配管工は分野に特化した独立を!スキルを極めれば開業可能

配管工は独立しやすい職業です。

実際に独立して一人親方で働いていたり、工務店を設立し配管工を含めて様々な案件を受注している人が多いのです。

独立して働いている人が多いことから「自分も配管工として独立したい」と考える人は多いようです。

今回はそのような考えを持つ人に向けて、配管工として独立するにはどうすればよいのかご説明します。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

配管工は独立する人が多い

冒頭でも触れた通り配管工は独立して活躍する人が多くいます。

なぜ、配管工は独立して仕事ができるのかについてまずはご説明します。

配管工はスキルがあれば1人でも仕事ができるから

配管工で独立する人が多い理由は、1人でも仕事が受注できるからです。

とにかくスキルが重要視される仕事であるため、自分に高いスキルがあれば簡単に独立を検討できます。

工事関係の仕事によっては、1人で案件を受注するのが難しいものがあります。

そのような仕事で独立しようとすると、自分だけではなく他の人も誘わなければなりません。

これでは独立のハードルが大きく高まってしまいます。

しかし、配管工についてはこのような状況ではありません。

基本的に自分が高いスキルさえ持っていれば、他の人に頼らずに独立できます。

独り身でも独立できるため、配管工として独立している人が多いのです。

配管工は設備などのハードルが低い

配管工として独立するにあたり、最低限必要な設備は限られています。

大きな機械や高額な機械などを用意せずとも、配管工としての独立が可能です。

最初の設備投資を抑えられるという点でも、配管工で独立する人は多いのです。

工事関係の仕事での独立は、様々な機械や備品などを用意しなければなりません。

これらの中には大きなものや高額なもの、重いものなどが存在していて、独立する際に負担となってしまいます。

金銭的な負担も発生しますし、管理する場所を確保するなどの負担も発生してしまいます。

一般的には上記のような負担がありますが、配管工で最低限必要となるものは限られています。

もちろん受注する内容によって異なりますが、まず独立したいならば最低限の準備さえできていれば良いのです。

設備など準備の面で負担が少ないという点でも、配管工として独立する人が増えています。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

配管工で独立するにあたり持っておきたい資格

意外かもしれませんが配管工として独立するにあたって資格は必要ありません。

工事には何かしら資格が必要だと思われがちですが、配管工に関しては資格がなくとも仕事を受注できます。

ただ、仕事を受注するにあたって資格を保有していれば、クライアントに対して安心感を与えられます。

配管工として独立するにあたり、持っておきたい資格についてご紹介します。 

配管技能士

配管工が取得する資格の中でも特に有名なものです。

厚生労働省が認定する技能検定制度で、初心者から上級者まで3つのレベルに分かれています。

基本知識が求められる3級については受験資格の定めがありません。

そのため配管工として働くならば、最低限こちらは取得しておきましょう。

2級や1級については実務経験が求められるため、条件を満たした段階で受験するようにします。

なお、配管工で独立するならば2級や1級を取得しておきたいところです。

3級は入門的な知識であるため、あまりクライアントに対するアピールポイントになりません。

高いスキルの証明を目指すならば2級や1級の取得を意識しましょう。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は配管工事の計画を立案したり現場監督をしたりする際に必要な資格です。

配管工として独立をして従業員を雇うならば、現場監督となるためにこちらの資格を持っておくべきです。

こちらの資格は1級と2級が存在していて、どちらにも学科試験と実地試験があります。

両方に合格しなければならないため、難易度が高くなっています。

また、合格率を見ても管工事施工管理技士の方が低く、配管工として独立する前に取得するならば計画的な学習が必要です。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

配管工として独立する方法

続いては実際に配管工として独立するために、どのような方法をとるのかをご説明します。

状況によって異なりますが、大まかに以下の流れで独立します。

  • 配管工の実務経験を積む
  • 独立の計画を立てる
  • 資格を取得する
  • 独立に向けた手続きをする
  • 必要なものを準備する

それぞれについて具体的にどのような方法であるのかご説明します。

独立する方法1:配管工の実務経験を積む

最初に配管工として働き、独立できるだけの実務経験を積みましょう。

配管工で独立する人は、少なくとも数年の実務経験を積んでる人が大半です。

短期間の実務経験で十分なスキルは身につかないため、実務経験が不足していると感じるならば焦って独立しないようにしましょう。

ただ、具体的にどの程度のスキルがあれば独立できるかは明言できません。

状況によって様々であるため、自分なりに自信がついたタイミングで独立を検討すると良いでしょう。

例えば周りから仕事を任せられたり、クライアントから仕事を依頼されるような存在になるとスキルが高いと言えるでしょう。

なお、実務経験を積む際に意識しておきたいのは、人脈を広げておくことです。

配管工で独立してから仕事を獲得するためには、人脈をうまく活かさなければなりません。

独立してから営業する先を確保しておくなど、自分のスキルアップだけではなくクライアントとのコミュニケーションも重要です。

独立する方法2:独立の計画を立てる

独立が目指せる段階になれば、独立に向けて計画を立てていきましょう。

計画を立てずに独立すると失敗する可能性があるため、計画は丁寧に練らなければなりません。

まず、配管工の中でも独立して何を取り扱うか考えましょう。

配管工が取り扱う工事は数多くあるため、独立してからの仕事を決めておかないと計画がぶれてしまいます。

例えば配管工が扱う仕事には以下があります。

  • ガス配管
  • 給水配管
  • 空調配管
  • 衛生配管
  • 防災設備配管

全ての工事を扱えるようになるのも理想的ですが、何かに特化して専門的なスキルを身につけるのも理想的です。

自分なりにどのような配管工として独立したいかを考え、取り扱いする配管工事の内容について決めておきましょう。

また、独立する際には個人と法人の選択肢があります。

どちらにするかも配管工の独立にあたり重要なポイントであるため、事前に決定しておくようにしましょう。

個人を選択すると独立の手続きが簡単で、独立してからの税金の処理なども簡単に済みます。

ただ、個人は社会的な信用力が低いため、独立してから仕事を獲得する際に不利になる可能性があります。

法人を選択すると独立の手続きが複雑になります。

お金もかかってしまうため、個人で独立する際とは大きな違いがあります。ただ、法人は社会的信用力が高いなど、独立してから様々な場面でメリットを受けられる可能性があります。

独立するにあたってどちらの選択肢が良いかは一概には言えません。

配管工は個人で独立する人も多いため、周りで独立している人の状況などを踏まえて考えるのも良いでしょう。

独立する方法3:資格を取得する

何かしら資格の取得を考えているならば、独立する前に取得しておくべきです。

配管工で独立するために必須な資格はありませんが、事前に取得しておいた方が独立してから仕事を獲得しやすくなります。

資格を取得するにあたって注意してもらいたいのは、試験が実施されるタイミングと実務経験の要否です。

まず、資格取得のための試験はいつでも開催されているわけではありません。

タイミングが固定されているため、独立の計画に合わせて適切なタイミングで受験しなければなりません。

また、場合によっては実務経験が求められるため、条件を満たせるかも考えなければならないのです。

なお、資格は独立してから取得しても差し支えはありません。

受験ができないからと独立のタイミングを見送る必要はないでしょう。

独立する方法4:独立に向けた手続きをする

配管工として独立するためには手続きをしなければなりません。

個人でも法人でも手続きが必要となるため、忘れずに対応するようにしましょう。

まず、個人で独立する場合は税務署に開業届を提出します。

簡単な書式に必要な情報を記入するだけであるため、自分で作成しての提出が可能です。

それに対して、法人で独立する場合は法務局で法人登記をしなければなりません。

10種類前後の書類の作成が必要で、専門的な知識が求められます。

自分で作成して提出するのはハードルが高いかもしれません。

また、法人の場合は資本金を用意しておかなければなりません。

法人登記の手続きの際に必要になるため、この時までに資本金に該当する現金を用意しておきます。

なお、法人登記が不安な場合は、経営サポートプラスアルファにご相談ください。

24時間受付の手数料無料で会社設立のプロがサポートします。

独立する方法5:必要なものを準備する

独立の手続きが完了した後は、配管工で仕事をするにあたって必要なものを準備していきます。

備品などを購入して仕事を受注できるようにしましょう。

ただ、冒頭でも説明したとおり、配管工に必要な最低限のものは限られています。

準備にはあまりに多くの時間を要さないため、独立の手続きと並行して準備を進めても良いでしょう。

もし、トラックを購入するなどで法人名義にしたい場合は、法人登記してからの購入がおすすめです。

先に購入してしまうと法人名義に変更しなければなりません。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

まとめ

配管工で独立する方法についてご説明しました。

必要な備品が少ないなどの理由から配管工は独立しやすく、実際に独立する人も多い職業です。

必ず取得しなければならない資格も存在しないため、ハードルが低いとの観点からも独立が増えています。

独立する際は個人と法人の選択肢があります。

それぞれにメリットやデメリットがあるため、どのように配管工で活躍したいかを踏まえて決定するようにしましょう。

なお、独立するにあたって法人登記の手続きをするのは負担のかかる作業です。

そのため、配管工で法人登記したい際は経営サポートプラスアルファにご相談ください。

メリットやデメリットを含めてご説明し、独立をサポートいたします。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE