一人でも会社は作れる!会社を作るメリット・デメリットを解説

一人で会社を作るといえば、個人事業主をイメージされる人が多いようです。
なんとなく個人事業主も会社として認識している人が多く、「個人事業主を会社と呼んでいるのか」と感じる人がいます。

しかし、実際には一人で株式会社や合同会社などの会社を設立できます。
一人でも個人事業主ではなく法人の設立が可能なのです。
今回は一人で会社を作る場合について解説していきます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

一人で会社を作ることは可能

一人で会社を作ることについて疑問を持つ人がいるかもしれません。
冒頭でも述べたとおり「一人で会社を作ると個人事業主なのではないか」と考えてる人がいるぐらいです。
まずは一人で会社を作ることは可能であるという事実を解説します。

新会社法では一人で会社が作れる

2006年に施行された新会社法では、一人でも会社を作れるようになりました。
この事実が意外と知られていないため、「一人で会社を作るのは不可能だ」と感じている人がいるのかもしれません。
実際、新会社法が施行される前は株式会社を設立するために「取締役3名以上」「監査役1名以上」の就任との条件がありました。

しかし、繰り返しですが現在は上記のルールがなくなり役員一人での会社設立が可能となりました。
つまり他に取締役がいなくとも社員を雇っていなくとも、一人で会社を作ることが可能となったのです。
個人事業主ではなく一人社長として会社を運営できます。

一人で作る会社の形態

そもそも会社は1種類ではなく以下のとおり複数の形態があります。

  • 株式会社
  • 合同会社
  • 合名会社
  • 合資会社

一人で会社を作る場合、これら全てが対象となるわけではありません。
一人で会社を作るならば対象となるのは「株式会社」「合同会社」「合名会社」の3つのみです。
以下では一人で作れる会社のこれら3つを簡単にご説明します。

株式会社

会社を作ると言えば株式会社をイメージするケースが多いです。
多くの会社が株式会社として作られていますので、法人化する場合は株式会社が多く選択されます。

株式会社は株式を発行して、株主から資金を調達する法人を指します。
会社を作る際も株式を発行しますし、追加で資金を調達したい場合も株式を発行できます。

ただ、株式会社の設立には様々な書類作成が必要など少々時間がかかります。
そのため一人で会社を作る際は、会社の設立作業がやや負担になる可能性はあります。

合同会社

合同会社はLLCとも呼ばれる、新しい会社の形態です。
新会社法が施行されてから認められるようになったものです。

株式会社とは異なり合同会社は会社設立のハードルが低く設定されています。
例えば定款の認証作業は必要ありませんし、設立に必要な書類数が少なくなっています。

また、株式を発行する必要がありません。
つまり、株主総会などを開く必要がないのです。
そのため役員だけで重要な事項は決定できますので、会社としての意思決定が速くなっています。

一人で会社を作る場合は、株式会社でも合同会社でも意思決定のスピードに変化はないかもしれません。
ただ、会社の特性を見てみると、株式会社よりも合同会社の方に意思決定のスピード面では利点があります。

合名会社

合名会社は社員が出資者となる会社の形態です。
株式会社や合同会社と異なるのは、会社の債権者に対して直接連帯責任を負う点です。
つまり、有限責任社員ではなく無限責任社員だけで構成されます。

無限責任の社員が必要という点以外は、合同会社とほとんど差がありません。
そのため一人で作る会社には含まれるものの、ほとんど設立されていない形態です。
全ての会社の中でも合名会社は1%未満しか占めておらず、一人で会社を作るにあたりあえて選択する必要はないでしょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

一人で作る会社と個人事業主の違い

一人で作る会社と個人事業主の差がイメージしにくいかもしれません。
これらの大きな違いは「誰が事業をしているか」です。

一人で作る会社はあくまでも「会社」が事業を行っています。
「法人格」と呼ばれる擬似的な人格が存在し、それが事業を行っていると考えられているのです。

それに対して個人事業主は「個人」が事業を行っています。
そもそも個人には人格が存在していますので、それが事業を行っていると考えられるのです。

働き方の実態としては一人で作る会社も個人事業主も大きな違いは見られないケースがあります。
ただ、法律的な観点からは一人で作る会社と個人事業主は異なります。
例えば売上があった場合、一人で作る会社は会社に対してお金に入りますが、個人事業主は個人に対してお金が入ります。
これは一例ですが、事業を行う「人格」の違いが、お金の流れ・契約の流れなど多くの違いを生み出します。

一人で会社を作る3つのメリット

一人で会社を作るメリットを3つ解説します。

会社を作るメリット1:社会的信用力が増す

一般的に会社を作ると社会的信用力が増すと考えられています。
これは個人事業主は「個人」ですが、株式会社は「法人」だからです。
世の中のイメージとして法人のほうが信用力が高いと考えられているのです。

この背景としては、会社の設立に手間とお金がかかることが挙げられます。
個人事業主とは異なり会社設立には登記費用など多くのお金がかかります。
また、設立に必要な書類の数も大きく異なり準備に時間を要します。
このような手順を踏んで会社は設立されているため、信用力が高いとの結論に至るのです。

一人で会社を作ると実態は個人事業主と大きな差が出ないかもしれません。
ただ、「個人」と「法人」では社会的な信用力が大きく異なります。
一人でも会社を作ると信用力面でメリットがあるのです。

会社を作るメリット2:節税できる可能性が高い

会社を設立すると個人事業主とは異なり法人税が発生します。
この法人税の税率は原則一定ですので、個人事業主の累進課税よりも税率が下がる可能性があります。
結果、支払う税金が少なくなり節税できる可能性が高まります。

また、会社は個人事業主よりも経費で認められる支払いの幅が大きくなる特徴があります。
個人事業主の場合は経費と認められないような支払いでも、会社から支払いをしていれば経費となるのです。
もちろん事業に関係する支払いであることは大前提ですが、個人利用だと疑われる可能性が格段に下がります。

また、家族へ給与が支払えるようになったり、欠損金を10年間繰越できる特徴もあります。
これらの特徴を活用すれば適切に経費の金額を増やせるのです。
結果、法人税の金額が下がる節税効果が期待できます。

会社を作るメリット3:資金調達がしやすい

会社を作ると個人事業主よりも資源調達がしやすくなります。
そのため、一人でも会社を設立すると、資金面で安定するメリットがあります。

まず会社を設立すれば、銀行からの借り入れがしやすくなります。
一人でも会社を設立すると銀行は会社に対してお金を貸し付けしてくれるのです。
一般的に会社は個人事業主よりも信用力が高いですので、貸し付けの審査に通過しやすくなったり、高額な融資を認めてもらえたりする可能性があるのです。

また、株式会社の場合は、新規に株式を発行すれば資金調達ができます。
一人で株式を購入する方法がありますし、親族などに購入してもらう方法もあります。
購入する対象は誰であれ、株式発行で資金調達ができるメリットもあるのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

一人で会社を作る2つのデメリット

続いて一人で会社を作るデメリットを2つ解説します。

会社を作るデメリット1:確定申告が複雑になる

会社を作ると会社としての確定申告をしなければならなくなります。
個人事業主の場合は個人と個人事業主の確定申告を同時に済ませられましたが、会社を作るとそのようにはいきません。

一人で会社を作る場合でも、会社は会社の確定申告作業があります。
これとは別に自分の確定申告作業をしなければなりませんので、純粋に確定申告の作業が増えてしまいます。
作業が複雑かつ増えてしまう点がデメリットです。

しかも、会社としてやらなければならない確定申告は、個人事業主のものと比較すると複雑です。
一人で対応できない場合も多々あり、税理士などに依頼して確定申告をしてもらわなければならないケースがあります。

ただ、会社としての確定申告をしますので、そのぶん個人としての確定申告は内容が減ります。
例えば個人事業主として計上していた領収書は、会社の確定申告に計上するようになるわけです。
個人の確定申告は作業量が減る点は押さえておきましょう。

会社を作るデメリット2:個人と法人の資産が明確に区別される

一人で会社を設立すると、会社の資産と個人の資産が明確に分離されてしまいます。
個人事業主の場合は曖昧な部分がありますので、この違いを理解しておかなければなりません。

例えば仕事に利用するためのパソコンを購入するケースを考えます。
個人事業主の場合は、仕事に利用するためのパソコンも個人に利用するためのパソコンも資産としての取扱いにほとんど差がありません。
厳密には分離して管理するべきですが、一体化されているのが現状です。

それに対して会社の場合は、会社としてパソコンを購入します。
一人で会社を設立した場合でも、パソコンの持ち主は会社になってしまいます。
個人の資産ではなく明確に会社の資産というわけです。

また、別の例では売上が立った場合、個人事業主では自分の銀行口座に振り込みされます。
しかし、会社では会社用の銀行口座に振り込みされます。
基本的には会社用の銀行口座から個人の口座に勝手にお金は移動できず、自分で立ち上げた会社でも個別管理が必要なのです。

事業を行っていたり自分自身が生活するにあたり、資産がどちらにあるのかは重要な部分です。
会社を設立すると明確に会社のものとなり、自由に使えなくなる可能性がある点はデメリットです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

一人で会社を作る場合のまとめ

一人で会社を作る場合について解説しました。
現在は新会社法が施行されていますので、一人でも会社設立はできます。
以前は一人では会社を作れませんでしたが、現在は状況が変わっているのです。

ただ、一人で会社を作るとメリットとデメリットが発生します。
どちらも会社運営や生活に関わっていきますので、内容を吟味して一人で会社を作るべきか考えた方が良いでしょう。

もし、悩んでも自分で結論が出ない場合は、専門集団の「経営サポートプラスアルファ」にご相談ください。
皆さんの状況をヒアリングして、一人で会社を作るべきか的確なアドバイスをします。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE