ハウスクリーニングは独立開業しやすい!具体的な方法や必要な資金とは

ハウスクリーニングは近年独立しての参入が増えてきている業界です。

自宅の掃除を専門業者に任せる人が増えてきたため、この需要に応えるためにハウスクリーニング業者自体が増えています。

このような時代の流れに沿って、ハウスクリーニングでの独立を目指す人が増えてきています。

ただ、独立するとはいっても実際に行動するのは簡単なことではありません。

今回はハウスクリーニングで独立するために最低限知っておくべきことについてご説明します。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ハウスクリーニングは独立しやすい

ハウスクリーニングの業者が入っている背景には、比較的独立しやすい仕事であることが挙げられます。

具体的にどのような観点から、ハウスクリーニングは独立しやすいのかについてまずはご説明します。

特別な資格が不要で独立しやすい

基本的にハウスクリーニングには特別な資格が必要とされません。

特に許認可なども取得する必要がないため、独立して仕事を開始するハードルの低さから業者が増えています。

会社員などで働いて独立するにしても、資格が必要となるとそのハードルが大きく高まります。

また、許認可が必要となる場合も同様で、条件を満たしていない段階では独立ができません。

しかし、ハウスクリーニングにはそのようなものが一切必要ありません。

資格や許認可が必要ないとの観点から、独立しやすい業種となっています。

初期投資を抑えやすく独立しやすい

ハウスクリーニングは比較的初期費用を抑えやすい業種です。

極論ですが限界まで初期費用を抑えるのであれば、クリーニングに必要な道具さえあれば独立できます。

自宅を事務所にすれば別に事務所などを借りなくても仕事は可能です。

また、必要な設備についても極端に高級なものはあまりありません。

業種によっては何十万円、何百万円と設備投資しなければなりませんが、ハウスクリーニングではそのようなことにはなりません。

中には高価なものが存在はするものの、独立するにあたり極端に高価なものはないはずです。

独立する際の初期費用が高額になると、それだけ独立が遠のいてしまいます。

ハウスクリーニングならば必要となる設備の数が限られ、初期投資を抑えやすく独立もしやすくなっています。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ハウスクリーニングの独立に必要な資金例

ハウスクリーニング業を営むために独立すると多くの資金が必要となります。

具体的な金額は状況に応じて変化しますが、以下ではどのような資金について考慮するべきかについてご紹介します。

独立の初期費用

まずは独立するために必要な資金を考える必要があります。

例えば独立するにあたり必要となる資金には以下が挙げられます。

  • 事務所の確保費用
  • 移動用の車両費用
  • クリーニング機材購入費用
  • 広告宣伝費用

特に意識しておきたいのは事務所の確保費用です。

オフィスなどの賃貸契約にはまとまったお金が必要となるため、事務所の規模に応じて用意する資金も変化します。

大きな事務所が必要となるなら、それに応じた資金を準備するように意識しなければなりません。

ただ、ハウスクリーニングは事務所で何かしらの仕事をする業種ではありません。

事務所は必要となるものの、基本的にはクライアント先に出向いてクリーニングをする仕事です。

そのため、必要以上に大きな事務所を用意するのではなく、必要最低限の事務所にして必要な資金も抑えたほうが良いでしょう。

また、ハウスクリーニングを行うにあたりクライアント先へ出向く車両が必要です。

クリーニング機材は大きなものや重いものが含まれるため、移動用の車両は必須です。

軽自動車などでも差し支えないため、最低限の機材は運べるようにしましょう。

なお、個人で独立する場合は新規に取得するのではなく自家用車を使い回す選択肢もあります。

他にも、ハウスクリーニングを営むために必要な機材を購入しなければなりません。

必要となる機材はどのようなハウスクリーニング業を営むかによって異なるため、独立の際に決めておくと良いでしょう。

機材が豊富なほど独立した後に多くの案件を獲得できますが、独立時に必要な資金も高額になります。

徐々に機材を充実させるなど、独立時の初期費用が高額になりすぎないように調節するのもおすすめです。

独立後の運転資金

続いては独立するために必要な運転資金を考えます。

例えば独立すると以下の運転資金が必要です。

  • 賃貸料
  • 人件費
  • 車両の維持費
  • 消耗品
  • 広告宣伝費

まずは事務所を賃貸で契約している場合、毎月の賃貸料を支払わなければなりません。

どの程度の賃貸料が発生するかは、契約している事務所の規模によって左右されます。

大きな規模を契約すると運転資金が高額になるため、初期費用と合わせて事務所の契約についてはよく考えておかなければなりません。

また、独立してからハウスクリーニング業を共にする従業員を雇うと人件費が必要です。

ハウスクリーニングは1人で営むことも可能ですが、規模の拡大などによって人を雇うかもしれません。

最初から人を雇ってハウスクリーニング業を営む場合は、人件費についてよく考えておきましょう。

他にもハウスクリーニング業では様々な消耗品が必要です。

クリーニングに利用するものは使い捨てのものも多く、これらについては定期的に購入しなければなりません。

また、設備については壊れてしまう可能性があり、初期費用だけではなく事業が始まってから買い直す費用についても考えておかなければなりません。

消耗品とは少々異なりますが、ハウスクリーニングの移動で必須の車両にも維持費がかかります。

ガソリン代はもちろん車両を綺麗に保つためのメンテナンスなども必要で、これらにかかる費用についても意識しておくべきです。

状況によっては広告宣伝をしなければならず、これについても費用が発生します。

宣伝する規模によって発生する費用は大きく異なるため、ここも意識しておくと良いでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ハウスクリーニングで独立する3つの方法

ハウスクリーニング業を営むにあたり、独立する方法は大きく分けて3つあります。

  1. 個人でハウスクリーニングを開始する
  2. ハウスクリーニングで会社設立する
  3. ハウスクリーニングでフランチャイズに加盟する

それぞれ、どのような独立方法であるのか以下でご説明します。

個人でハウスクリーニングを開始する

最も簡単なのは個人のハウスクリーニング業として独立することです。

個人で独立すれば独立の際に必要な手続きが少なくて済むため、スムーズに独立できます。

個人の場合、働き方としてはフリーランスや個人事業主としてハウスクリーニング業を営むことになります。

必要に応じて税務署に開業届などを提出して、ハウスクリーニングを開始するようにしましょう。

開業届の提出は必須ではありませんが、提出すると青色申告が選択できるようになるなどメリットがあります。

また、個人で開業する場合は手続きなどにあまりお金が必要となりません。

法人の場合は登録免許税などが必要となりますが、個人ならばそのようなお金が発生しないのです。

手続きが簡単かつ手続きに必要な費用も抑えられるのは個人です。

ただ、個人は法人よりも信用力が低いとのイメージが世の中にはあります。

そのため、「個人のハウスクリーニングは利用したくない」といった人が一定数いるでしょう。

実績を積めばそのような懸念も払拭はできますが、最初はマイナス要素となってしまうかもしれません。

<関連記事>

ハウスクリーニングで会社設立する

独立してハウスクリーニングを行うための会社を設立する方法があります。

個人として独立するのではなく、法人の設立として独立するのです。

一般的に個人よりも法人の方が社会的信用力が高まります。

そのため可能であれば、独立して会社設立をし、そこでハウスクリーニング業を営むようにするべきです。

社会的信用力が高い方がビジネスをスムーズに進めやすくなります。

ただ、会社設立は個人とは異なり非常に時間を要するものです。

様々な書類を作成したり発行してもらったりする必要がありますし、届出に利用する印鑑なども作成しなければなりません。

個人とは比較にならないほどの手間がかかります。

なお、独立にあたり会社設立の手続きが難しい場合は、経営サポートプラスアルファにご相談ください。

24時間手数料無料で会社設立のサポートを承ります。

ハウスクリーニングでフランチャイズに加盟する

ハウスクリーニングの中には、フランチャイズで展開されているものがあります。

独立の機会にそのようなものに加盟するのも良いでしょう。

フランチャイズに加盟する場合、個人で加入できる場合と法人でのみ加入できる場合があります。

法人でのみ加入できる場合は、上記でも説明したとおりまずは法人登記をしてフランチャイズへの申し込みをしなければなりません。

フランチャイズに加入するとなると、ブランドごとに定められた条件を満たさなければなりません。

また、ある程度は費用負担が発生する場合があり、ハウスクリーニングでの独立時に負担がかかってしまいます。

ただ、有名なフランチャイズのブランドに加盟できれば、仕事を受注しやすくなります。

フランチャイズならば自然とハウスクリーニングの依頼が来る可能性があり、独立してからの仕事はやりやすいでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

ハウスクリーニングで独立する方法についてご説明しました。

ハウスクリーニングは独立する際に必要なものが少なく、比較的独立しやすい業種です。

極論を述べると清掃道具さえあれば独立できるため、ハードルは非常に低いと言えるでしょう。

また、独立方法についても個人と法人の選択肢があり、自分の都合の良い方法を選択できます。

個人にも法人にもそれぞれメリットやデメリットがあるため、自分なりに納得できる方法を選択すると良いでしょう。

なお、ハウスクリーニングでの独立に法人を選択する場合、会社設立の手続きをしなければなりません。

これには様々な作業があり独立の準備をしながらでは負担になるかもしれません。

そのような時は会社設立のプロである、経営サポートプラスアルファにご相談ください。

24時間受付かつ手数料無料で皆さんの会社設立をサポートします。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE