ゴールデンウィークの会社設立はできるのか?相談できる会社設立代行も紹介!!

ゴールデンウィークも会社設立できるのか

ゴールデンウィークは、会社が休みなので里帰りやレジャーを楽しむ人も多いですよね?みなさんが遊んでいるときに、将来を見据えて会社設立をしたい人もいるかもしれません。

ライバルがゴールデンウィークで浮かれている時に、会社設立の準備をすれば差を付けられます。ここからは、ゴールデンウィークの会社設立ができるのかを紹介します。

ゴールデンウィークは、会社設立の手続きができない

ゴールデンウィークは、会社設立の手続きができません。なぜなら、定款の認証をする「公証役場」や登記申請をする「法務局」が営業していないからです。

法務局の休業日は、土日祝日・国民の祝日、年末年始となります。ゴールデンウィークは、国民の祝日に当たるので、法務局は営業していません。

最短で会社設立したい人は、ゴールデンウィーク後の平日を狙いましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ゴールデンウィーク後に会社設立をしたい人向けの注意点

ゴールデンウィーク後に会社設立したい人へ、3つの注意点を紹介します。注意点を知らないと損するので、ゴールデンウィーク後の会社設立前に確認してください。

【ゴールデンウィーク後に会社設立したい人向けの注意点】会社設立日は、ゴールデンウィーク後の平日

ゴールデンウィーク後の会社設立を目指している人は、記念日や縁起のいい日を選びたいかもしれません。または、覚えやすい月初にしたい人もいるでしょう。

会社設立日は、法務局へ登記書類を申請した日です。法務局が営業していないゴールデンウィーク中は、会社設立の手続きができません。

ゴールデンウィーク後の平日であれば、法務局での登記申請はできます。株式会社であれば、公証役場の定款認証も必要なので、合同会社よりも手間と時間がかかります。

ゴールデンウィーク後に会社設立日にしたい人は、定款作成の準備をしてください。ゴールデンウィーク中に準備をすれば、スムーズな会社設立の手続きができます。

【ゴールデンウィークの会社設立したい人向けの注意点】登記完了日は、登記申請から1週間~2週間ほどかかる

会社設立日とは、法務局へ登記申請をした日だと分かりましたね。会社設立日と名前が似ている「登記申請日」もあるので、勘違いする人もいるでしょう。

登記完了日は、会社設立日から1週間~2週間後を指します。あなたの登記書類を法務局がチェックをして、承認されると登記簿謄本の受取ができます。

登記簿謄本は、法人口座やクレジットカード作成に欠かせません。とりあえず、登記簿謄本は、登記完了日にならないともらえない書類と覚えましょう。

ゴールデンウィーク前後に会社設立したい人の登記簿謄本作成スケジュールは、こちらを参考にしてください。

【ゴールデンウィーク前後の登記簿謄本作成スケジュール一覧】

  ■ゴールデンウィーク前の4月25日頃に会社設立

  • 5月16日頃に登記簿謄本を完成

  ■ゴールデンウィーク後に会社設立

  • 5月24日頃に登記簿謄本が完成

【ゴールデンウィークの会社設立したい人向けの注意点】決算月は、4月にした方がいい

ゴールデンウィーク中に会社設立したい人は、決算月を4月にしてください。なぜなら、消費税の支払いや手数料の節約になるからです。

例えば、決算月4月にすれば、5月に会社設立をすれば1年目の期間が延びます。上記のような対策をすれば、消費税や決算申告料金が安くなるので、節税対策として効果的ではないでしょうか?

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ゴールデンウィーク後の会社設立を最短でする3つの条件

ゴールデンウィークに会社設立の準備をして、スムーズに会社設立の手続きをしたい人もいるでしょう。ここからは、ゴールデンウィーク後の会社設立を最短でする3つの条件を紹介します。

【最短でゴールデンウィークの会社設立をする条件1】設立方法は「発起設立」にする

ゴールデンウィーク後の会社設立を最短でしたい人は「発起設立」を選びましょう。会社設立には、以下のような2つの設立方法があります。

【会社設立における2つの設立方法】

  • 発起設立
  • 募集設立

発起設立では、すべての株式を発起人が保有します。 募集設立は、一部の株式を発起人に、 残りの株式は株主が保有する方法です。

募集設立では株主を募集しなければならず、時間と手間がかかります。発起設立であれば、発起人が1人でもいいので、スムーズな会社設立の手続きができます。 

発起設立では、資本金の支払い時の通帳コピーがあればOKです。募集設立になると公的機関の保証書が必要になります。

手続きのしやすさからも、発起設立が選んでください。なぜなら、中小企業のほとんどが、発起設立による会社設立を選んでいるからです。

【最短でゴールデンウィークの会社設立をする条件2】現物出資ではなく、資本金を用意する

ゴールデンウィーク後の会社設立を最短でしたい人は、現物出資ではなく資本金を用意してください。

現物出資は、資本金の支払いを自動車、家、株式ですることです。現物出資なら、現金を用意しなくても資本金を増資できます。

しかし、書類作成や手続きに時間がかかるため、ゴールデンウィーク後の会社設立をしたい人に向いています。

【ゴールデンウィークの会社設立を最短でする3つの条件】電子定款を利用する

ゴールデンウィーク後の会社設立を最短でしたい人は、電子定款を利用してください。電子定款を利用すれば、自宅からの申請ができるからです。

受付時間は、平日21時なので窓口よりも申請時間が長くなります。公証役場の受付時間が17時15分のため、約3時間ぐらい受付時間が伸びるでしょう。

電子定款の申請したい人は「ゴールデンウィークの会社設立を最短でする手順」で紹介する「電子定款 の申請・受け取り」も確認してください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ゴールデンウィーク中にすべき会社設立の準備

ゴールデンウィーク中は、会社設立の準備期間におすすめです。しかし、会社設立の手順が分からなければ、手続きが進まないですよね?

ここからは、ゴールデンウィークにしてほしい会社設立の準備を紹介します。ゴールデンウィーク後に法務局で登記申請ができるように、やることリストの作成もおすすめです。

【ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備1】発起人を決める

ゴールデンウィークの会社設立準備は、発起人を決めることから始まります。発起人は、資本金を出資したり、会社設立の手続きをする人をいいます。

役割別の責任の取り方は、こちらを参考にしてください。

■役員

  • 会社で起きたことの責任がある。

■発起人

  • 会社設立手続きに関する責任がある。

発起人1人でも問題ありませんが、複数人でも問題ありません。発起人は、会社設立の手続きに関係する人なら、資格がなくても発起人をできます。

【ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備2】会社名を決める

ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備では、会社名を決めましょう。重要度は高くありませんが、決めなければいけない項目です。

例えば、株式会社であれば「〇〇〇株式会社/株式会社〇〇〇」で、合同会社なら「〇〇〇合同会社/〇〇〇合同会社」のような形式にしてください。

会社名は、自由に決められますが、守らなければいけないルールがあります。大手企業と似ている会社名にすると、商標権の侵害で訴えられます。

【会社名を決めるルール一覧】

■文字

  • ひらがな
  • カタカナ
  • 漢字
  • ローマ字(小文字・大文字どちらもOK)
  • アラビア文字(0,1,2,3,4,5,6,7.8.9))

■符号

  • & (アンドサンド)
  • ’ (アポストロフィー)
  • ,(コンマ)
  • -(ハイフン)
  • ・  (中点)
  • .(ピリオド)

上記の文字や符号を使いながら、会社名を決めましょう。例えば、株式会社AZXという会社名も付けられますが、読みにくいとユーザーや取引先からの評判が下がります。

読みやすい会社名にして、周りから愛される会社名にしましょう。また、会社名を決めるときは、特許庁の「特許情報プラットフォーム」で、会社名を検索してください。

同一住所だと同じ会社名が付けられなので、注意しましょう。

[INPIT]特許情報プラットフォーム(J-PlatPat) | 独立行政法人 …

この方法を試すことで、会社名に関するトラブルを避けられるでしょう。

【ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備3】会社の住所を決める

ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備は、本店の住所を決めることです。住んでいるマンションやアパートを本店の住所は、登記申請ができないので注意しましましょう。

ゴールデンウィーク後の会社設立前に、オーナーに登記申請ができるか確認をしてください。登記申請できなくて、費用もかけたくない人は、住所の貸し出しをするバーチャルオフィスを利用しましょう。

【ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備4】定款の作成

ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備は、定款の作成です。定款は、会社の憲法と言われていて、会社形態にかかわらず必須の書類になります。

記載内容は「絶対的記載事項」「相対的記載事項」「任意的記載事項」の3種類があり、絶対的記載事項以外は、会社によって記載内容が変わります。

定款の記載内容については、以下のリストを確認してください。

【定款作成で必須の絶対的記載事項】

  • 1:目的 
  • 2:商号 
  • 3:本店の所在地 
  • 4:設立に際して出資される財産の価額またはその最低額 
  • 5:発起人の氏名又は名称と住所 
  • 6:発行可能株式総数

【記載しないと有効にならない!!相対的記載事項】

  • 1:株式の譲渡制限に関する規定
  • 2:株主総会などの招集通知を出す期間の短縮
  • 3:株主総会を招集するには、通常2週間前までに通知(短縮もOK)
  • 4:役員の任期の伸長
  • 5:株券発行の定め
  • 6:現物出資
  • 7:財産引渡

【記載するのは自由!!任意的記載事項】

  • 1:事業年度
  • 2:取締役などの役員の数
  • 3:株主総会の議長
  • 4:定期株主総会の招集時期
  • 5:基準日

ゴールデンウィーク中に定款の作成をして、公証役場へ提出できる状態にしましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備5電子定款の作成

ゴールデンウィークにすべき会社設立準備は、電子定款の作成です。ゴールデンウィークは、公証役場が営業していないので、電子定款もできません。

ゴールデンウィーク中でも、電子定款の準備はできるため、事前に準備すれば会社設立の手続きも進みやすいでしょう。

電子定款作成で必要なものは、こちらを確認してください。

【電子定款の申請ツール一覧】

  • AdobeAcrobatDC
  • マイナンバーカード(1ヶ月程度で発行)
  • ICカードリーダー(2,000円~3,000円)
  • 電子証明書
  • PDF署名プラグイン
  • 申請用総合ソフト

電子定款に必要なPDF署名プラグインと申請用総合ソフトは、以下のリンクからダウンロードしましょう。
PDF署名プラグイン申請用総合ソフトのダウンロード

電子定款のツールを揃えたら、ゴールデンウィーク中に電子定款の作成をしましょう。まずは、作成した定款をPDF化します。

PDFの定款ができたら、ICカードリーダーでマイナンバーカードを読み込みます。最後に、PDF署名プラグインで電子定款へ追加してください。

ここまでが、ゴールデンウィーク中に行う電子定款の準備です。あとは「登記・供託オンライン申請システム」にアクセスすれば、ゴールデンウィーク明けに電子定款の申請ができます。

ゴールデンウィーク後に電子定款をしたら、登記先を統括する法務局へ「電子定款をしました」と伝えましょう。

これで、電子定款の手続きが完了します。

【ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備6】資本金を決める

ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備は、資本金を設定することです。新しい会社法になり、資本金1円での会社設立もできます。

資本金の平均額は、株式会社で3,000,000円~5,000,000円程度、合同会社で500,000円~3,000,000円程度です。

十分な資本金があれば、設備投資もできるので事業拡大もしやすいでしょう。資本金は、会社が安定するまでの運転資金です。資本金が少なすぎると、運営資金が不足するかもしれません。

とはいえ、資本金が10,000,000円以上になると、消費税の課税対象になるので注意してください。

【ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備7】資本金払込書の作成

ゴールデンウィークにすべき会社設立準備は、資本金払込書の作成です。資本金の振込を証明するために、銀行口座の通帳コピーを取らなければいけません。

払込証明書に利用する3つの通帳コピー箇所は、こちらを参考にしてください。

【払込証明書の通帳コピー箇所】

  • 通帳の表紙
  • 通帳の1枚目
  • 資本金の支払いがわかる部分

通帳コピーをホチキスしたら、資本金の払込証明書ができます。仕上げに資本金の払込証明書へ会社印を押してください。

【ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備8】役員報酬を決める

ゴールデンウィーク中にすべき会社設立の準備は、役員報酬額を決めることです。役員報酬を額を決めることは、安定な経営をするために欠かせません。なぜなら、役員報酬は経費で計上できないので、節税対策が必要だからです。

役員報酬を高くすると、経営が厳しくなるので注意してください。役員報酬は、事業規模や税金を考慮してから、適切な報酬を決めましょう。

さまざまなな会社設立代行業者がありますけど、ゴールデンウィークも相談できる「経営サポートプラスアルファ」に相談して、資本金を決めるのがベストではないでしょうか?

【ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備9】会社印の作成

ゴールデンウィーク中にすべき会社設立準備は、会社印の作成になります。会社印は、認印、実印、銀行印の3種類になります。

経営サポートプラスアルファのような会社設立代行へ依頼しても、会社印は欠かせません。素材にこだわりがなければ、会社印3本セットが5,000円~10,000円程度で購入できます。

経営サポートプラスアルファでは、会社印専門店の「安いんかん」を運営しています。黒水牛やチタン製の会社印3本セットが、5,000円~15,000円程度で購入できます。

会社設立代行+会社印作成を同時にできて、時間や手間がかかりません。

会社・法人設立に必要な会社印鑑3本セットが どこよりも安い!破格の業界最安値

この記事でも解説

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ゴールデンウィークの会社設立を、スムーズに進めるには?

ゴールデンウィークの会社設立をするなら、必要な準備をしなければいけません。しかし、会社設立の初心者は、どんな申請が必要なのか分からないですよね?

会計ソフト会社が開発した「無料の会社設立ツール」もあるため、自分で会社設立することもできます。

しかし、会社設立を費用を節約できる「電子定款」を、操作に慣れていない初心者がするのは大変でしょう。

会社設立の手続きができても、設立後の申請書類も分からなくて「損する会社設立」をしてしまう人もいます。

会社設立の費用を節約したはずが、損するのはもったいないですよね?このような人は、会社設立の専門家に相談しましょう。

ゴールデンウィーク中の会社設立はできませんが、スタートダッシュを切るための準備はできます。ゴールデンウィークの時間の使い方次第では、ライバル会社よりもリードできるかもしれません。

一般的な税理士法人は、ゴールデンウィーク中に営業していないケースもあります。「それでは、会社設立の相談ができないじゃないか」と考えるかもしれません。

このような人でも、安心して相談できる会社設立代行が「経営サポートプラスアルファ」です。経営サポートプラスアルファでは、ゴールデンウィーク中の相談もできます。

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ゴールデンウィークの会社設立相談するなら「経営サポートプラスアルファ」

ゴールデンウィークの会社設立有無、注意点、条件、準備することを紹介しました。公証役場や法務局が営業していないため、ゴールデンウィーク中の会社設立ができません。

ゴールデンウィーク明けの会社設立を見据えて、 定款作成や資本金額を決めるなどの準備をした方が良いでしょう。

しかし、会社設立の初心者さんは、どのように手続きを進めればいいのか分からないですよね?そんな人におすすめしたいのが「ゴールデンウィークも相談できる経営サポートプラスアルファ」です。

ゴールデンウィーク中はもちろん、土日祝日や深夜の相談もできます。相談方法も、対面、電話、LINE、チャットワーク(Chatwork)、メールがあるので、選択肢が多いですね。オンライン相談もできるため、地方で会社設立をしたい人にもピッタリです。

経営サポートプラスアルファは、会社設立の書類作成や登記申請代行だけの受け身型ではありません。ゴールデンウィーク後に会社設立代行を利用したい人にも、安心のサポートがあります。

会社設立で大切なポイントは、会社ごとで変わります。事業拡大、資金調達、会社設立後の届出、人件費削減、節税対策など、正しい対策を知らないと「損する会社設立」となるでしょう。

経営サポートプラスアルファは、会社設立の専門家が揃っているので、安心して会社設立の手続きを代行できます。

スピーディな会社設立手続きができるため、丸投げしたい人にピッタリです。長期的に得する会社設立をしたい人は、経営サポートプラスアルファに相談しましょう。

会社設立の依頼先、どこがベスト

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE