エンジニア(インフラ・システム)の独立は可能?ポイントを把握して開業しよう

エンジニアとして会社で活躍しているなら、独立を考えることもあるでしょう。

エンジニアとしてのスキルを培い、自信を持つことができれば、独立して開業した方が自分の好きなように仕事を行うことができるからです。

エンジニアは専門スキルと知識が必要であり、システムやインフラでも内容に違いがあります。

どちらも需要は高く、独立して成功できる可能性が高いように感じるかもしれません。

ただ、独立は簡単なものではないので、しっかりリスクを確認しておくことも大事です。

内容を紹介しましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

インフラエンジニアとシステムエンジニアについて紹介

エンジニアも分野によって違いがあります。

特に多いのは、インフラエンジニアとシステムエンジニアであり、同じ専門の職人ですが作業する分野に違いが生じます。

それぞれエンジニアとして独立する際に特徴を把握しておくことも大事なので紹介しておきましょう。

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアは「インフラストラクチャー」の略であり、「土台」や「下部構造」という意味があります。

IT業界においては、「情報システムを稼働させるための基盤」として使用されています。

ITシステムの設計や構築、運用、監視に携わるエンジニアであり、作業範囲はネットワークにサーバー、データベースといろいろあります。

それぞれの内容は専門性が高いので細分化して「ネットワークエンジニア」「サーバーエンジニア」などに分けて作業を行うこともあるので、専門的に特化した会社として独立することができるでしょう。

システムエンジニアとは

システムエンジニアはITシステム全体の設計や構築、運営を行います。

システム全体の設計を行うために顧客からヒアリングを行い、要望をしっかり確認しておくことが求められます。また、課題があるなら、それを解決するための設計能力も必要になります。

システムの設計はIT関連に関して高い知識が必要であり、プログラミングなどのITスキルも一通り必要になります。

独立の際は設計のスキルを習得しておくようにしましょう。

システムとインフラ両方で必要なスキル

インフラエンジニアもシステムエンジニアも独立を考えるなら、インフラシステムの運用スキルを身に付けることが大事です。

工程としては

  • 要件定義
  • 設計
  • 構築とテスト
  • 運用と保守

です。

要件定義ではクライアントの要件を理解する必要があるので、しっかりコミュニケーションを取るスキルが大事です。

相違がないか確認するようにしましょう。

設計では要件定義を実現させるために必要な機器を選定し、設計書の作成を行います。

構築とテストでは、設計書を元にインフラ環境の構築、しっかり動作するのかのテストをしてバグの修正等を行います。

運用保守では、正常に動作するのか確認して、エラーが出た際は修正対応をすることが大事です。

各工程において必要な十分なスキルと経験を得たならば、インフラエンジニアとして独立を考えてもよいでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

エンジニアとして独立するために必要なスキルとは?

インフラエンジニアでもシステムエンジニアでも、独立するためにはスキルが必要です。

ただ、エンジニアとしてのスキル以外にも必要なものがあります。

エンジニアとして独立するためには以下のようなスキルが必要となります。

営業力

エンジニアとして独立するなら営業力を備えておくことが大事です。

エンジニアとして独立したなら、案件を得なければ仕事を行うことができません。

従業員なら会社の営業担当が仕事を受注してくれるので、自分は作業に集中することができていたでしょう。

ただ、フリーランスなど1人で独立するなら自分で案件獲得しなければいけないので、クライアントに自分のスキルをアピールしたり、どのような成果を収めることができるのか伝えたりする営業力が必要です。

十分な営業力がなければ、インフラエンジニアやシステムエンジニアとしてのスキルがあっても、発揮することができません。

単価の安い仕事でこき使われてしまうなど、会社員のときよりも安い収入になってしまうことも十分ありえます。

情報収集のスキル

エンジニアとして独立したなら、情報収集のスキルを習得することも大事です。

エンジニアとして必要なスキルは常に変化します。

会社員エンジニアのときは上司や同僚、クライアントとの会話の中で情報収集できたかもしれません。

また、会社側がスキルや情報を提供してくれることも多いので、自分で情報収集する必要性を大きく感じないでしょう。

しかし、エンジニアとして独立したならば、会社員エンジニアのときの環境はなくなります。

自分で必要な情報を収集していかねばならないのです。

トレンドや新しい情報を得る機会がなければ、自分の使用しているスキルが古いままとなり、案件受注や作業効率の点で大きな支障が生じることにもなるでしょう。

情報収集するために独立後も会社の同僚と定期的に会う約束をするなど、情報を得る機会を持つとよいでしょう。

また、日本語のニュースサイトだけでなく、海外の開発者向けのサイトを訪れて情報収集することも必要です。

積極的に情報を集めることが大事なので、しっかり準備しておきましょう。

タイムマネジメント

エンジニアとして独立するなら、タイムマネジメントが必要になります。

エンジニアの案件は納期が設定されていることがほとんどで、当たり前ですが期日内に作業を終えて納品しなければなりません。

会社員エンジニアとして働いているときは、会社の仕組みや上司などがタイムマネジメントしてくれていたかもしれません。

しかし独立したならば、そうはいきません。

自分をマネージしてくれる人はいないので、自分自身でしっかりとタイムマネジメントを行う必要があります。

複数の案件を受注しているなら、それぞれの納期に合わせて作業を進める必要があるので、全体をしっかり把握しておかなければいけません。

もし、案件を忘れていて納期までに作業が完了できなければ、信用を大きく損なうことになり、収入も減少してしまいます。

また、仕事を詰め込み過ぎてもオーバーワークで体を壊してしまい、仕事を中断しなくてはいけない事態になることもあるので、注意しておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

エンジニアとして独立した際に押さえておくポイント

インフラやシステムのエンジニアとして独立したなら、しっかり経営を継続させることが大事です。

経営の継続は簡単なことではないのでしっかり対策を立てておく必要があります。

どのような対策を立てることができるのか内容を紹介しましょう。

エージェントやクラウドソーシングを利用する

エンジニアとして独立するためには、案件をしっかり受注できるようにする必要があります。

営業を行っても必ず案件を受注できるわけではないので、他の方法で案件を受注できるようにしておくのもいいでしょう。

例えば、案件受注にはエージェントサービスやークラウドソーシングサービスを利用することができます。

エージェントサービスは営業業務や確定申告など手間のかかる作業を代行してもらうこともできます。

自分で営業するのが難しく感じる人やエンジニアとしての作業にある程度集中したいなら、エージェントサービスを代行した方が自分の負担を軽減することができるでしょう。

ただ、エージェントサービスを利用するならマージンと呼ばれる手数料が発生するので、先に費用の計算をしておくことが大事です。

また、クラウドソーシングサービスは案件を受注したい人と依頼したい発注者をつなげるサービスです。

案件はたくさん提供されており、内容を読んで自分に合っていれば提案をして申込みします。

クライアントから選ばれれば、契約成立となるので、スムーズに案件受注が行えます。

こちらも、クラウドソーシングへの仲介手数料を支払う必要がありますが、報酬の支払いが行われないなどのトラブル防止もされているので、安心して仕事を行うことができます。

依頼数も多いので営業を行いながら、クラウドソーシングを利用して案件の受注を行ってみるのもいいでしょう。

資金力の確認

エンジニアとして独立をするなら、資金力の確認をしておく必要があるでしょう。

エンジニアはサーバーやインターネットの通信などの整備が必要なので、独立する際は必要機器の準備をしなくてはいけません。

また、作業をするときに事務所を借りるなら賃貸費も必要になり、雑費も必要となるでしょう。

また、毎月の電気代や光熱費、賃貸費などのランニングコストも必要になるので、確認しておくことが大事です。

とは言え、インフラエンジニアやシステムエンジニアは他業種と比べると、独立に必要な資金は比較的少ないです。

数十万円ほどあれば独立することができるので、資金がある程度確保できていれば、直ぐに開業を考えることができます。

ただ、独立して始めの頃は依頼案件が少ないことも考えられるので、数ヶ月の運営を行える資金力は確保しておくべきです。

また、独立して従業員を数人雇うなら、その分費用も加算されるので準備しておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

エンジニアとして独立する際のリスクを考える

ただ、独立はリスクも高いので、良い点ばかりに注目しておくのは危険です。

しっかりリスクを把握しておかないと大変なことになる場合もあるので確認しておきましょう。

収入が不安定になり減少することもある

エンジニアとして独立したとしても、確実に収入をアップすることができるわけではありません。

エンジニアとして独立したなら収入は仕事量と比例します。

そのため依頼案件が多いなら収入は大きくなりますが、少ないなら激減してしまい従業員のときよりも年収が下がってしまうことも考えておくべきです。

もし何ヶ月も先に報酬が支払われるようであれば、依頼は多くても収入があまりないときも出てきてしまい、運営が厳しくなることもあります。

福利厚生がない

エンジニアとして独立をすると、福利厚生はなくなるものと認識してください。

自分で仕事を選択できるなど自由に仕事を行うことができますが、会社の従業員のように福利厚生によるメリットは無くなります。

従業員のときであれば住宅手当や特別休暇、健康診断などの福利厚生があります。

また、労災や失業保険なども完備されているので、いろいろな補償を得ることもできます。

しかし、独立したなら、これらの福利厚生は全て無くなり、いざというときに困ってしまうこともあります。

この点を考慮して独立を考えましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

エンジニアとして独立を考えてみよう

エンジニアとして独立を考えるなら、しっかりポイントを押さえておくことが大事です。

エンジニアの独立はメリットもありますが、リスクもあるので事前の計画とスキルの確認をしておくことが必要でしょう。

ぜひ、必要な準備を行なって独立の計画を進めてください。

もし少しでもエンジニアでの独立を考えている方は経営サポートプラスアルファまでご相談ください。

独立して会社設立するまで、何度でも無料で相談を受け付けています。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE