配送業で独立するためにはどうすれば良い?独立のメリットやデメリットとともに解説

配送業は独立開業できる職業です。

近年は中小規模の配送業を営む人が増えていて、その背景にはネットショッピングなどによる配送する商品の増加があります。

時代の変化によってこれからもネットショッピングは盛んであると考えられ、配送業の需要は高まると思われます。

このような時代であるため、配送業で雇われるのではなく独立したいと考える人も増えてきています。

今回は配送業で新しい働き方をするために、独立開業する方法についてご説明します。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

配送業は独立開業できる

配送業は大手が独占しているイメージがあるかもしれません。しかし、実際には中小規模の配送業を営む人は多く、今からでも配送業での独立は可能です。

まずは配送業の独立開業についてご説明します。

独立の選択肢は個人と法人の2つ

配送業で独立する選択肢は個人と法人の2つがあります。

どちらかでなければ配送業で独立できないルールは無く、自分に適した選択肢で独立することを検討すると良いでしょう。

この時に重要となるのは、個人と法人の違いについて理解して独立をすることです。配送業に限らず個人と法人には以下のような違いがあります。

  • 設立に必要なコスト
  • 維持に必要なコスト
  • 税金の仕組み
  • 社会的信用力

ここに挙げたのは一例ではありますが、個人と法人には大きな違いがあります。

特に注目してもらいたいのは社会的信用力で、一般的には法人の方が社会的信用力が高いとされています。これは配送業として独立するにあたり鍵を握るかもしれません。

例えば荷主を探す際に、「個人では契約してもらえないものの法人なら契約してもらえる」との状況になるかもしれません。

社会的信用力に違いがあることから法人とのみ契約を結ぶ荷主が少なからずいるため、そのような状況に備えて法人を選択するのです。

ただ、そのような荷主もいるという一例であり、全ての荷主がこれに該当するわけではありません。

法人であることが有利に働くかどうかは状況によりけりであるため、総合的に判断することが重要です。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

独立のタイミングは資金面で考える

独立するタイミングは資金面を考慮するとよいでしょう。

配送業を営むためにはある程度まとまった資金が必要です。

自分である程度のお金を貯めた状態や資金調達ができる目処が立ってから独立開業に向けて動き出すべきです。

逆に中途半端な状態で独立開業しようとすると失敗する可能性があります。

例えば思うようにトラックが用意できず、自分がイメージする配送業を営めないかもしれません。
配送業の独立には資金が必要となるため、見切り発車は良くないのです。

具体的に必要な資金については後ほどご説明します。

ここでは独立するタイミングは資金に左右されると考えておきましょう。

配送業で独立するメリット

配送業で独立すると以下のメリットがあります。

  • 好きな日程で稼働できる

どのようなメリットがあるのかご説明していきます。

独立のメリット:好きな日程で稼働できる

配送業で独立すると自分の好きな日程で稼働しやすくなります。
ある程度は荷主の都合に左右されてしまう部分がありますが、会社員よりも融通が利きやすくなるでしょう。

例えば会社員で配送業をしていると、土日を含むシフト勤務となるはずです。

毎月何回かは土日の出勤が必要となり、自由に休みが取りにくい可能性もあります。

それに対して独立をすると稼働については自由に選択できるようになります。
例えば土日は休日として、平日のみ稼働するような働き方が選択できるようになります。

ただ、働き方が選択できる点はメリットですが、案件の受注しやすさとのバランスは気にする必要があります。

上記のように土日は稼働しない選択肢をとると、受注できる案件が少なくなるかもしれません。

自分らしい働き方ができますが、荷主の都合はある程度踏まえなければなりません。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

配送業で独立するデメリット

配送業で独立すると以下のとおりデメリットもあります。

  1. まとまった資金が必要となる
  2. 交通事故などのトラブルが起きる可能性がある

続いてはデメリットについてもご説明します。

独立のデメリット1:まとまった資金が必要となる

配送業で独立するためにはまとまった資金が必要となります。

配送に利用する自動車の用意や車庫の用意が必要となるため、多くの資金が必要となってしまうのです。

ただ、どの程度の資金が必要となるのかは配送業を「一般貨物運送事業」として独立するのか「軽貨物運送事業」として独立するのかによって大きく異なります。
前者は最低でも自動車が5台必要となるためまとまった資金が必要ですが、後者の場合は1台で済むため資金は抑えられます。

新しく自動車を手配するとなると、場合によっては数千万円単位の資金が必要となります。
そこまでの資金を用意して独立できればよいですが、なかなかこれは難しいでしょう。

レンタルやリースを活用して自動車を手配してもある程度の資金が必要です。

それに対して、軽貨物運送事業で独立すると配送業でありながら必要な資金は抑えられます。

自分で自動車を保有しているならば、手続きをしてそれを事業用に流用することも可能です。

どちらで独立するかによって必要な額には変化があるものの、どちらでも資金が必要となる点はデメリットです。

独立のデメリット2:交通事故などのトラブルが起きる可能性がある

配送業を営むにあたり必ず意識しておきたいのは、交通事故に関わるトラブルです。
トラックを中心に配送する以上、独立すると交通事故が起きる可能性があります。

どのような交通事故が起きるかは状況によって様々です。
自分自身が交通事故を起こすかもしれませんし、独立して雇用した従業員が交通事故を起こすかもしれません。

また、交通事故の内容も自分たちが交通事故を引き起こすこともあれば、巻き込まれてもらい事故になる可能性もあります。

交通事故が起きる可能性は様々あり、多くのリスクを抱えてしまうのです。

また、基本的には交通事故が発生した場合、事故を起こした本人だけではなく配送業を営む事業者としての責任が問われます。

独立せずに会社員であれば責任を負う範囲が小さくなるため、交通事故に関する責任が広がる点はデメリットです。

ただ、配送業を営むならば交通事故に関するリスクは避けられません。そのため、交通事故が起きないように最大限配慮する必要があります。

例えば従業員の飲酒運転を防ぐために乗車前のアルコールチェックなどを徹底し、自分たちが原因の交通事故が起きないように最大限の努力が必要です。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

配送業で独立する方法

続いては配送業で独立する方法についてご説明します。

独立の流れは以下のようになっています。

  • 個人か法人の選択
  • 必要な書類の提出
  • ナンバーの取り付けと営業開始

それぞれについてやるべきことをご説明します。

個人か法人の選択

配送業で独立するならば、個人と法人の選択肢があります。

どちらにもメリットやデメリットがあるため、それらを踏まえてどちらを選択するか考えなければなりません。

例えば個人で独立すると必要な手続きが少なくて済みます。

個人事業主になるならば必要な書類は税務署に提出する1枚のみであるため、ほとんど負担なく独立できるのです。ただ、個人は信用力が低いなどのデメリットもあります。

それに対して法人で独立すると、会社設立に多くの労力を要します。

多くの決め事をしなければなりませんし、法人登記するために必要な書類も多々あります。

独立の準備をしながら配送業以外のことも考えるのは負担がかかるかもしれません。

なお、配送業で独立する際に会社設立をするならば、会社設立のプロである経営サポートプラスアルファにお任せください。

手数料無料で24時間受付をしているため、配送業での独立に向けて急いでる人にもスムーズに対応いたします。

必要な書類の提出

配送業として独立するにあたり、必要な届出をしなければなりません。

法人として届出する場合は事前に準備する必要があるため、上記のとおり会社設立が完了してから届出をするようにしましょう。

先ほどもご説明しましたが、届けるには大きく分けて2つあります。

どちらを選択するかによって準備しなければならない設備などが異なるため、内容をよく確認して届出するようにしましょう。

なお、一般貨物自動車運送事業許可を取得する場合は、申請から許可が下りるまでに数ヶ月必要となります。
また、申請するために必要な書類の数も多く準備に時間を要してしまいます。

そのためこちらの許可を利用して配送業を営みたいのであれば、時間に余裕をもって計画的に独立する必要があります。

なお、配送業に関する許可の取得には専門的な知識が求められます。

自分で書類を作成したり用意したりして、許可の申請をするのは現実的ではありません。

そのため配送業の許可に関するお困りごとは、行政書士法人経営サポートプラスアルファにご相談ください。

許可取得に向けてプロがサポートいたします。

ナンバーの取り付けと営業開始

問題なく許可が下りて追加で必要な書類などを提出すると、配送業に必要なナンバーが取得できるようになります。

配送業で利用する自動車は個人で利用する自動車とナンバーの色が異なるため、ナンバーを切り替える手続きを行います。

ナンバーの切り替え手続きをするためには、「事業用自動車等連絡書」と呼ばれる書類が必要です。

配送業を営むために許可を取得するとこちらの書類を発行してもらえますので、忘れずに持参してナンバーの切り替え手続きをしてもらいましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

配送業で独立する方法についてご説明しました。

配送業での独立は個人と法人の選択肢があるため、メリットやデメリットを踏まえてどちらにするか検討しましょう。

また、配送業を営むためには専用の許可を取得しなければなりません。

許可なしに配送業を営むと違法営業となってしまうため、事前に申請して必要な許可を取得するようにしましょう。
ただ、配送業に必要な許可には自分での申請が難しいものが含まれています。

そのため自分で申請するのではなく、行政書士法人経営サポートプラスアルファにお任せください。

プロが必要な申請をスムーズに済ませるため、皆さんは配送業の独立に必要な作業に注力可能です。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE