会社設立はお盆もできるの?最短で会社設立する条件・手順・事例まで

会社設立は、お盆でもできる理由?

この記事を読んでいる人は、お盆でも会社設立ができるのか知りたいですよね?
お盆に会社設立ができるなら、手続きを進めたい人もいるでしょう。

そんな人に向けて、お盆でも会社設立ができる理由を紹介します。

【お盆でも会社設立ができる理由】登記先が営業しているから

お盆期間中でも、会社設立の手続きはできます。なぜなら、 公証役場や法務局は、お盆期間中(8月11日~16日頃)も営業しているからです。

土日祝日や年末年始のような休業日はなく 、登記申請もできます。経営サポートプラスアルファのような会社設立代行は、お盆期間中も営業をしています。

「お盆は長期休暇だから、会社設立の相談ができない」と考えないで、経営サポートプラスアルファへ相談してください。


会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

最短でお盆の会社設立をする3つの条件

お盆期間中に会社設立を済ませたい人もいますよね?すばやく会社設立したい人に向けて、お盆の会社設立を最短でする3つの条件を紹介します。

【最短でお盆の会社設立をする3つの条件】設立方法を選ぶ

最短でお盆の会社設立をするなら「発起設立を選ぶこと」です。会社設立には、以下のような2つの設立方法があるのを知っていますか? 

【会社設立における2つの設立方法】

  • 発起設立
  • 募集設立

発起設立では、すべての株式を発起人が保有します。 募集設立は、一部の株式を発起人保有して、 残りの株式は株主にシェアする方法です。

株主を募集しなければならず、会社設立まで時間がかかります。発起設立であれば、発起人1人でもいいため、スピーディーな会社設立が可能です。 

発起設立は、資本金の支払い時の通帳コピーだけで済みますが、募集設立だと公的機関の保証書も必要になります。

お盆の会社設立を楽にしたい人は、発起設立を選んでください。なぜなら、ほとんどの中小企業が、発起設立による会社設立を選んでいるからです。

【最短でお盆の会社設立をする3つの条件】現物出資を避けて、資本金を用意

最短でお盆の会社設立をするなら、現金出資を避けましょう。現物出資は、資本金の支払いを自動車、家、株式ですることです。現物出資なら、現金を用意しなくても資本金をアップできます。

ただし、書類作成や手続きに時間がかかるため、お盆期間中に会社設立をするなら現物出資を避けてください。

【お盆の会社設立を最短でする3つの条件】電子定款を利用する

最短でお盆の会社設立をするなら、電子定款を利用してください。なぜなら、電子定款を利用すれば、自宅からの申請ができるからです。

電子定款の受付時間は、平日の21時なので窓口よりも申請時間が長くなっています。公証役場の受付時間が17時15分のため、落ちついて登記申請ができます。

電子定款を申請できたら「お盆の会社設立を最短でする手順」で紹介する「電子定款 の申請・受け取り」に進んでください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

お盆の会社設立を最短でする手順

お盆の会社設立を最短でするには「発起設立」「現金での資本金を用意」「電子定款の利用」という3つの条件が必要でした。

上記の条件を踏まえて、お盆の会社設立を最短でする手順を紹介します。

【お盆の会社設立を最短でする手順1】基本情報の決めておく 

お盆の会社設立を最短でするには、基本情報を決めることです、基本情報とは、会社名や本店の住所などを決める手続きになります。

上記以外の情報は、こちらを参考にしてください。

【基本情報の項目リスト一覧】

  • 会社名(会社名の前後に株式会社/合同会社を付ける)
  • 本社の住所
  • 事業内容
  • 資本金額
  • 会社設立日(お盆OK/土日祝日は不可)
  • 事業年度
  • 発行株式数
  • 発行できる株式数
  • 役員構成
  • 告知方法(官報、新聞、ネット広告など)

資本金額によって消費税の支払い義務もあるので、くわしいことは経営サポートプラスアルファに相談してください。

【お盆の会社設立を最短でする手順2】会社印の作成

お盆の会社設立を最短でするには、会社印の作成もしましょう。会社設立までに用意できない人は、プライベートの印鑑で問題ありません。

会社設立をするなら、以下のような3つの印鑑を用意しましょう。

【会社設立時に必要な印鑑】

  • 実印
  • 銀行印
  • 実印

経営サポートプラスアルファでは、5,000円~15,000円で印鑑3本セットを用意できます。会社印の作成をしたら、市役所で印鑑証明書に2通発行してください。

そのあとは、経営サポートプラスアルファなど、会社設立代行へ依頼も必要です。会社印は、設立後の法人銀行口座やクレジットカード作成に利用するので、事前に用意してください。

会社・法人設立に必要な会社印鑑3本セットが どこよりも安い!破格の業界最安値

【お盆の会社設立を最短でする手順3】定款の作成

会社印を作成したら、電子定款の作成、申請。受け取りをします。定款の作成では、以下のような絶対的記載事項、相対的記載事項、任意的記載事項を書いてください。

【定款作成で必須の絶対的記載事項】

  1. 目的 
  2. 商号 
  3. 本店の所在地 
  4. 設立に際して出資される財産の価額またはその最低額 
  5. 発起人の氏名又は名称と住所 
  6. 発行可能株式総数

【記載しないと有効にならない!!相対的記載事項】

  1. 株式の譲渡制限に関する規定
  2. 株主総会などの招集通知を出す期間の短縮
  3. 株主総会を招集するには、通常2週間前までに通知(短縮もOK)
  4. 役員の任期の伸長
  5. 株券発行の定め
  6. 現物出資
  7. 財産引渡

【記載するのは自由!!任意的記載事項】

  1. 事業年度
  2. 取締役などの役員の数
  3. 株主総会の議長
  4. 定期株主総会の招集時期
  5. 基準日

絶対的記載事項以外は、会社によって必要な項目が違います。定款に追加するものが分からない経営者様は、経営サポートプラスアルファに相談しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

【お盆の会社設立を最短でする手順4】電子定款の申請

定款を作成したら、電子定款での申請をします。ここでは、以下のようなツール・ソフトウェアを揃えてください。

【電子定款の申請ツールリスト】

  • AdobeAcrobatDC
  • マイナンバーカード(1ヶ月程度で発行)
  • ICカードリーダー(2,000円~3,000円)
  • 電子証明書
  • PDF署名プラグイン
  • 申請用総合ソフト

PDF署名プラグインと申請用総合ソフトは、以下のリンクからダウンロードしてください。

PDF署名プラグイン

申請用総合ソフトのダウンロード

ソフトを揃えたら、定款をPDF化してください。ICカードリーダーでマイナンバーカードなどを読み込んでください。そのあとは、PDF署名プラグインで電子定款へ追加します。

ここまでが電子定款の準備ができました。最後に「登記・供託オンライン申請システム」へアクセスをして、電子定款をしてください。

電子定款をしたら、登記先を統括する法務局へ「電子定款をしました」と伝えましょう。

【お盆の会社設立を最短でする手順5】公証役場で電子定款の受取

お盆の会社設立を最短でするには、公証役場で電子定款の受取をしましょう。電子定款を受取をするためには、このような書類や手数料を用意してください。

【電子定款の受取で必要な7つのアイテム】

  • 実質的支配者となるべき者の申告(暴力団など反社会的勢力でないか)
  • 定款認証手数料(50,000円)
  • 本人確認書類
  • 電子署名をした発起人以外の委任状
  • 印鑑証明書
  • 印鑑
  • CD-Rの有無

指定の受取日になったら、公証役場で電子定款の受取をしましょう。

【お盆の会社設立を最短でする手順6】資本金の払込+証明書作成 

お盆の会社設立を最短でするには、資本金の払込も必要です。資本金の支払いをしたら、払込証明書作成してください。

払込証明書には、以下のような3つの通帳コピーが用意しましょう。

【払込証明書の通帳コピー箇所】

  • 通帳の表紙
  • 通帳の1枚目
  • 資本金の支払いがわかる部分

通帳コピーをホッチキスで止めたら、払込証明書の完成です。仕上げとして、書類を証明するために、会社印を押してください。

【お盆の会社設立を最短でする手順7】法務局またはオンライン申請を利用

お盆の会社設立を最短でするには、法務局での登記申請またはオンライン申請をしましょう。登記申請をするときは、このような登記申請書類を揃えてください。

【株式会社の登記申請書類リスト】

  • 登記の申請書
  • 登録免許税納付用台紙
  • 発起人同意書
  • 定款取締役就任承諾書
  • 代表者就任承諾書
  • 監査役就任承諾書
  • 取締役の印鑑証明書
  • 資本金の払込証明書
  • 印鑑届出書

【合同会社の登記申請書類リスト】

  • 登記の申請書登録
  • 免許税納付用台紙
  • 定款
  • 代表社員・本店所在地・資本金の決定を知らせる書面
  • 代表社員就任承諾書
  • 資本金の払込証明書類
  • 資本金額の計上に関する代表社員の証明書

法務局が開いている平日8時15分~5時15分に申請してください。オンライン申請は、平日8時30分~21時まで申請ができます。

最短でお盆の会社設立をするなら、法務局の窓口よりもオンライン申請を利用しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

【お盆の会社設立事例】たった3日で会社設立

お盆の会社設立手順を紹介しました。お盆に会社設立したい人は、実際の設立事例を知りたい人もいますよね?

ここからは、経営サポートプラスアルファが携わったお盆の会社設立事例を紹介します。

【お盆の会社設立事例】会社設立をしたいという要望

経営サポートプラスアルファのお盆の会社設立事例ですが、依頼者さんは保険代理店のトップセールスマンです。

急に「お盆期間中に会社設立をしたい」と依頼があり、担当した会社設立に強いコンサルタントも、お盆休みで家族旅行をしていましたが、お盆休みを取らない勤務メンバーと連携して、たった3日間で行う会社設立のプロジェクトがスタートしました。

保険代理店の設立後は、複数の生命保険会社と契約をする「乗合代理店」になるため、登記申請の期限やルールもあるため、お盆中の会社設立となりました。

【お盆の会社設立事例】会社設立に自信のない依頼者

依頼者は、生命保険の成果で10年以上の経験があるベテランプレイヤーです。そのため、仕事仲間からも「代理店の代表は、依頼者がしたほうがいい」と言われていた人材です。

しかし、依頼者は「本当に私が運営できるのかな?」と不安を持っています。依頼を受けた休暇中のコンサルタントは、悩みを解決させるための質問をしました。

  • 「会社設立で不安なことは何か?」
  • 「いままで、クリアしたことはなんですか?」
  • 「仕事仲間が、依頼者様に期待していることは?」
  • 「成功したら、仲間はどんな言葉を言っていますか?」
  • 「会社設立する気持ちは、教えてください。」
  • 「経営者になる意思は、ありますか?」

経営サポートプラスアルファでは、依頼者様が自信を持って会社設立できるようサポートをしています。

【お盆の会社設立事例】稼働メンバーが依頼者様と面談

会社設立に強いコンサルタントが、依頼者様へ質問をして不安な気持ちを解消しました。その後は、稼働中のメンバーに手続きを引き継いでいます。

普通であれば、郵送またはチャットでの対応になりますが、急な会社依頼は対面した方が早いです。依頼者様が住んでいるのは神奈川県の横浜辺りです。

そのため、経営サポートプラスアルファの本社がある池袋には、訪問できません。稼働中のメンバーが、依頼者の希望する場所に出向いて、印鑑者証明書や印鑑を受け取りました。

依頼者からデータの受取をしたら、定款の作成、公証役場での定款認証、法務局の登記申請を代行。稼働中のメンバーと連携をして、3日間で会社設立の手続きができました。このように経営サポートプラスアルファでは、お盆休み中でもスムーズな会社設立ができます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

お盆でも会社設立したい人は「経営サポートプラスアルファ」へ相談

この記事では、お盆に会社設立ができるのか紹介しました。年末年始と違って公証役場や法務局が開いているため、お盆の会社設立はできます。

はじめての会社設立をする人は、手続き方法が分からないですよね?そのため、会社設立に対して不安を感じる人もいるかもしれません。

会社設立に不安な気持ちがあるので、自分で会社設立をせずに、会社設立代行の経営サポートプラスアルファに依頼してはいかがでしょうか?

経営サポートプラスアルファでは、毎月20社以上の会社設立を代行しているので、さまざまなサポートができます。

例えば、自分で会社設立すると難しい「節税対策」や「経営アドバイス」もあるので、損する会社設立をする可能性は低いでしょう。

「会社設立をして売上を残せるか心配」や「最短で会社設立をしたい」と悩みがあれば、あなたのお役に立てられます。

お盆の会社設立はもちろん、年末年始や土日祝日の相談も可能で、仕事で忙しい人も会社設立の手続きも可能です。

「会社設立したいけど、はじめの一歩が踏み出せない人」は、経営サポートプラスアルファに相談すれば、会社設立ができるかもしれません。

会社設立以外の相談も受け付けていますので、少しでも不安を抱えている人は、経営サポートプラスアルファに相談してください。

会社設立の依頼先、どこがベスト

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE