インフラエンジニアとして独立して成功できるの?メリットや注意点を確認

インフラエンジニアとしてスキルや実績を積んだなら、独立することを考えるかもしれません。

独立することでインフラエンジニアとしてのスキルをより発揮することができる期待を持てるからです。

会社を辞めて、インフラエンジニアとして独立するということは決して簡単ではありません。

独立することはリスクも伴うため、その点を確認して検討する必要があります。

インフラエンジニアとして独立する際の成功のポイント、また注意点について内容を紹介しましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

インフラエンジニアの独立のメリット

インフラエンジニアとして独立することにはメリットがあります。

独立して、どのようなメリットがあるのか知っておくことで、ポジティブに考えることができるでしょう。

インフラエンジニアの独立のメリットは以下のようになっています。

年収を上げられる可能性がある

インフラエンジニアとして独立した場合、年収を上げられる可能性があります。

インフラエンジニアはオンプレミスやクラウドなど、専門性の高い仕事を行うことが可能です。

そのため、他のエンジニアと比較すると競争率が低く、効率よく依頼を受注すれば収入アップできる見込みがあります。

インフラエンジニアとして、ある程度業務をこなすことができるなら、スキルに関しては問題なく、依頼は完遂することもできるでしょう。

しかし従業員であればスキルがあったとしても給与は決まっているので、依頼をどんなにこなしても収入を上げることはできません。

しかし、独立すれば依頼をこなして納品した分だけ、収入をどんどん増やすことができます。

独立したインフラエンジニアの中には年収が1,000万円を超える人もいます。

年収アップを目指すなら、インフラエンジニアでの独立を考えてみましょう。

自分で仕事の計画を立てられる

インフラエンジニアとして独立した場合、自分で仕事の計画を立てることができます。

会社の従業員として働いているなら、自分のやりたくない仕事やキャリアアップに繋がらない業務を任されるなど、自分で自由に仕事を選択することができません。

また、1週間に5、6日は出勤しなくてはならず、自分のペースで仕事を行うのも難しいです。

しかし、インフラエンジニアとして独立することで、自分で仕事の計画を立てることができます。

仕事をいつ行うのか、いつ休むのか全て自分で決定できます。

もし、朝ゆっくり起きて仕事をしたいなら、仕事時間を遅くして働くことも可能です。

また、1週間に3〜4日の仕事で働くなど、勤務日数も自由に変更して働くことが可能です。

仕事内容も依頼内容を確認して、自分が行いたい仕事のみを選ぶことができるので、理想のキャリアを目指すこともできます。

自分らしい働き方をしたいなら独立した方が実現しやすいでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

インフラエンジニアとして独立するデメリットとは?

インフラエンジニアとして独立することは、メリットだけでなくデメリットもあります。

しっかりデメリットを確認しておくことで、リスクを踏まえて独立を考えることができます。

デメリットは以下のようになっているので確認してください。

仕事が不安定になる可能性がある

独立すると仕事が不安定になるかもしれません。

インフラエンジニアとして独立し始めは知名度もないことから、クライアントから依頼がくること自体少ないかもしれません。

また、ある時期は忙しくて収入が多く入ってもある時期は全く受注がこないなど、受注を毎月安定して受けられるとも限りません。

継続的に依頼してもらっていたクライアントから急に打ち切られる可能性もあるなど、収入においては不安定になる部分も多いです。

会社の従業員として勤務しているときは収入においては毎月変動することはないので安心できますが、独立したならばそうはいきません。

独立することで収入アップの可能性は膨らみますが、収入がゼロになるリスクも同時に抱えていることを忘れてはいけません。

社会的信用が低くなる

インフラエンジニアとして独立すると、社会的信用が低くなる可能性もあります。

インフラエンジニアとしてフリーランスや個人事業主、または会社設立をすると、社会的信用は従業員のときよりも低くなります。

今までであれば組めていたローンが組めなくなることや、クレジットカードの審査に落ちてしまうということが想定されます。

もし、インフラエンジニアとして独立してから、新居の購入やクレジットカードの発行を考えているなら、スムーズに審査を通過することができない可能性もあります。

もし新居やクレジットカードの発行を考えているならば、従業員として働いているときに審査をしておいた方がいいでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

インフラエンジニアとして独立して成功するための秘訣とは?

インフラエンジニアとして独立して成功したいなら、秘訣を確認しておくことが大事です。

インフラエンジニアとして独立するなら、成功する確率を上げておく必要はあるでしょう。

どのような秘訣があるのか確認してください。

インフラエンジニアとして必要なスキルを習得する

インフラエンジニアとして成功したいなら、必要なスキルを習得するようにしましょう。

インフラエンジニアとして幅広い知識とスキルを持っているならば、いろいろな案件を受注することが可能です。

インフラエンジニアとして習得しておきたいスキルは、例えばネットワークやサーバークラウド、コミュニケーション能力です。

ネットワークやサーバー全般のスキルを習得しておくことで、設計や構築、運用を行うことができます。

また、企業の中にはクラウドへの移行を考えているところも多いので、クラウドの知識とスキルがあれば、クラウド関連の仕事へ幅を広げることも可能です。

また、クライアントの要望を理解するためには、コミュニケーション能力も重要です。

要望に合わない作業を行うとなると修正が多くなり手間と時間がかかります。

しっかりコミュニケーションを取ることで、ミスマッチを防げるので、必要なスキルとして考えておきましょう。

インフラエンジニアの案件傾向を確認

インフラエンジニアとして独立して成功したいなら、案件傾向を確認しておくことも大事です。

インフラエンジニアの案件には傾向があり、まず1つ目は客先常駐案件であることです。

客先常駐案件とは、クライアント企業に常駐する働き方であり在宅で行う仕事ではないことです。

依頼先が遠い場合は通勤だけでかなりの時間がかかるので、大きな負担になることもあります。

2つ目はプロジェクトの期間が長いことです。

インフラエンジニアはインフラの設計や構築自体が長期間を要してしまい、サービス運用がスタートした後も保守や監視の仕事を任されることもあります。

1つ案件を受注すれば、それに付きっきりになってしまう傾向があるので期間と依頼内容の確認はしておきましょう。

資格を取得しておく

インフラエンジニアとして独立するなら資格を取得しておくのも良い方法です。

インフラエンジニアとしてのスキルを持っていたとしても、スキルがあることやその価値が伝わらなければ受注につながらないかもしれません。

そのため、資格を習得してクライアントから信頼や魅力を感じてもらうことがおすすめです。

特に、インフラエンジニアとしておすすめしたい資格は基本情報技術者試験、AWS認定、Linux技術者認定の3つです。

基本情報技術者試験を取得しておくことで、サーバーやネットワークに関して最低限基礎的な知識を備えていることを証明できます。

国家資格なのでクライアントにも大きなアピールとなるでしょう。

AWS認定はシステム開発の知識からサーバー、ネットワーク、セキュリティ、ハードウェアなどの知識を身に付けている証明となります。

Linux技術者認定はサーバーの構築と運用、管理についての技術力を証明する資格であり、また仮想化技術においても証明できます。

仮想化技術はインフラエンジニアのスキルの中でも高度なものなので、取得しておくとクライアントからの信頼は大きくなるでしょう。

もし、独立するなら3つの中のどれかを習得しておくことがおすすめです。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

インフラエンジニアとして独立する際の注意点

インフラエンジニアとして独立を考えているなら、注意点を確認しておくことが大事です。

インフラエンジニアとして独立の注意点が分かればトラブルを防止することができます。

どのような注意点があるのか紹介しましょう。

インフラエンジニアとしての案件単価を確認

インフラエンジニアで独立して依頼を受注するときは、単価を確認するようにしましょう。インフラエンジニアの単価は高めの設定が多く、経験が豊富なほど優遇されます。インフラエンジニアとして5年以上の経験があるなら客先常駐案件1ヶ月でも単価が80万円から100万円ほど得ることが可能です。

スキルや知識があるなら、案件単価はさらに高額になることもあるので、収入アップは大きく期待できます。

ただ、インフラエンジニアは業務時間を確認して受注する必要があります。

インフラエンジニアの業務は長時間になることや不規則になりやすいです。

長時間勤務が続き、朝早くから夜遅くまでの仕事が続くようになると、いくら単価が高くても時給換算すると低くなってしまうことがあります。

依頼された際の単価と労働時間を確認しておかないと単価相場が安くなる可能性があるので、受注するときは仕事内容をクライアントに確認してから引き受けるように注意してください。

しっかりマネジメントして仕事を行う

インフラエンジニアとして独立したならばマネジメントするスキルが大事です。

従業員のときと違い、全ての分野を自分で管理しなくてはいけません。

業務を行うことはもちろん、経理に営業など、しなくてはいけない作業が増えることもあるでしょう。

もし、作業する量が増えてしまうと疲労がかなり溜まってしまい、ストレスが増加してしまうことも考えられます。

また、自分の健康やプライベートと仕事の境界線を引くことも大事です。

体調を崩してしまって長期入院することになれば、仕事を行うことができなくなるので収入が途絶えてしまうことになります。

仕事とプライベートを分けておかないと、作業が曖昧になってしまい長時間労働に繋がってしまうこともあるでしょう。

独立すると、誰からのサポートも期待することができなくなり、全て自分で責任を取らなくてはいけません。

そのため、しっかり仕事量の調整や体調管理、気持ちの線引きなどのマネジメントを行えるのか、自己分析をしてから独立するようにしましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

インフラエンジニアの独立を成功させよう

インフラエンジニアとして独立するポイントについて内容を紹介してきました。

独立は簡単ではありませんが、しっかりメリットやデメリット、成功の秘訣、注意点を確認しておくことが大事です。

それぞれのポイントを把握して自己分析していくことで、インフラエンジニアの独立の成功率を高めることができるでしょう。

もし少しでもインフラエンジニアでの独立を考えている方は経営サポートプラスアルファまでご相談ください。

独立して会社を設立するまで、何度でも無料で相談を受け付けています。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE