大工職人として独立するための方法とは?開業やリスクなどを把握して考えよう。

大工として経験やスキルを取得してきたなら「大工職人として独立したい」と考える人もいるでしょう。

大工の見習いの場合は工務店などに所属してスキルの向上を行う必要がありますが、経験とスキルを積んで一人前になれば独立した方が働きやすくなるからです。

ただ、大工職人として独立するときは開業の方法やリスクについて知っておくことも大事です。

大工の独立について内容を紹介しましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

大工として独立するための方法とは?

大工として独立することを考えるなら方法について確認しておくことが大事です。

大工の独立は1つの方法ではなく2つあります。

自分がどちらの方法に合っているのか判断することで独立を成功しやすくなるでしょう。

2つの方法の内容は以下で紹介しています。

一人親方として独立する

大工が独立するときは一人親方として独立することができます。

一人親方はスタッフを雇用せずに自分や身内のみで事業を運営するため、従業員を雇わずに作業することになります。

一人親方として大工業を行うなら、誰にも気兼ねせずに自分1人で仕事を行うことができるので気楽です。

また、休みなども自分の都合に合わせて設定することができ、仕事時間も自分で自由に決められるので、働き方は自分の都合に合わせることが可能です。

ただ、一人親方の場合はスケジュールの調整や大工作業の交渉、必要な品物の購入に費用の計算など、全て自分で行うことになるので綿密な計画性が必要です。

また、一人親方の場合は1人で基本的に作業を行うので、行える範囲は限られています。

住宅建築も全て行うのではなく、例えば、壁紙を貼る、コンクリート塀を積み上げるなどの一部の作業のみです。

一人親方として独立するなら、このようなメリットとデメリットがあることを確認しておきましょう。

工務店として開業し独立する

大工として独立するためには工務店として開業して独立することも可能です。

工務店は地元に密着した狭いエリアで工事を請け負う建設会社であり、大工として独立する際に選択する人も多いです。

工務店の場合は一人親方と違い、従業員を何人か雇って仕事を行うので、大規模な建設業務を行うことができます。

ビル建設や新築建設など大工業で行える範囲は広くなるので仕事依頼を受けやすく、大きな仕事も受注可能なのでモチベーションも上がるでしょう。

また、工務店の場合は法人化して仕事をしなくてはいけないので資本金が必要になり、手続きも個人事業主より複雑で時間がかかります。

また、従業員を雇うことになるなら毎月給料が発生するので注意してください。

工務店として独立する際は出費と手続きの確認を行うようにしましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

大工の独立で必要な資金の確認をしておく

大工として独立する際に、どれくらいの資金を準備する必要があるのか、把握しておくことは大事です。

費用が分からないまま独立するなら直ぐに資金が底を尽き倒産してしまうことにつながります。

大工の独立を成功させるためにも資金の確認は大事なので紹介しましょう。

事務所の費用

大工として独立する際に必要となるのが事務所です。

1人親方でも工務店の経営でも仕事の基盤となる事務所や道具を保管しておく倉庫は必要になります。

そのため、どのような事務所を借りる必要があるのか確認しておくことは大事です。

事務所の場合は1人親方なら人数が必要ないので大きな部屋は不要です。

狭いところでも事務所として運営できるので、家賃も抑えられるでしょう。

工務店の場合は従業員の数によって必要な広さは変わってきます。

もし、広い事務所なら場所にもよりますが、何十万円以上の家賃が必要になることもあるでしょう。

また、事務所を借りる場合は保証金や敷金、礼金なども必要になります。

初期費用として家賃が高いほど大きくなるので、敷金礼金も含めて事務所選びをすることが大事です。

また、事務所として改装が必要なら、その分の出費も計算しておくことが大事です。

事務所の運営がしっかり行えるように事務所の費用の計算をしておきましょう。

業務に必要な道具の費用

大工として仕事をする際はハンマーやネジ、ノコギリなどの道具が必要です。

事業としてスタートさせる前に道具を揃えておかないと、仕事依頼があっても作業が出来ないので必要なものは何があるのかリストアップしておくことが大事です。

大工で揃える道具は現場で使用する以外のものもあります。

仕事場に作業道具を詰めて移動する際の業務車、また専用の機器が必要になることもあります。

工務店など複数の従業員を雇用すれば事業の規模も大きくなるので、さらに必要な道具や業務車が増えることも予想されます。

大工で行う作業範囲によっては、別に必要な道具を揃えなくてはいけない場合もあるので、1,000万円以上の資金がかかることも予想できるでしょう。

必要な道具の費用が大きくなりそうなら、金融機関を利用して資金調達するようにしましょう。

建設業許可の取得費用

大工で独立して仕事を行うなら建設業許可を取得することが必要です。

建設業許可は500万円以上の工事を請け負う場合に必要な許可証であり、1人親方や工務店関係なく申請しなくてはいけません。

大工として作業する規模によりますが、建設業なら500万円以上の工事を受注するなら大きな収益となります。

逆に、500万円以下の業務に依頼を絞ってしまうと、受注できる依頼が限られてしまうので経営が厳しくなり、1回の受注の収益も大きくできません。

大工として独立し、経営を持続させるためには、できるだけ規模を大きくした方が安定を見込めます。

建築業許可の申請は新規だと15〜30万円ほどの登録免許税を支払わなければいけません。

その分の費用も計算して独立を考えましょう。

人件費も計算する

大工の独立では人件費も計算しておく必要があります。

工務店として経営するなら、従業員を雇うことになるので、毎月の給与、また社会保険や労災保険などの手続きも必要です。

そのため、それぞれの費用を計算しておかなくてはいけません。

もし、複数人の従業員を雇うなら、1ヶ月だけで何百万円もの人件費がかかることもあります。

独立してから最初の数ヶ月は事業も安定していないので、給与の支払いが厳しいこともあるので、初期費用として計算しておくことが大事です。

また、1人親方で独立するなら自分1人で作業を行うので人件費はかからないように思えるかもしれません。

ただ、現場の規模が大きい場合は1人では作業できないこともあるので、応援として何人か労働者を集める必要もあります。

そうなれば人件費がかかるので1人親方であっても全くかからないわけではありません。

大工として独立を考えているなら人件費の計算もして、資金確保しておくようにしましょう。

創業融資に強い税理士法人がサポート

大工として独立する際に考えるべきポイントとは?

大工として独立し経営していくことを計画していくなら、考えるべきポイントについて確認しておくことが大事です。

「独立したい」という気持ちだけだと、うまく経営することができずに倒産するリスクが高くなります。

1人親方でも工務店でも以下の点について考慮しておきましょう。

資格を取得しておくべきか?

大工で独立する際に資格は必要ありません。

大工は資格が無くても経験があれば、独立して仕事を依頼される点で問題ないからです。

ただ、資格が合った方が依頼者側の信用を勝ち取りやすく、請負う仕事を増やすことや単価の高い依頼を受けやすくなるでしょう。

大工の資格にもいろいろありますが、例えば

  • 建築士
  • 建築施工管理技士
  • 建築大工技能士

の資格を取得しておくのはおすすめです。

建築士の資格は建築物の設計や工事に関連した職業の資格です。

建築士には一級建築士や二級建築士など階級によって難易度に違いがありますが、持っていることで依頼者の希望に応じた建設を行えます。

今はリフォームを行う方も増えているので、一級建築士の資格があるなら依頼者に大きなアピールとすることが可能です。

また、建築施工管理技士は工事に関わる技術者のスキルを証明することができます。

第一次検定では「建築施工管理技士補」「電気工事施工管理技士補」の資格が取得可能です。

そして、第二次検定は「建築施工管理技士」「「電気工事施工管理技士」の資格を取得できます。

スキルの高さを証明することで大工技能の信頼性を顧客の方にアピールできます。

建築大工技能士は、木造建築の工事の際のスキルを証明できる国家資格です。

実務経験の年数によってレベルが分けられているので、取得した資格によって経験とスキルの証明を行えます。

資格は必須ではありませんが、取得しておくと顧客の安心感や信頼を得ることができるので考えてみましょう。

自分の大工スキルが十分なのか確認する

独立する際は、自分の大工スキルが十分なのか確認しておくことが大事です。

独立したなら自分が経営者になるので、引き受ける仕事や作業する内容も全て自分で行うことになり、自分で営業して仕事を取りにいく必要もあります。

そして、仕事依頼を受けるためには相手から信頼される必要があるので、その際に自分の大工スキルが重要になってきます。

自分が大工として経験を積んでおり、壁作りや設計などいろいろな作業を行うことができるなら、どんな仕事も請け負いやすいでしょう。

ただ、作業範囲が限られていてできないことも多いなら、依頼を承諾できずに経営が苦しくなることもあります。

また、独立して工務店経営するときに大工経験がないなら、他の従業員の信頼を得るのも難しい場合があるため、ある程度基礎的な知識を身に付けておくことも必要でしょう。

そのため、自分の今持っているスキルが現場で通用するのか確認してみることも必要です。

確認する方法として、例えば、仕事が休みの日に個人的に大工の仕事を入れて作業してみることができます。

1人で作業することにより改めて自分の実力を把握することができるはずです。

経営や資金の準備を行う

大工で独立するなら経営や交渉などのスキルも求められます。

そのため、自分が経営者として運営していく能力があるのか、しっかり確認することが大事です。

経営は仕事依頼を受注するため、交渉能力も必要です。

大工スキルはあっても交渉して自分のスキルをアピールすることが苦手なら、思うように仕事ができず経営できないこともあるでしょう。

また、経営の際に1番大事なのは資金計画を立ててお金が無くならないようにすることです。

独立して経営するようになれば、事務所費用や雑費、従業員がいるなら人数分の人件費などがかかります。

もし、出費が大きくなり経営資金が無くなれば大工として仕事を行うことができず、最悪倒産することになります。

会社でも個人事業主でもお金が無くなれば経営できなくなり、独立失敗の原因になるので、お金の融資を受けられるように計画しておくことが大事です。

特に、独立して最初の数ヶ月は仕事依頼を受注するのが困難であり、思うように収入を得られない可能性が高いです。

自分の貯金額から仕事が無くても何ヶ月ほど経営を持続できるのか確認して、独立を考えてみてください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

大工の独立を成功するようにいろいろ想定しておこう

大工として独立して働くなら、しっかり準備しておくことが大事です。

スキルや経験があっても資金計画や経営計画、将来を見据えて行動しなければ成功することができません。

とくに、独立して直ぐには知名度も信頼も低いので、すぐに依頼を受注できない可能性があることを覚えておきましょう。

ただ、しっかりリスクを確認しておくなら独立も継続できる可能性は高いので、ぜひポイントを熟考して決定するようにしてください。

もし、さらに独立の情報が欲しい方は経営サポートプラスアルファのサイトへのアクセスもおすすめです。

確認してみてください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE