エアコン取付は独立しやすい!思い切って独立してみるべし

エアコン取付は需要の高い仕事です。

基本的に建物には何かしらのエアコンが必要となるため、エアコン取付には安定した需要があるのです。

現在働いてる人は、エアコン取付の安定性を感じるのではないでしょうか。

このように需要の高い仕事であるため、思い切って独立を考える人も多いようです。

今回はそのような人に向けて、エアコン取付で独立するためにはどうすれば良いのかと、実際に独立する場合の流れについてご説明します。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

エアコン取付はスキルがあれば独立できる

エアコン取付はスキルさえあれば独立ができる職業です。

実際に高いスキルを持って活躍している人も多くいます。

エアコン取付はなぜスキルがあれば独立できるのかご説明しておきます。

エアコン取付は一人でも仕事ができる

エアコン取付は工事の中でも一人で仕事ができるものです。

部分的に負荷がかかり大変な部分もありますが、全体的に見ると十分に一人で仕事ができます。

一人で仕事ができるということは、自分だけで独立しても仕事が受注できるということです。

このことがエアコン取付での独立を後押ししています。

スキルがある人は思い切った判断をしやすい仕事なのです。

どんなにスキルがあったとしても、複数人で対応する仕事は独立のハードルが高まります。

一緒に働いてくれる人を見つける必要がありますし、十分なスキルも身につけなければなりません。

自分では独立できる状況でも、環境が整わず断念する可能性があります。

しかし、エアコン取付ではそのように他人の心配をする必要が一切ありません。

自分のスキルさえあれば、一人だけで独立して活躍できるのです。

独立に向けてスキルを身につける方法

独立に向けて重要なのはスキルを高めることです。

スキルがなければエアコン取付のような仕事は受注できません。

とにかく実務経験を積んでスキルを高めるように努力しましょう。

独立に向けてスキルを高めるならば、エアコン取付の仕事を取り扱う会社に就職するのがよいでしょう。

最近はエアコン取付の需要が高いこともあり、未経験でも戦力とするために採用してくれる場合があります。

すでにエアコン取付で働いている場合以外でも、スキルを習得して独立しやすい環境ができています。

また、空調機メーカーがエアコン取付に関わる講習会を開いている場合があります。

そのようなものに参加すれば、エアコン取付の会社に就職しなくても独立に向けたスキルを習得できます。

自分が求めるタイミングで開催されているとは限りませんが、うまく活用してみるのも良いでしょう。

ただ、講習会では基本的なスキルについて説明されるだけで、実践的なものではありません。

そのため、独立に向けて十分なスキルを習得したいならば、就職などをして実務経験を積むのが最適です。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

エアコン取付で独立する際に必要な資格や許可

続いてはエアコン取付をするにあたり、資格や許可などが必要であるのかについてご説明します。

独立するだけならば資格や許可は不要

単純にエアコン取付の仕事で独立したいだけならば、特に資格や許可は必要ありません。

エアコン取付はスキルがあれば自分で対応できるものです。

資格などを有していない素人でも対応できるものであるため、資格なしでも対応可能なのです。

資格が必要になると、独立するまでの準備が負担になってしまいます。

合格できなければ独立できないため、思い切った計画を立てられなくなってしまいます。

エアコン取付のスキルは十分にあっても、資格がないために独立できない可能性すらあります。

しかし、エアコン取付には資格が必要ないため特に心配することはありません。

まずは仕事を受注できるだけのスキルがあれば差し支えないのです。

独立して全ての業務に対応するなら電気工事士が必要

エアコン取付の仕事で独立して幅広い業務を受注したいならば電気工事士の資格が必要になる可能性があります。

エアコン取付の基本的な作業は資格がなくとも対応できますが、一部の業務については資格が必要です。

例えば以下の業務を受注したい場合、電気工事士の資格を取得しておく必要があります。

  • 600ボルトを超える電圧を利用するエアコン
  • アース工事の中でも接地線相互接続する作業など
  • 内外設置電源を直接壁に固定する作業
  • コンセントの移設や増設など
  • 電圧の切り替え工事

これらの作業や工事についても自分で対応したいと考えているならば、電気工事士の資格を取得しておかなければなりません。

エアコン取付に直接関わる資格ではないものの、関連する資格です。

自分で取得していなければ、資格を保有する人に頼む必要が出てしまうため注意しておきましょう。

電気工事登録業が必要となる場合もある

エアコン取付の仕事を元請けとして受注する場合は、電気工事登録業の申請が必要となります。

エアコン取付の仕事を受注するだけであれば必要ありませんが、元請として大きな仕事を受注する場合には注意が必要です。

独立してからエアコン取付の仕事を二次請けとして受注するのであればあまり意識する必要はありません。

この場合は電気工事士の資格があれば基本的に取付作業ができます。

なお、電気工事登録業は申請に手間がかかります。

実務経験者が必要などの条件も細かく定められているため、条件を踏まえて申請しなければなりません。

エアコン取付の仕事で独立して必要になるケースは限られていますが、念のため認識しておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

エアコン取付で独立する基本的な流れ

エアコン取付の仕事で独立する際は、基本的に以下の流れとなります。

  1. スキルを身につけクライアントを見つける
  2. 独立の手続き
  3. 資格の取得や許可の申請

それぞれについてどのような作業があるのかをご説明します。

独立の流れ1:スキルを身につけクライアントを見つける

ご説明したとおり独立するためにはスキルを習得しておかなければなりません。

エアコン取付は比較的独立しやすい仕事ではあるものの、スキルがなければ仕事の獲得はできません。

クライアントから仕事を任せてもらえるようにまずは実務経験を積みましょう。

具体的にどのようにスキルを身につければよいのかは、冒頭でご説明したとおりです。

どこかに就職してスキルを身につけたり、講習会に参加してスキルを身につけたりしましょう。

自分なりに独立できると感じられるまではスキルアップが必要です。

なお、具体的にどの程度スキルアップすればよいのかは一概には表現できません。

定量的に評価する方法がないため、自分で判断するしかない点に注意しておきましょう。

誰かのもとで働いてから独立するならば、多くの仕事を任せられるようになったタイミングで独立を考えると良いでしょう。

また、実務経験を積みながら、クライアントを見つけておくことも重要です。

エアコン取付の仕事で独立してから仕事を発注してもらえるようにしておきましょう。

独立の流れ2:独立の手続き

独立にあたり必要な手続きがあります。

これらについて対応していきましょう。

手続きを行う際には個人で手続きするか法人で手続きするかを考えなければなりません。

どちらで手続きをするかによって内容が異なるため、まずはこの点を考えなければなりません。

基本的に個人は独立しやすいものの信用力が低く、法人は独立に手間がかかるものの信用力が高まります。

一概にどちらかが良いと言い切れるものではないため、エアコン取付の仕事をどのように展開したいかを踏まえて決定すると良いでしょう。

個人で独立する場合は、税務署に開業届を提出します。

個人事業主の扱いとなるため、所轄の税務署に書類を1枚提出するだけです。

内容も難しいものではないため、自分で内容を記入して提出すれば良いでしょう。

それに対して法人で独立する場合は、法務局で法人登記をしなければなりません。

法人登記には10種類程度の書類作成が必要で、エアコン取付の仕事で独立するにあたって大きなハードルとなりかねません。

専門的な知識が必要となるため、時間を要すると考えておいて良いでしょう。

また、法人登記の場合は登録免許税が必要になったり資本金が必要となったりします。

資金面でも負担がかかってしまうため、この点も考慮しておかなければなりません。

なお、エアコン取付の仕事で独立するにあたって法人登記をしたいならば、経営サポートプラスアルファにご相談ください。

手数料無料で24時間受付の弊社が、エアコン取付で独立する皆さんをサポートします。

独立の流れ3:資格の取得や許可の申請

資格を取得したり許可を申請するならば手続きをしておきましょう。

資格の取得に関しては独立する前に受験しておいても差し支えありませんが、許可を申請する場合はタイミングに注意が必要です。

まず、資格を取得する場合は受験タイミングを確認しておかなければなりません。

どのような資格でも基本的には自分の好きなタイミングでは取得できません。

試験日が定められているため、その試験日に合わせて計画的に勉強するようにしましょう。

場合によっては独立前に取得しておいても差し支えありません。

しかし、許可を申請する場合はタイミングに注意が必要です。

特に法人で許可を申請する場合、法人登記が終わっていなければ申請ができません。

先に申請してしまうと個人の扱いになってしまうため、後からトラブルになる可能性があります。

法人で許可を申請する場合は特に注意しましょう。

<関連記事>

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

エアコン取付での独立についてご説明しました。

特に資格や許可が必要とならない仕事であるため、エアコン取付は独立する人が多い状況です。

一人でも十分に活躍できる仕事であり、スキルさえ身に付いていれば比較的簡単に独立できます。

スキル面では独立しやすいですが、独立する時に悩みやすいのは個人にするか法人にするかです。

それぞれにメリットやデメリットがあるため、それらを踏まえて総合的に判断しなければなりません。

なお、独立する際に法人登記をしたいならば、経営サポートプラスアルファにご相談ください。

手数料無料24時間受付で、エアコン取付を武器に独立したい皆さんをサポートします。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE