防水屋で独立するにはどうすればよい!?注意点と独立までの流れまとめ

防水屋は独立できる職業のひとつです。

スキルさえあれば自分だけでも仕事ができるため、誰かのもとで働かなくともよいのです。

周りが独立しているために、自分も独立してみたいと考える人もいるでしょう。

 そのように考えはするものの、具体的にどのようにして独立すればいいのかは分からない人が多いはずです。

今回はそのような人に向けて、防水屋の独立について解説します。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

防水屋は資格なしに独立できる

実は防水屋で独立するにあたって必要な資格はありません。

つまり、低いハードルで独立しやすい仕事なのです。

まずは、防水屋として独立できるかのハードルを決める資格についてご説明します。

防水屋に必須の資格は無し

意外かもしれませんが、防水屋に必須の資格はありません。

資格を保有していなくとも、スキルがあれば独立できます。

資格の取得が条件になると、防水屋として独立するハードルが高まってしまいますが、特に資格は必要とされないため心配はありません。

ただ、防水屋として独立するにあたり、資格を取得している人が多いのも事実です。

資格は客観的に自分のスキルを証明できるため、他人へのアピールポイントとして資格を取得しているのです。

独立する際の必須条件ではないものの、そのような意図で取得している人はいます。

なお、資格の取得を考えているならば、防水技能施工技能士の取得がおすすめです。

こちらの資格は国家資格であるため、知名度が高くスキルの証明に活用しやすいものです。

基本的にはスキルが重要

技術が求められる職業であるため、基本的には自分に高いスキルがあるかどうかが重要です。

防水屋として活躍できるほどの高いスキルがあれば、特に資格の取得をしていなくても独立は可能です。

基本的にスキルがあるかどうかの判断は、今までどのような仕事に携わってきたかで確認されます。

「〇〇の仕事をしてきた」とアピールできるものがあれば、それがスキルの証明となるのです。

また、防水屋として独立する前に人脈を築いておけば、口コミでスキルについて評価してもらえる可能性があります。

自分からスキルをアピールしなくとも、周りからスキルについて評価されて、それが仕事につながる可能性があります。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

防水屋で独立する際の注意点

防水屋で独立する際には注意点もあります。

この点も考慮しておかなければ後悔する可能性があるため、続いては防水屋で独立する際の注意点についてご説明します。

防水屋の注意点1:損賠賠償を請求されやすい

防水工事は水を取り扱うため、何かしら工事内容に問題があると水漏れなどを起こします。

水漏れは家財などに悪影響を与えてしまう可能性があり、それが損害賠償につながってしまう可能性があります。

もちろん、適切に仕事をしていれば損害賠償を請求されることはありません。

何かしらミスをしてしまった場合に損害賠償を請求されてしまうのです。

ただ、注意していても人間である以上はミスを犯す可能性はあります。

また、独立して一人で作業をするとミスに気づきにくく、さらにミスする可能性が高まります。

ここは注意点であるため気をつけるべきです。

防水屋の注意点2:賠償保険に入りにくい場合がある

上記のように防水屋は損害賠償請求をされてしまう可能性があります。

ただ、このようなミスに備えて、何かしらの賠償保険に入っておくのが基本です。

しかしながら、防水屋は建設業向けの賠償保険に入りにくい傾向があります。

明確な統計情報が存在しているわけではないものの、口コミなどではそのような意見が見られます。

保険会社が表立って断っているとは考えられませんが、賠償保険に加入しにくいようであるため注意が必要です。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

防水屋で独立するための流れ

独立にあたってはある程度王道の流れがあります。

状況によって多少が異なるものの、主に以下の流れに沿って独立の準備をしていきます。

  1. 防水屋独立の計画を立てる
  2. 独立で必要な事務手続きをする
  3. 必要なものを購入する
  4. 営業を開始する

イメージできる部分はあるかもしれませんが、それぞれについて順番にご説明します。

防水屋が独立する流れ1:防水屋独立の計画を立てる

まずは防水屋として独立するための計画を立てましょう。

独立する際は事前に計画を立てておかなければ、途中で失敗してしまう可能性があります。

思い切って行動することも大切ですが、計画的に行動することも意識しましょう。

最初に防水屋として独立するにあたり、いつまでにどのような方法で独立するかを考えるべきです。

期間については各々の都合を踏まえて考えるべきですが、重要なのはどのように独立するかです。

防水屋として独立する方法は、大きく分けて個人と法人の二択です。

どちらでも独立できるため、一概にどちらを選択した方が良いとは言い切れません。

それぞれにメリットやデメリットがあり、簡単にまとめると以下のとおりです。

  • 個人:独立の手続きはしやすいものの社会的信用力が低い
  • 法人:独立の手続きが複雑で普段はあるものの社会的信用力が高い

基本的に個人で独立する方が手続きが簡単であるためスムーズです。

税務署に書類を提出すれば簡単に個人事業主になれるため、詳しい知識がなくても対応が可能でしょう。

ただ、個人は法人よりも社会的信用力が低い傾向にあるため、どうしても防水屋としての信用力が下がってしまいます。

それに対して法人で独立すると負担は大きくなってしまいます。

法人登記のために多くの文書を作成し、それらを法務局に提出しなければなりません。

提出する際には登録免許税と呼ばれるお金の支払いがありますし、資本金の用意も必要です。

ただ、個人の逆で法人を設立すると社会的信用力が高まります。

個人にするか法人にするかは大きな選択であるため、ゆっくりと考えるようにしましょう。

なお、防水屋の独立で法人を選択するならば、個人よりも手続きに時間を要してしまいます。

独立に向けた計画を建てる際は、手続きに時間を要することを考慮するようにしておきましょう。

防水屋が独立する流れ2:独立で必要な事務手続きをする

計画が立ち独立に向けた基本的な事柄が決定できたならば、独立に向けた事務手続きをしましょう。

個人の場合は個人事業主の届出をしますし、法人の場合は法人登記をします。

個人事業主の届出は税務署に書類を1枚提出するだけです。

インターネットからダウンロードして自分で記入できる内容であるため、作成については特に心配する必要がありません。

また、書類を提出する際に「青色申告承認申請書」と呼ばれる書類も一緒に提出しておくと、確定申告の際に青色申告が利用できるようになります。

青色申告を利用すれば所得控除の金額が大きくなるため、節税につなげられます。

法人の届出は法務局に書類を提出しなければなりません。

独立の際に選択する会社の種類によって少々異なるものの、10種類程度の書類作成が必要です。

専門的な知識が必要となるものもあり、書類作成には時間がかかると考えておきましょう。

なお、防水屋として独立するために法人登記の手続きをしていると、独立前の貴重な時間が減ってしまいます。

そのため、法人登記を考えているならば手数料無料で24時間受付の経営サポートプラスアルファにご相談ください。

会社設立のプロにお任せして頂ければ、皆さんは防水屋として準備すべきことに注力してもらえます。

<関連記事>

防水屋が独立する流れ3:必要なものを購入する

独立のための事務手続きが完了すれば、必要なものの購入などを進めていきましょう。

防水屋として活躍するならば、いくつも準備しなければならないものがあります。

営業開始に向けてそれらを着々と調達していきます。

調達する内容によっては、このタイミングではなく事前に購入を始めておいても差し支えありません。

消耗品などは気付いたタイミングで購入しておいても良いでしょう。

ただ、独立の際に法人を選択する場合は注意が必要です。

調達するものによっては法人での契約が必要となるため、会社設立の手続きが完了してからではないと調達できない可能性があります。

例えば水道屋として移動するために自動車を購入するならば、法人名義にしなければなりません。

法人名義にするためには法人登記が終わっている必要があり、事前購入はできないのです。

また、防水屋として利用するもののうちリース契約を結ぶ製品があれば、それについても会社設立が完了してからでないと契約が結べません。

このように一部についてはタイミングを意識する必要がありますが、そうではないものは随時調達して差し支えありません。

できるだけ早く営業を開始できるように、スムーズに調達していきましょう。

防水屋が独立する流れ4:営業を開始する

独立して防水屋として営業できる準備が完了すれば、実際に営業していきましょう。

独立すると最初は収入が途絶えてしまうため、できるだけ早く営業開始へと繋げるべきです。

営業を開始する際は、できるだけ当日から仕事ができるようにしておきましょう。

独立して営業開始しても、仕事がなければ収入がない日々を過ごすことになってしまいます。

当日から仕事をするためには、独立前から営業活動をしなければなりません。

周りに防水屋として独立することを伝え、仕事を発注してもらえるような段取りとするのが理想的です。

また、必要に応じてチラシを配布するなどして、新しく防水屋が設立されることをアピールしても良いでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

防水屋の独立についてご説明しました。

防水屋の独立は難しいものではなく、自分にスキルさえあれば可能です。

絶対に必要となる資格なども存在していないため、思い立ったならば独立に向けて準備するとよいでしょう。

独立する際には個人と法人の選択肢があります。

どちらにもメリットやデメリットがあるため、将来的な部分も考えながら選択するようにしましょう。

設立の負担なども異なっているため、この点についても考慮する必要があります。

もし防水屋で独立するにあたって法人を選択するならば、会社設立のプロである経営サポートプラスアルファにご相談ください。

皆さんが防水屋として独立するサポートをします。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE