【成長重視のフレッシュな企業】ベンチャー企業の設立について

こんにちは、今回は特に注目を集めているベンチャー企業の設立についてです!

最近では株式会社や合同会社を筆頭に、会社設立がしやすくなっているため、ベンチャー企業の設立をする方も増えています。そのため、今回はベンチャー企業を設立する側の立場に立って、ベンチャー企業を設立するメリットやデメリットについて、詳しくご紹介していきます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ベンチャー企業とは

最近の日本社会の中で注目が集まってきている”ベンチャー企業”ですが、世間のベンチャー企業のイメージとしては、「設立してから若い会社」や、「フレッシュな中小零細企業」というようなイメージがされることが多いですが、実はベンチャー企業の概念というものがあり、ベンチャー企業と呼ばれる会社の規模は小規模から中規模まで様々あるのです。

今の日本では大手企業の設立数が0.3%に対して中小業の設立数は約97%となっており、日本の社会はベンチャー企業のような中小企業によって形成されていると言っても過言ではないのです。また、最近では2006年の会社法施行により、株式会社や合同会社などの企業も資本金額が1円から設立が可能なことになったことで、ベンチャー企業の設立数も増えてきているのです。

ベンチャー企業の特徴

ベンチャー企業の主な特徴としては、新たなサービスやビジネスの事業展開を行っている企業の事であり、ベンチャー企業は、大手企業のような安定した企業というよりも、スピード感を持って、常に社会のトレンドなどに応じて臨機応変に変化していく企業が多くあります。

メガベンチャー企業

ベンチャー企業と言われる企業の中でも、ベンチャー企業よりも更に大きな規模であらたなビジネス展開をしている企業の事を、メガベンチャー企業と言われています。

ベンチャー企業とメガベンチャー企業の違いは基本的にその規模感にあり、どちらも新たなサービスや事業展開を行っている企業という事では変わりはなく、もともとベンチャー企業として設立した会社が実績を上げ、規模拡大をして大手企業となった会社をメガベンチャーと指しているのです。

主なメガベンチャー企業としては、株式会社リクルートホールディングス、ヤフー株式会社、エムスリー株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー、グリー株式会社、LINE株式会社、株式会社サイバーエージェント、楽天株式会社などが挙げられ、どこの会社も誰しもが一度は名前を聞いたことがあるほどの大手企業ですが、いずれも、もともとはベンチャー企業として設立をし、事業展開に成功した企業なのです。

スタートアップ企業との違い

日本では、ベンチャー企業と同じような扱いとして、「スタートアップ企業」というものがあります。

意味合いとしてはよく似ていますが、ベンチャー企業とスタートアップ会社は少し違いがあります。

主な違いとしては、「ベンチャー企業」は、既存サービスや商品に付加価値を付けて提供するケースもありますが、「スタートアップ企業」は、全く新しいサービスや商品を提供する企業の事を指します。

ベンチャー企業を志望する就活生も増えている

少し前までは就職活動の目玉としては、誰もが大手企業に就職をし、安定した企業で働くことを目標としていましたが、最近ではベンチャー企業の設立数が増えたこともあり、ベンチャー企業に就職を目指す就活生も増えてきているのです。

ベンチャー企業は設立時の目的としても、大手企業の様な安定志向よりも、スピード感を持った成長を目指しているため、同じような目標を持った、フレッシュな人材が集まる傾向があるようです。

また、メディアの一部では、ベンチャー企業にスポットを当てたものもあり、設立から成長をし続けたり、珍しいサービスや事業展開をしているベンチャー企業を取り上げるものもあるのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ベンチャー企業を設立するメリット

ここまでベンチャー企業の特徴についていくつかご紹介してきましたが、実際にベンチャー企業を設立するとなると、大手企業に比べてもメリットと言えるところがいくつかあるのです。

では、実際にベンチャー企業を設立する際にはどのようなメリットがあるのかご紹介していきます。

フットワークが軽い

ベンチャー企業を設立するメリットの代表的な例としては、ベンチャー企業特有のフットワークの軽さです。

特にベンチャー企業と大手企業で差が出る項目であり、大手企業の場合は、設立時の株式の保有数などによって株主総会を開かなければいけなかったり、多くの役員との間で物事を決めなければいけません。

それに対してベンチャー企業では、トップの経営者の独断のみで会社の決定事項に判断が出来ることが多いため、あらゆる状況でも素早く対応ができるのです。

しかし、ベンチャー企業でも設立時の会社方針によっては、複数の判断の後に決定する会社もあるため、それぞれのベンチャー企業の設立時の方針にもよってきます。

高収益を獲得しやすい

次にベンチャー企業のメリットとしては、ベンチャー企業の特徴でもある”新しいサービスや事業展開”を活かせるものであり、ベンチャー企業では常に新しい事業展開を目指しているため、独自のサービスや事業が多くあります。

そのため、これまで他の企業が行っていなかったサービスや事業の展開がニーズにマッチすれば、高収益につなげられることが多くあります。

最近ではどこの企業でも似たようなサービスを行っている業界もありますが、既に他の会社が行っているサービスや業界にあとからきた企業が参入する際には、付加価値を付けて独自性を出すこともありますが、基本的に価格競争になってしまう事も多いため、利益率が下がってしまうのです。

その点では、ベンチャー企業のように常に他の企業がやっていない事業展開を目的として設立された企業は、その会社の独自性を出しやすいため、利益を獲得しやすいのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ベンチャー企業を設立するデメリット

ここまで、ベンチャー企業を設立する際のメリットについてご紹介してきましたが、これはほんの一部であり、他にもメリットは様々あります。

しかし、メリットがあればもちろんデメリットも存在します。

そのため、次はメリットに対して、ベンチャー企業を設立する際のデメリットについて、どのような点があるのかご紹介していきます。

ワンマン経営になりやすい

ベンチャー企業の設立のメリットとして、”フットワークの軽さや社内決定が早い”とお伝えしましたが、これが時にはデメリットとも言えるのです。

良くも悪くも経営者の独断で物事を決められるということは、悪い意味でいうとワンマン経営になりやすく、社員の不満などをため込んでしまうケースがあり、時には社内での反発を買ってしまうケースもあるのです。

ベンチャー企業の雰囲気としても、大手企業よりも風通しが良い企業が多くある傾向があるため、社員の感情がもろに社内に伝染してしまうこともあります。

そのため、一部の社員の不満が積み重なれば、それに周りの社員も影響され、業務効率が悪くなったり、生産性が落ちてしまうというケースもあるのです。

経営の安定性がない

ベンチャー企業の設立時の目的としても、大手企業のように安定して落ち着いた会社を設立というよりも、常に社会のニーズに沿ってサービスや事業展開に変化をもたらす方針が強いため、常に新しいサービスの開発や事業展開へと資金を使う事もあります。

そのため、大手企業やメガベンチャー企業のような経営的安定性は少し劣ってしまい、特に大手企業に比べると、ネームバリューや社会的信用に欠けてしまうため、同業他社が同じ業界で大いに伸びた際には、自社の経営に響いてしまうケースもあるのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ベンチャー企業を設立する際の注意点

ここまででベンチャー企業の設立に関するメリットやデメリットについてご紹介してきましたが、実際にベンチャー企業を設立するにあたってはいくつか注意点があります。

その注意点もそれぞれの企業の方針や業界にもよって多少変化はありますが、基本的に言われているベンチャー企業を設立する際にどのようなことに気を付けるべきか、いくつかご紹介していきます。

設立時に業界はある程度絞る必要がある

ベンチャー企業の特徴と言えば、何を言っても社会のニーズに対応できるスピードが早いという事です。

そしてその臨機応変さが、大手企業に対してのベンチャーの一番の強みとも言えます。しかし、様々なニーズに対応するというところが度を過ぎてしまい、あれもこれもに手を出してしまうと全てが中途半端になることで、会社の方向性を見失ってしまうこともあり得るのです。

そのため、設立時にはある程度の業界は絞り、その業界の様々なニーズに応えられるようにした方がいいでしょう。

実際にどこのメガベンチャー企業と呼ばれる会社も、設立時は一定の業界にのみ注力し、その業界でしっかりと業績を出した後に、様々な分野に携わっている企業がほとんどなのです。

採用する人材の見極めが重要

ベンチャー企業では会社全体で目指している方向性に向かって、社員全員で目的に向かって成長していく企業が多いです。

もちろん設立当初のメンバー内では、そのような思想が浸透しやすいですが、社員の人数が増え、規模が少しずつ大きくなってくると、少しずつ設立時のメンバーの思想が浸透しづらくなっていったり、少し違う思想を持っているメンバーも必ずと言っていいほど存在してきます。

会社の設立時の思いに共感できない社員がいると、会社内でのまとまりが薄くなってしまったり、仕事への温度差が生まれてきてしまいます。

そのため、採用時にはしっかりとその企業の設立時の思想や信念に共感できる人材かどうか、見極めることは非常に重要になってくるのです。

設立の会社形態選びを慎重に

ベンチャー企業を設立する際に重要なのは、ズバリ”会社形態”です。

現在の日本で設立できる形態としては、「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」があり、ほとんどの設立は「株式会社」「合同会社」となっています。

それぞれの会社形態によって、設立の仕方や、設立に掛かる費用、設立後の会社を維持するための規制なども変わってきます。

そのため、自身の目指している規模や会社方針に合わせて会社形態を選ばないと、設立前に思い描いていたことを実現できないというケースもあるので、事前に会社形態の特徴について詳しく調べておく必要があるでしょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<最後に>

ここまででベンチャー企業についてや設立に関する特徴などをご紹介してきましたが、まとめると、ベンチャー企業の設立は”会社方針や社会的ニーズとのバランスが重要”と言えるでしょう。

ベンチャー企業のメリットとしてフットワークの軽さが挙げられますが、売り上げを伸ばすためにニーズに応えようとするあまり、迷走してしまう企業も少なくはないのです。

そのため、自社の経営状況や社内で対応できる範囲を考慮した上で、対応できるニーズを的確に判断する必要があると言えるでしょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE