ひとりで設立するなら合同会社!その理由とメリット・デメリットを解説

ひとりで会社を設立する場合は、主に株式会社か合同会社が選択肢にあがります。
それぞれに特徴がありますので、それらを理解してどちらを選択するか本来は考えなければなりません。

ただ、ひとりで会社を設立するのであれば、合同会社がおすすめです。
今回は合同会社をおすすめする理由と、合同会社のメリットやデメリットについて解説していきます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ひとりで会社を設立するなら合同会社

冒頭でも説明したとおりひとりで会社を設立するならば合同会社がおすすめです。
まずは法律的に合同会社はひとりで設立できる点と、なぜ合同会社が良いのかについて解説します。

合同会社はひとりで設立できる

合同会社は2006年に施行された新会社法で新たに認められた会社の形態です。
それまで会社を設立すると言えば株式会社か有限会社でした。
株式会社はひとりで設立できませんでしたので、選択肢が限られていたのです。

それに対して現在は会社法が改正され、ひとりで株式会社も合同会社も設立できるようになっています。
どちらを選択するかはその人の状況次第となっていて、メリットとデメリットを踏まえて判断する必要があります。

まず皆さんに理解しておいてもらいたい点は、合同会社はひとりで設立できる会社の形態であるということです。
会社の設立をしたいのであれば、合同会社を最初に考えてみるようにしましょう。

合同会社は他の形態より負担が少ない

上記でご説明したとおり、合同会社はひとりで設立できます。
ただ、株式会社などもひとりで設立が可能であり、「なぜ合同会社が良いのか」との疑問を持つ人は多いでしょう。

ひとりで会社を設立する場合に合同会社をおすすめするのは、会社設立や運営の負担が少ないからです。
他の形態でもひとりで設立できるのですが、合同会社よりも負担がかかってしまう部分があります。

例えば会社の設立時に、合同会社は用意する書類数が少ないですし登記に必要な税金も少額に設定されています。
ひとりで簡単に会社設立ができるように考えられているのです。
それに対して株式会社は用意する書類数は多いですし税金も比較的高額に設定されています。
ひとりで設立はできますが少々手間がかかるのです。

また、会社を運営していくにあたり、株式会社は株主と会社の関係を重視しなければなりません。
ひとりで株式会社を立ち上げる場合は自分が株主になる可能性が高いですが、それでも手続きを踏んで意思決定などをしていく必要があります。
それに対して合同会社は株式の発行などがありませんので、自分の意思で会社運営ができます。

ひとりで設立できる会社形態の中でも、合同会社は最も負担が少ないと言えます。
そのためひとりで会社を設立する場合は、合同会社を選択しておきたいのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ひとりで合同会社を設立するメリット

ひとりで合同会社を設立するとどのようなメリットがあるのでしょうか。
具体的に解説します。

合同会社のメリット1:信頼感が高まる

ひとりで事業をするとなると最初に選択肢に上がるのが個人事業主です。
最初は個人事業主で事業を始めて、そこから法人に切り替える人も多々いるぐらいです。

すでに個人事業主の人は、合同会社に切り替える意味をあまり感じないかもしれません。
ひとりで仕事をするのであればやるべきことは大差がありませんし、合同会社を登記することを手間に感じるでしょう。

ただ、個人事業主から合同会社に切り替えると、社会的信頼感が高まるメリットがあります。
合同会社は定款があり登記されている法人ですので、簡単に設立できる個人事業主よりも信頼してもらいやすいのです。

実際、会社の方針として個人事業主としての取引をしていないところが見受けられます。
これは個人事業主はひとりで仕事をしているため、信頼感に欠けると判断されるからです。
あくまでもこれは偏った意見でしかありませんが、リスクを回避するためにこのような方針を取っている場合があるのです。

それに対して合同会社を設立すると、ひとりであろうとも法人間の取引となります。
個人と法人で取引しているわけではなくなるのです。
これが信頼感を生み出し、仕事の幅を広げやすくするメリットにつながっていきます。

合同会社のメリット2:意思決定がスムーズ

合同会社は会社形態の中でも意思決定がスムーズなメリットがあります。
特に株式会社と比較すると、役員の判断で短期間でスムーズに意思決定ができます。

基本的に株式会社を立ち上げてしまった場合、ひとりで立ち上げると自分が主な株主となります。
大株主ですので自分の好きなように提案を可決できるのです。
ただ、言い換えると何かしら意思決定をするためには、株主総会を開き提案を解決する作業が必要です。
つまり、ひとりで会社を運営してるにも関わらず、思ったよりも時間がかかってしまいます。

それに対して合同会社は、株式を発行しませんので株主総会の開催をする必要はありません。
基本的には役員だけで意思決定ができるのです。
ひとりで合同会社を設立すると役員は自分しかいませんので、自分ひとりの判断でスムーズに意思決定ができます。

会社の運営において意思決定の遅さは、何かしら問題を引き起こす可能性があります。
合同会社にしておけば意思決定がスムーズになり、事業への影響を最小限に抑えられるのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ひとりで合同会社を設立するデメリット

上記でご説明したとおり、合同会社にはメリットがあります。
ただ、ひとりで合同会社を設立することはデメリットもあります。
続いてはこちらについて解説します。

合同会社のデメリット1:設立に手間がかかる

合同会社は法人ですので設立に手間がかかってしまいます。
特に個人事業主と比較すると、設立にかかる手間は比べ物になりません。
個人事業主は数枚の書類を提出して終了ですが、合同会社は多くの書類を作成しますし印鑑証明書なども用意が必要です。

最近は合同会社の設立をサポートしてくれる企業が存在します。
例えば弊社「経営サポートプラスアルファ」はこのような合同会社の設立のサポートをサービスとして提供しています。
ただ、このようなサービスを利用しても、個人事業主と比較してしまうとどうしても手間がかかってしまいます。

また、このようなサービスの利用には費用が発生しますので、全て自力で済ましたいと考える人はいるでしょう。
そのように考えて全てを自分でしようとすると、やるべきことが多くこれもまた多くの手間がかかってしまいます。

ひとりで事業をするならば個人事業主という選択があります。
この選択と比較すると合同会社はどうしても設立に手間がかかります。
やむを得ない部分ですがこれはデメリットだと言えます。

合同会社のデメリット2:税務処理が必須

合同会社は法人ですので、税務処理を必ずしなければなりません。
税務処理は部分的に専門的な知識が必要となり、時間が取られやすい点がデメリットです。

今まで個人事業主として働いていた人は、毎年確定申告をしていたことでしょう。
売上や経費などをシステムで入力し、確定申告書の作成や提出をしていたはずです。
ひとりでやると経験的に手間だと感じているのではないでしょうか。

合同会社を設立し法人化すると、この作業がさらに複雑になってしまいます。
個人の確定申告とは異なり法人の税務申告となりますので、作成する書類などが増えてしまうのです。
一部の種類については専門的な知識がなければひとりでできません。

もちろんひとりでも調べながら作成すれば、絶対に作成できないものではありません。
ただ、必要以上に時間をかけてしまうと本業の時間が奪われてしまいます。

とはいえ、税理士など専門家に依頼をすると費用が発生してしまいます。
どう転んでも多少は負担を抱えてしまう点はデメリットです。

合同会社のデメリット3:知名度が株式会社に劣る

現在は合同会社で設立される法人が増えています。
特にひとりで会社を設立する場合は、合同会社の選択が多いのです。

ただ、会社全体で見るとまだ株式会社の方が知名度が高い状況です。
合同会社については知らない人がいても不思議ではありません。
そのため、合同会社を設立すると「大丈夫な会社なのか」との疑問を持たれてしまう可能性があります。

ただ、設立したての会社はどのようなものであっても、不思議に思われたり疑問を持たれたりするのは仕方がないことです。
知名度が劣ってしまう点はデメリットですが、割り切って信頼できる法人であることをアピールしていくと良いでしょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ひとりで合同会社の登記をする流れ

ひとりで合同会社を登記する場合、大まかに以下の流れで登記ができます。

  1. 必要事項の決定と印鑑の準備
  2. 定款の作成
  3. 出資金の払込み
  4. 登記資料の作成
  5. 登記手続き

流れとしてはまず合同会社の設立に必要な事項を決定しておきます。
ひとりで会社名や本店所在地などを決定して、会社で利用する印鑑を作成しておきます。

これらの必要事項が決定すれば、続いては定款の作成をします。
合同会社の場合は定款の認証作業が必要ありませんので、作成すれば完了です。

そして資本金の払込みをしておきます。
合同会社の設立時には資本金が必須ですので、ひとりで事前に払込みをして、証明する通帳のコピーなどを取っておきます。

これら事前の準備が完了すれば、登記書類の作成をして法務局へ持ち込みします。
事前に担当者に内容を確認してもらえますので、内容を確認してもらい不備がなければ提出して完了です。

[この記事でも解説中]        合同会社 設立 流れ(手順・やり方・手続き・マニュアル)

ひとりでの合同会社設立まとめ

ひとりで会社を設立するのであれば、合同会社がおすすめです。
合同会社は設立までの負担が少ないですので、ひとりで設立する場合の手間を最小限に抑えられます。
また、設立してからも意思決定がスムーズであるなどのメリットがあります。

ただ、ひとりで事業をする場合は個人事業主という選択肢があります。
これと比較すると法人はどうしても手間がかかってしまいます。
この点はデメリットですので、メリットとデメリットをよく比較しておく必要はあります。

なお、比較をしても結論が出なかったり、合同会社の設立に向けて何をすれば良いのか分からなかったりする人はいるはずです。
その場合は「経営サポートプラスアルファ」にご相談ください。
プロがひとりで合同会社を設立するべきか、何をするべきかを助言します。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE