会社設立は、無料で可能なのか?設立以外で無料にできるものを解説

会社設立と調べたら「無料プラン」や「代行手数料無料」というサイトを見かけませんか。たしかに「うまい話には、裏がある」とことわざもあるように、何かカラクリがあるのではと考える人もいるでしょう。

あとは「会社設立書類の無料作成サービス」もあります。
会社設立の一部を無料にできる方法を紹介します。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立は、無料にできるのか?

会社設立の費用を、無料にできるのでしょうか?
残念ながら、会社設立の費用は無料にできません。
「会社設立代行業者のホームページで、無料と書いていたのはウソ?」と考える人もいる人もいるでしょう。

これは、専門家の代行手数料が無料になるだけです。
無料で会社設立する会社設立代行業者は、少ないのが現状です。

基本的には、会社設立の費用がかかると考えてください。

会社設立の費用は、いくらかかる

会社設立を無料にする方法は、ありません。
では、会社設立でどれくらいの費用がかかるのか知りたいですよね?

会社設立の費用は、形態や定款の種類で変わります。
株式会社と合同会社の費用は、以下の表を参考にしてください。

【紙定款・電子定款別の会社設立費用】

手数料名紙定款利用時の会社設立費用電子定款利用時の会社設立費用
定款認証印紙代40,000円0円
定款認証手数料52,000円52,000円
登録免許税150,000円150,000円
会社設立代行費用0円0円
合計242,000円202,000円

つづいて、合同会社の会社設立費用を紹介します。

手数料名紙定款利用時の会社設立費用電子定款利用時の会社設立費用
定款認証印紙代40,000円0円
登録免許税60,000円60,000円
会社設立代行費用0円0円
合計100,000円60,000円

会社設立を代行業者に依頼すれば、電子定款の利用で印紙代無料です。
合同会社と株式会社の設立に問わず、40,000円の節約ができます。

会社設立代行業者のキャンペーンを除き、表のような費用が必要です。
最低60,000円~300,000円前後の費用を用意しましょう。

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立の手続きで、無料にできるものは何?

会社設立の費用を紹介しました。
株式会社よりも合同会社の費用が安いだけで、無料で会社設立できない事実が分かりましたよね?

「会社設立の中で、無料にできる部分はないか」と考える人もいるでしょう。
ここからは、会社設立の手続きで、無料にできるものを紹介します。

代行手数料が無料

会社設立で無料にできるのが「代行手数料」です。
代行手数料は、会社設立代行業者の依頼時に必要な費用になります。

多くの会社設立代行業者は、代行手数料が無料です。
なぜなら、顧問契約をして手数料を稼ぐからです。

あなたは、登録免許税を用意すれば、無料で会社設立の手続きを代行してもらえます。

会社設立代行業者には、行政書士、税理士、司法書士などの専門家がいます。
専門家がいなくても、他社と連携している場合が多いです。

以前は、代行手数料無料の業者は少なく、手数料を取るのが一般的でした。
「士業が食えなくなった」と言われるのも、このようなサービスが原因かもしれません。

無料の会社設立サービス

クラウド会計ソフト会社は、無料の会社設立サービスを提供しています。
会社設立に必要な書類作成が無料で、会社印の作成や法人口座開設のキャンペーンがあります。

会社設立の実費はかかりますが、専門家がいなくても基本事項や定款の作成が可能です。

ただし、専門家のチェックを受けられず、書類の不備を見つけられません。
間違った書類を申請すれば、会社設立の手続きが長引きます。

スピーディーな会社設立を希望している人は、経営サポートプラスアルファを利用しましょう。
専門家に書類作成と申請を丸投げできて、面倒な手続きが不要です。

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

代行手数料無料業者のカラクリ

「代行手数料が無料」という会社設立代行業者を見かけませんか?
「無料にしたら、利益が出ないのでは?」や「他のところでお金がかかるのでは」と感じる人もいるでしょう。

ここでは、代行手数料無料業者における2つのカラクリを紹介します。

会社設立後の顧問契約がするから

代行手数料が無料なのは、会社設立後の顧問契約があるからです。
代行手数料で稼げなくても、顧問契約をすれば月30,000円~50,000円程度の費用が入ってきます。

複数の経営者と契約をすれば、安定した利益が得られるのです。
会社設立代行業者は「会社設立の手続きは無料で、顧問契約をしたい」と考えています。

会社設立代行業者が、提携先の税理士などにあっせんしているケースもあります。
代行手数料無料にダマされずに、顧問契約手数料の比較をしましょう。

顧問契約しないと、代行手数料がかかる

代行手数料無料業者で顧問契約をしなければ、代行手数料が無料になりません。
顧問契約なしよりもありの会社設立費用が安く、トータルで損する人もいます。

会社設立後の経営を考えたら、顧問契約ありを選んでください。

会社設立の代行手数料無料業者は、良いのか?

会社設立の代行手数料無料業者は、利用しても良いのでしょうか?
無料と書かれていても、あやしいと感じている人もいます。

自分が会社設立する場合は、どのようなポイントで選べばいいのでしょうか?

代行手数料無料業者は、サービス内容が異なる

代行手数料無料業者は、サービス内容が異なります。
代行手数料無料業者の一部は、会社設立の書類作成代行をしても、アフターフォローはありません。

ほかにも、費用が安すぎる代行業者では、自分で申請書を作成するだけのサービスもあります。
費用を節約できても、会社設立の手続きをサポートがなければ、正しい書類なのか判断できません。

会社設立の手続きを丸投げできる「経営サポートプラスアルファ」なら、専門家による書類作成と申請代行ができます。

印鑑証明書の作成、会社印、資本金に払込すれば、会社設立の丸投げが可能です。
代行手数料無料で正しい書類を作成したい人は、会社設立代行業者を利用してください。

代行手数料が無料ではない業者って、どうなの?

会社設立代行業者の一部は、代行手数料が有効になります。
無料と有料業者の違いですが、会社設立時の顧問契約がありません。

顧問契約がなく、会社設立時の費用は高いです。「専門家と顧問契約をしたくない人」や「月々の費用をかけたくない人」は、代行手数料が有料の会社が良いです。

代行手数料無料の会社は、顧問契約をすれば節税対策や経営アドバイスもあります。
第三者の視点で、会社の弱みや強みが分かるでしょう。

長期的な会社運営をしたい人は、代行手数料無料の顧問契約あり業者を選んでください。
代行手数料無料業者により、顧問契約手数料は違います。
代行手数料無料で、売上高によって顧問手数料が違います。

会社設立代行業者のホームページを見て、顧問契約手数料を比較してください。
料金体系が分かりにくい会社設立代行業者は、避けてください。

代行手数料無料業者を利用すべき人

すべての経営者様に代行手数料無料業者はおすすめできません。
経営者様によって満足できるサービスは、違うからです。

会社設立、仕訳、決算申告ができたり、経理を雇っている場合は、会社設立代行が要らないです。

出来たばかりの会社で、人材を雇う余裕はありませんよね?
雇用形態によりますが、1人の経理を雇うのに、年300万円~400万円がかかります。
一方で、会社設立代行の顧問契約(税理士の場合)は、年120,000円~360,000円程度です。

経理1ヶ月分の給料で、仕訳、節税対策、決算申告ができるなら、代行業者無料業者がお得ですよね?

代行手数料無料業者は、顧問手数料が違う

代行手数料無料業者により、顧問契約手数料は違います。
代行手数料が無料でも、売上高によって顧問手数料は変わる代行業者もあります。

会社設立代行業者のホームページをチェックして、顧問契約手数料を比較してください。
料金体系がややこしい会社設立代行業者は、避けましょう。

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

無料の会社設立サービス

無料で利用できるものは、積極的に活用したいですよね?
ここからは、無料の会社設立サービスを紹介します。

freee会社設立

freee会社設立は、定款や登記書類の作成ができます。
決められた項目を埋れば、わずか5分で申請用の書類が作成できます。
専門用語が出てきた場合、丁寧な解説付きで初心者にも分かりやすいです。

会社設立後にする税務署、年金事務所の書類も作成できます。
代行手数料5,000円と安く、設立費用をかけたくない人におすすめでしょう。

会計freeeの契約もすれば、電子定款手数料も無料です。キャンペーンを狙えば、会社設立費用の節約もできます。

マネーフォワードクラウド会社設立

マネーフォワードクラウド会社設立は、3つのステップで登記書類が作成できます。
指定のフォームに必要事項を入力するだけなので、会社設立の初心者でも使いやすいです。

会社設立の書類作成はもちろん、会社印の購入、法人口座の作成、チャットサポートなど充実したサービスがあります。 

会社設立後の税務署、労働基準監督署、年金事務所への届出サポート付きで、会社設立後のサポートもバッチリです。

弥生のかんたん会社設立

弥生のかんたん会社設立は、ロングセラー会計ソフトでおなじみ「弥生」の書類作成サービスです。

指示どおりに入力をすれば、株式会社と合同会社の登記書類が作成できます。パソコンとスマホからの書類作成もできて、使いやすいですね。
※ほとんどの経営者様は、専門家による電子定款手数料も無料です。

ほかにも、時間をかけたくない人向けに「会計事務所紹介サービス」があります。
会社設立で悩む人に寄り添うサービスを展開しています。
※会社設立者が士業で代理設立をした場合、5,000円の電子定款作成費用がかかります。

無料登記ドットコム 

無料登記ドットコムは、10分で無料の会社設立ができるサービスです。
指示どおりに入力をすれば、自動的に会社設立の書類が作成できます。

利用するシステムは、専門家が監修しているので、登記申請用の正しい書類が作成できます。

「無料の会社設立サービスを利用したいが、不備のある書類ができそう」と不安な人は、試してはいかがでしょうか?

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立の代行手数料を無料にするなら、経営サポートプラスアルファへ

会社設立の代行手数料を無料したい人は、経営サポートプラスアルファに相談してください。
経営サポートプラスアルファでは、会社設立時の代行手数料が無料です。

会社設立代行専門の税理士法人で、設立後の決算申告や節税対策もできます。
あなたは、印鑑証明書、会社印、資本金の払込をすればOKです。

定款、登記申請書、印鑑届出書の作成は、経営サポートプラスアルファが代行します。
代行手数料が無料で、実費+顧問契約手数料(月額)しかかかりません。

オプションもないので、費用の節約もできます。
興味を持った経営者様は、LINEやチャットワーク(Chatwork)でお気軽に相談してください。

夜間や土日の相談もできるので、会社設立の疑問があれば問い合わせてください。

会社設立の代行手数料無料なら、どこがベスト

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE