電気工事の独立の際に知っておくべきポイントとは?成功の秘訣を知ろう

電気工事士として経験を積んだなら独立を考えている人もいるでしょう。

電気工事士は電気関係の業務を行うことができ需要も高いので、ある程度の経験やスキルに自信を持ったなら、独立を考えるのは問題ありません。

ただ、電気工事士として独立開業する際は、しっかり成功のポイントを掴んでおくことが大事です。

電気工事士として独立する際、失敗しないようにどのようなポイントを押さえておくべきなのか紹介しましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

電気工事士として独立するには何が必要なの?

電気工事士として独立するためには、ある程度のスキルがあることを証明する必要があります。

電気工事士は電気を扱う仕事であり危険を伴うこともあるため、独立には条件があります。

独立する際に必要なことについて確認しておきましょう。

電気工事士として必要な資格を取得しておく

電気工事士として独立するためには必要な資格を取得しておく必要があります。

電気工事士は作業に取り掛かるときに資格が必要であり、

例えば

  • 第二種電気工事士
  • 第一種電気工事士
  • 認定工事従事者

などが必要です。

特に、第二種電気工事士は独立するなら必ず持っておく必要がある資格です。

第二種電気工事士を持っておくと、一般住宅や小規模な店舗、テナントなど屋内での電気設備工事が可能になります。

第二種電気工事士の資格は電気工事の資格の中でも比較的取得しやすい資格です。

試験は筆記と技能があり、両方合格して資格取得となります。

受験資格に条件はないので、取得したい方は誰でも受験することができます。

第一種電気工事士は屋外での電気工事を行うことができるので、取得するなら作業できる範囲が広がります。

ただ、筆記と技能試験に合格しても認定証のみであり、電気工事の実務経験を3年〜5年行うことで取得可能となる資格です。

そのため、電気工事士として働くことが必須の資格です。

認定工事従事者の資格があれば、最大500キロワット未満の自家用電気工作物のうち、電圧が600ボルト以下の電気工事を行えます。

第一種電気工事士を取得していれば、この資格は必要ありませんが、第二種電気工事士のみだと必要です。

そして、第二種電気工事士の資格を持っていれば講習を受けるだけで取得できるので簡単です。

電気工事士として独立するには最低でも第二種電気工事士は取得しておく必要があるでしょう。

電気工事業者の登録手続きを行う

電気工事業士として独立する際は開業登録手続きが必要です。

電気工事業者の登録手続きは各都道府県に応じて登録が行えるので、独立を考えているなら申請をしておかないと違法業者になります。

電気工事業者の登録手続きを行うためには以下の条件があります。

  • 第二種電気工事士または第一種電気工事士の免許を所有する
  • 3年以上の電気工事実務経験が必要

資格と実務経験の両方が必要になるので、独立には勤務経歴が必要であり、会社から実務経験証明書を発行してもらう必要があります。

もし、勤務先から独立するには前もって退職することや開業することを伝えておかないと、スムーズに実務経験証明書を発行できないこともあります。

独立を考えているなら、事前に勤務先に伝えてトラブルにならないように注意しましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

電気工事士として独立するならどう変化する?

電気工事士として独立を考えているなら、勤務していた時代とどう変わるのか知っておくことが大事です。

電気工事士として独立するなら、ただ業務をこなしていれば良いというわけではありません。

どのような作業が必要になるのか紹介しましょう。

営業して依頼を受注する必要がある

電気工事士として独立するなら作業するだけで無く、依頼を受注するために営業を行う必要があります。

勤務している頃は会社が受注した依頼を自分が行うだけで良かったですが、独立したなら何もしないままだと仕事がありません。

そのため、依頼をしてもらえるように会社や個人に営業しなくてはいけません。

営業と電気工事は全く別物であり、交渉やコミュニケーション能力などが求められます。

相手が依頼をしたくなるように話を進めていく必要があるので、寡黙な性格な方だと苦労することもあります。

営業方法はいろいろありますが、独立する際に「自分は営業も大丈夫だろうか?」と考えてみるのがおすすめです。

規模が狭くなる可能性がある

電気工事士として独立したなら形態にもよりますが、できる作業に限度が生じることもありえます。

電気工事士として勤務していた場合は1人で行う作業もありますが、複数人で行う作業もあります。

勤務している時は自分以外に他の従業員もいたので仕事の規模も大きくできました。

ただ独立して1人で作業をすることになったり2〜3人での作業になったりするとやはり仕事の規模は小さくなるでしょう。

大きな案件の場合は外部から応援を頼むこともできますが、都合よく人材確保できるとも限らないので、独立する際はできる仕事量が減ることも覚悟しておきましょう。

道具や事務所なども準備する

電気工事士として独立したなら、道具や事務所なども自分で用意しなくてはいけません。

会社に勤務しているなら、事前に経営の責任者が電気工事に必要な道具や業務用の車、また資材などを準備してくれているので、自分で準備する必要がありません。

しかし、独立して開業したなら自分で全ての仕事に必要な道具を揃えなくてはいけません。

仕事で必要な道具や資材はもちろん、拠点となる事務所の選択、業務用の車、電話配線の準備や経理など、対応することはたくさんあります。

経理業務を行う必要がある

電気工事士として独立したなら、電気工事の業務以外に経理業務を行わなくてはいけません。

勤務しているときは電気工事のみを行っていればよかったのですが、独立すれば経営者の立場となります。

会社や仕事を運営していくための経理業務や資金の管理、必要な書類をコピーして記入するなどの業務管理も行う必要があります。

特に、国や都道府県に向けた書類や税金に関しての資料や書類は、しっかり管理して提出しないと脱税などを疑われてしまうため、丁寧に行うようにしましょう。

経理業務は慣れてくると素早く行うことができるようになりますが、始めは書類の多さや不慣れな点から時間がかかってしまうこともあります。

また、経理業務と並行して現場仕事を行うなら、経理業務も重なり仕事量が増えてしまい、疲労を感じやすくもなるでしょう。

あまりに時間を要するようであれば、税理士などのアウトソーシングを検討してください。

経理業務は売上を生みません。

経理業務に費やす時間を本業に用いることができたならば、さらなる売上を生み出せるかもしれません。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

電気工事士として成功するには集客がポイント

電気工事士として独立して成功するには集客を行うことが大事です。

独立した際に誰も依頼をしてくれないなら、収益を上げることができず倒産してしまうことになります。

電気工事士として集客を行うためにはいろいろな方法があるので、自分に合う方法を考えてみましょう。

知り合いに頼って仕事をもらう

電気工事士として独立した後は、知り合いに頼って仕事をもらうこともできるでしょう。

開業してから直ぐに仕事をもらうことは知名度も低いので難しいです。

独立しても何も仕事の案件が来なければ、優れたスキルを持っていても発揮することができません。

そのため、まずは自分の知り合いに頼ってみることができます。

例えば同業の人、以前の勤務先の人です。

依頼してくれる仕事がないか連絡してみることで何件か仕事を受注することができ、収益を上げられる可能性があります。

もし、案件数を増やしたいなら、譲り受けた仕事の依頼者を通して営業することで、新たな案件を増やすこともできるでしょう。

人脈を広げていくことで仕事を増やしていくのも1つの良い方法と言えます。

インターネット経由で仕事を探す

インターネットを利用して仕事の案件を探してみるのもいいでしょう。

電気工事の依頼を考えている人は、インターネットのサイトから探す人も増えてきているからです。

インターネットには専用のマッチングサイトもあり、依頼したい方と仕事をしたい方の、どちらの要求も満たすことができるように作成されています。

マッチングサイトは基本的に自分の名前や経歴、取得している資格、どのような経験があるのかを記載するだけでいいので簡単です。

記入内容が細かいほど、依頼者側は魅力を感じることができるので、適当に記載するのはやめてください。

直接会社や個人に営業するのが苦手な人でも、マッチングサイトに登録していることで、相手から連絡を受けることができるので利用しやすいでしょう。

ただ、交渉は基本的にメールになるので連絡スピードが遅いこと、また依頼単価が低い設定になっているなど、見極めや効率を考えなくてはいけない部分もあるので注意しておきましょう。

ホームページを作成して集客を行う

ホームページを作成して集客を行うこともできます。

電気工事を依頼したい人はインターネット検索でホームページを閲覧して考えます。

相手がホームページの内容を見て魅力を感じたなら、依頼を前向きに考えてくれるので、開業した電気工事士はホームページの作成をして集客することを重視しています。

さらに、ホームページを作成して閲覧者からの評判が良ければ、拡散してもらいより多くの人に知ってもらうことができ、依頼数を増加できる期待を持てます。

そのため、集客方法の中でもホームページの作成は大きいです。

ただ、ホームページを作成するには専門の知識とスキルが必要なので、業者に依頼することになるでしょう。

ホームページの作成は10万円以上はかかるので費用の計算をしておく必要があり、また集客までに時間もかかります。

また、信頼性のあるホームページにする必要があるので、会社情報や代表者名、住所、電話番号など概要も重要です。

信頼性のあるホームページになるように、サービス内容も考えて作成するようにしてください。

起業したら、まずはホームページ作成

電気工事士で独立して成功するポイントとは?

電気工事士として独立するなら、誰しもが収益を安定させて成功することを願うでしょう。

電気工事士で独立して成功したいなら、特に重要となるのは資金確保と定期的な依頼を受注できるようにすることです。

もちろん電気工事士としてのスキルも大事ですが、独立すると経営者としてのスキルも大事です。

高度なスキルがあっても仕事の依頼が無ければ発揮する場はありません。

また、会社の資金が滞らないように計算しないと、仕事が来ても受注できない状態になることもあります。

独立するなら勤務していた頃よりも仕事量は増えるため、効率的に作業できるのがポイントです。

電気工事士として経営を安定させることで収入が赤字にならずに済みます。

しっかり経営の知識を得てから電気工事士の独立を考えてみましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

電気工事士の独立を考えてみよう

電気工事士としてスキルや実績などを積み上げて、自信を持つことができたなら独立を考えてみることができます。

独立して収益を安定させることは簡単なことではありませんが、ポイントを押さえておくなら可能です。

また集客によって収益の安定性も変わるので、依頼を受注できるよう集客方法も考えてみてください。

もし、さらに独立の情報が欲しい方は経営サポートプラスアルファのサイトへのアクセスもおすすめです。

確認してみてください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE