。

以前はアパレルで独立するためには、自分のお店を持つ必要がありました。

お店を持つとなるとお金がかかるため、ハードルが高くなかなか独立に踏み切れない人が多かったのです。

しかし、現在は店舗を持たずネットショップを中心にアパレル業を営んでいる人も多数見受けられます。

ネットショップならばお店を持つよりもはるかに少ないお金で準備ができるため、独立時の選択肢には特に良いわけです。

アパレル業界はネットで盛り返している

経済産業省の調査によると、アパレル製品全体の売上金額は直近30年ほど横ばいやマイナスの状態が続いています。
しかし、ネットショップの売上については成長していて、アパレル業界を盛り返してる状況です。

上記でも説明したとおり、ネットショップを利用したアパレルショップは近年増えています。

独立しやすいとの背景があり、ユーザのニーズに沿ったお店が数多く出店されているのです。

ユーザーが求めているものが簡単に購入できるため、このように市場の成長に繋がっているのだと思われます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

アパレルで独立するための方法

すでにアパレル業界で働いている場合、独立する方法は大きく分けて2つあります。

  • 実店舗の開業
  • ネットショップの開業

それぞれについてご説明します。

実店舗の開業

一般的にアパレルで独立するといえば、こちらもイメージする人が多いでしょう。

今ではネットショップでの独立も増えていますが、まだまだ自分のお店を持つイメージを持つ人が多いはずです。

実店舗で独立する場合、独立にあたり大きなコストがかかります。

純粋に販売する商品を用意するだけではなく、お店を用意する費用も必要となってしまうからです。

アパレルで独立する方法の中でも負担がかかりやすいものです。

また、自分のオリジナルブランドで独立するならば、そのブランドに合わせたお店作りが必要です。

事前にブランドの方向性が確立できていないとお店のデザインなどが難しく、独立するタイミングを選んでしまいます。

あまり先を考えずに独立してしまうと、店舗の方向性とブランドの方向性が噛み合わないなどの問題になりかねません。

ただ、独立するハードルが高いものの「実際にお店がある」との安心感を与えられます。

ユーザーには実際に手に取って商品を確認してから購入したい人が一定数います。

そのようなユーザーを逃がさないために、数は少なくとも実店舗があるのは大きなメリットです。

ネットショップでの開業

世の中の流通の変化によって注目されてるのがネットショップでの開業です。

今まではアパレルの独立先にネットショップはあまり選択されていませんでした。

上記でも触れたような実際のお店を持つことが一定のステータスと考えられていたのです。

しかし、現在は様々な商品をネットで買うのが当たり前になってます。

そのような時代の変化によって、アパレルでの独立もネットショップだけが選択されるようになっています。

実店舗との併用ではなくネットショップだけで独立する人も見受けられる状況です。

ただ、ネットショップだけで独立してしまうと、「実際に商品を持って購入判断したい」とのユーザーを獲得しにくくなってしまいます。

デザインなどがユーザーの好みにあっても、商品を手に取れないことの不安感で購入に繋がらないのです。ネットショップでの独立はハードルの低いものですが、アパレル業界ならではの問題が発生する可能性はあります。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

アパレルの独立で認識したいポイント

続いてはアパレルの独立で意識したいポイントを解説します。

取り扱い商品のコンセプトを明確にする

独立する場合なら使う商品のコンセプトは明確にしましょう。

会社員ならばその会社の方針に沿って様々な商品を扱いますが、独立するとそこまで多くの商品を扱えない可能性があります。

無理に手広く展開するのではなく、コンセプトを絞って展開するようにしましょう。

これは自分のブランドを立ち上げる場合も既存の商品を販売する場合も同様です。

独立して自分の方針に沿ったお店を作れるようになるわけですので、自分がこだわりを持てる内容に絞るようにしましょう。

「万能なアパレルショップ」を目指して独立すると失敗してしまう可能性があります。

また、コンセプトを明確にするのと同時にペルソナも明確にしておきましょう。

どのような人に商品を購入してもらうつもりであるのかを明確にすれば、必然的にマーケティングの対象者が絞られます。

独立して自分のリソースを効率よく使うためにも、必要のない行動は取らなくて済むようにしておきましょう。

商品を製造しすぎない

自分のブランドを立ち上げる場合、必要以上に商品を製造しないことも重要です。

在庫が多くなりすぎると経営に勉強する可能性があるため、最小限に抑えてくれるそうです。

場合によっては受注生産の商品を設けておくのも良いでしょう。

実店舗でアパレルショップを経営するならば、ある程度は商品のラインナップが必要です。

ユーザーは実際に商品に触れるために実店舗へ向かいますので、このタイミングで商品がない状況は絶対避けなければなりません。

実店舗で独立したいならば、必要最小限は在庫を抱えるしかありません。

逆にネットショップで独立するならば、ユーザーが商品に触れるため店舗に来るようなことがありません。

そのため、独立してブランドを立ち上げるならば、全て受注生産にしてもユーザーの満足度に影響は出ないでしょう。

自分で何かしらの製品を製造する場合、在庫を抱えすぎるとキャッシュフローに影響が出かねません。

アパレルですので多少の在庫は必要ですが、可能な限り抑えられるように考えておくべきです。

個人か法人か

アパレルショップを経営するにあたり、個人で独立するか、法人で独立するか、の選択肢があります。

アパレルショップは個人事業主などでも経営できますし、一人で会社設立をして経営することもできます。

個人と法人は開業の手続きが違いますし、発生する負担も違います。

基本的には個人よりも法人の方がはるかに手間がかかり、独立するまでに時間を要してしまいます。

ただ、一般的には個人よりも法人の方が社会的信用力が高いなどのメリットがあります。

特にネットでアパレルショップを経営するならば、個人よりも法人の方が信用力が高まりやすいのは事実です。

個人では「誰が経営してるのかわからない」との不安を少なからず持たれてしまうのです。

個人で独立するのと法人独立するのとでは、アパレルショップの立ち上げで必要な負担が大きく変化します。

しかし、長い目で見ると法人の方がメリットを生み出せる可能性もあり、独立時にはよく考えなければなりません。

マーケティングに力を入れる

独立してしまうとアパレルメーカー名などの後ろ盾がなくなってしまいます。

人気のあるブランドならば勝手にユーザーが来てくれるかもしれませんが、独立するとそのように甘くはありません。

そのため、独立してアパレルショップを立ち上げる場合は、マーケティングに力を入れることが重要です。

自分のアパレルショップを知ってもらい、商品の購入につなげなければなりません。

特にSNSを活用してマーケティングするようにしていきましょう。

ただ、上記でご説明したとおり、独立する際にはコンセプトを明確にしておくことが重要です。

そして、マーケティングする際はこのコンセプトを理解してくれる層に絞ることも重要です。

アパレル業界は幅広くマーケティングする場合もありますが、独立してアパレルショップを立ち上げる場合はマーケティング対象を絞っておきましょう。

決済手段を柔軟にする

近年はアパレルショップでも決済手段が柔軟になっています。

以前は現金とクレジットカードの選択肢が中心でしたが、現在ではQRコードなどへの対応も増えています。

世の中的に様々な決済手段が利用される時代です。

特に現金は利用しない人が一定数いますので、このようなユーザーを決済手段のミスマッチによって取りこぼさないようにしなければなりません。

決済手段を増やすためには決済代行業者を利用するのが一番です。

クレジットカードの導入しているならば、同じような仕組みでQRコード決済や電子マネー決済も導入できます。

独立してからも来てくれるユーザーを逃がさないために、アパレルショップでも決済手段は柔軟に用意しておきましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

アパレルでの独立についてご説明しました。

今まで独立性は実店舗が中心でしたが、現在はネットショップが増えてきています。

アパレルに限らずネットでの商品購入が増えているため、ネットショップで独立するのは時代の流れといえるでしょう。

どのような形態で独立するかも含め、アパレルの独立には意識したいポイントがあります。

上記でそれぞれのポイントについて解説しているため、理解できていない人は改めて確認してください。

アパレルで独立する場合は、信用力を高めるために会社設立がおすすめです。

ただ、会社設立は難易度が高く独立の際にそこまで考えられていない人が大半でしょう。

そのため、アパレルショップで独立する際は会社設立のプロである経営サポートプラスアルファにお任せください。

皆さんが独立の準備をしている裏側で、会社設立の準備を進めさせて頂きます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE