【最新版】会社設立サポートをおまかせできる専門家・窓口&費用の比較!

会社設立サポートとは?

会社設立サポートは、登記書類や定款などの書類を代行するサービスです。
会社設立だけなら、自分で手続きはできます。

会社設立では、多くの書類を提出しなければけません。
会社設立後も、税務署などへの届出や決算処理が必要です。
事業へ集中すべき時に、手続きをするのは大変ですよね?

会社設立サポートを利用すれば、会社設立と運営をおまかせできます。
会社設立の手続きをおまかせすれば、事業や資金調達に集中できます。

会社設立サポートを利用すると、以下のような4つの問題も解決できます。

【会社設立サポートで解決できること】

  • 合同会社・株式会社のどちらで会社設立すべきか。
  • ビジネス内容が決まっていないけど、会社設立したい
  • 許認可が必要だけど、取得方法が分からない
  • 会社設立後の届出や経営方法が分からない

メリットの多い会社設立サポートですが、気になるのは費用ではないでしょうか?

ここからは、自分、司法書士、会社設立サポートを利用して、合同会社・株式会社の設立費用を比較します。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立サポートの費用は格安?

会社設立サポートを利用したい人は、どれぐらいの費用がかかるのか知りたいですよね。

ここでは、自分、登記ができる司法書士、会社設立サポート(経営サポートプラスアルファ)の費用を比較します。

【自分、司法書士、会社設立サポート別の株式会社設立費用一覧】

 

自分で会社設立をした場合

司法書士に会社設立を依頼した場合

会社設立代行に依頼した場合

定款認証印紙代

40,000円

0円

0円

定款認証手数料

52,000円

52,000円

52,000円

登録免許税

150,000円

150,000円

150,000円

会社設立代行費用

0円

100,000円

0円

合計

242,000円

302,000円

202,000円

備考

4万円の印紙代が必要

電子定款で印紙代が節約できるが、代行手数料が取られる

司法書士とのパイプがあるので費用が安い
会社設立後の顧問契約があるので、代行手数料がない

続いて、合同会社の設立費用を比較します。

【自分、司法書士、会社設立サポート別の合同会社設立費用一覧】

 

自分で会社設立をした場合

司法書士に会社設立を依頼した場合

会社設立代行業者を利用した場合

定款認証印紙代

40,000円

0円

0円

登録免許税

60,000円

60,000円

60,000円

会社設立代行費用

0円

100,000円

0円

合計

100,000円

160,000円

60,000円

引用:会社設立の代行費用0円│個人事業主とのメリットデメリット流れ …

株式会社・合同会社の設立費用も、会社設立サポートが安いですよね?
会社設立後のサポート付きなので、アフターフォローも充実しています。

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立サポートができる専門家・窓口

会社設立サポートできる専門家や場所を紹介します。

税理士の会社設立サポート

会社設立サポートを税理士に依頼する方法です。
税理士は、税金関連のプロで経理面からのサポートができます。

税理士の会社設立サポートは、以下のとおり

【税理士が代行できる会社設立サポート】

  • 会社設立後に行う税務署への届出
  • 決算申告
  • 融資の相談

会社設立中のサポートが少ないので、司法書士とタックを組む税理士もいます。
顧問契約ありの会社設立サポートを利用すれば、代行手数料が0円になります。

税理士では、会社設立の登記申請ができないので、注意しましょう。
もし、税理士で登記代行をしていたら、違法なので断ってください。

司法書士の会社設立サポート

司法書士の会社設立サポートは、書類作成から法務局の登記など幅広いです。
司法書士ができる会社設立サポートは、以下のとおり

【司法書士が代行できる会社設立サポート】

  • 会社設立に必要な書類作成
  • 定款の作成
  • 法務局での登記代行

会社登記の手続きは、司法書士だけなので、心強い専門家ですね?
専門的な業務を行うので、会社設立費用も高いです。

手数料が格安の「経営サポートプラスアルファ」では、司法書士も在籍しているので、おまかせしやすいです。

行政書士の会社設立サポート

行政書士の会社設立サポートは、書類作成はもちろん、許認可手続きを代行できます。

行政書士の会社設立サポートは、以下のとおり

【行政書士の会社設立サポート】

  • 会社設立に必要な書類作成
  • 許認可の取得

飲食店、不動産、建設業など設立を目指している人は、行政書士のサポートを受けたいですね。
専門的な分野を扱っているので、手数料が高くなります。

社会保険労務士の会社設立サポート

社会保険労務士は、保険関連に強い専門家です。
会社設立後に社員を採用すれば、年金事務所や労働基準監督署への届出が必要なので、相談できれば安心できます。

社会保険労務士の会社設立サポート内容は、以下のとおり。

【社会保険労務士の会社設立サポート】

  • 社会保険の手続き
  • 労働基準監督署への届出
  • 働き方の相談
  • 年金・退職金の相談
  • 助成金の申請

社会保険・年金の相談はもちろん、助成金を活用したビジネスの拡大も得意です。
人の育て方で悩んだら、社会保険労務士に依頼してください。

商工会議所の会社設立サポート

商工会議所は、会社設立の相談やアドバイスができます。
商工会議所の会社設立サポートは、以下のとおり

【商工会議所の会社設立サポート】

  • 会社設立の相談
  • 会社設立後の資金調達相談
  • 先輩経営者からのアドバイス

商工会議所の青年部に参加すれば、先輩経営者と交流ができます。
書類作成の代行はないので、注意してください。

法務局

法務局では、会社設立の登記申請を行う場所です。
法務局の会社設立サポートは、以下のとおり。

【法務局の会社設立サポート】

  • 登記相談
  • 会社設立のアドバイス

法務局では、正しいアドバイスを無料で受けられます。
登記相談は予約が取りずらく、相談→定款認証→登記の申請となるので、手間がかかるでしょう。

会社設立サポート

会社設立サポートは、定款認証、書類作成、会社設立後の届出に対応しています。
会社設立サポートの内容は、以下のとおり。

【会社設立サポート】

  • 事業計画書の作成
  • 会社設立の代行
  • 会社設立後の集客
  • 資金調達の相談
  • 法人銀行口座・クレジットカードの作成
  • 許認可のサポート
  • 決算書のレイアウト作成
  • 助成金のサポート
  • 顧問契約

税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、商工会議所、法務局よりも、会社設立後のサポートが充実しています。

あなたの事業に合わせた提案をするので、正しい会社設立方法が分かります。

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立サポート内容

会社設立サポートできる専門家・窓口を紹介しました。
会社設立サポートサービスにメリットを感じた人もいるでしょう。

ここからは、会社設立サポートにおける6つのサービス内容を紹介します。

無料相談によるヒアリング

会社設立サポートでは、無料相談でのヒアリングをします。
基本事項を決めると、スムーズな相談ができます。

できる範囲でいいので、以下の基本事項を決めてください。

【会社経営サポートの無料相談前に決めてほしい基本事項】

  • 会社名(例:株式会社〇〇〇、〇〇〇株式会社)
  • 本社の住所
  • 事業内容
  • 資本金額(平均:300~500万未満)
  • 会社設立日(法務局への登記申請日)
  • 事業年度
  • 発行株式数
  • 発行できる株式数
  • 役員の構成(1人社長の場合、不要)
  • 告知方法(官報、新聞、ネット広告など)

分からない点は、「経営サポートプラスアルファ」の専門家と一緒に考えましょう。

定款など必要書類の作成

無料相談をしたら、定款や必要書類の作成を代行します。

会社経営サポートで作成する書類は、以下のとおり。

【会社経営サポートで作成してもらえる書類一覧】

  • 設立登記申請書
  • 定款
  • 払込証明書
  • 本店所在地決議書
  • 就任承諾書
  • 印鑑届出書
  • 印鑑カード交付申請書

法人印の作成

会社経営サポートでは、法人印の作成もできます。
会社設立サポートでは、代行サービスとして扱っています。

会社設立サポートの法人印代行サービスは、約7,000円程度です。
1万円が相場なので、格安で法人印を作成できます。

会社・法人設立に必要な会社印鑑3本セットが どこよりも安い!破格の業界最安値

許認可の取得

会社経営サポートでは、許認可取得の代行もするので心強いです。
以下のような許認可を取得したい人は、会社設立サポートを利用しましょう。

【会社経営サポートの許認可一覧】

  • 人材派遣、人材紹介の営業許可
  • 貴金属販売、自動車販売などの営業許可

許認可を取得したい場合、事業目的の書き方に注意してください。
初心者が許認可の申請をしても、うまくいかないケースが多いです。

会社経営サポートに依頼すれば、許認可が取得しやすいでしょう。

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立後のサポート内容

ここからは、会社設立後に必要なサポート内容を紹介します。

会社設立後の届出サポート

会社設立後も、税務署、年金事務所、労働基準監督署に届出が必要です。
会社設立サポートを利用すれば、届出の相談もできます。

労働基準監督署への書類は、社員数によるので、分からない人は相談してください。

会社設立後の書類と届出先の詳細は、以下のとおり。

【会社設立後に提出するものと届出先一覧】

「税務署への提出書類」

提出書類名提出期限
青色申告の承認申請書会社設立から3ヶ月以内
法人設立届出書会社設立日から2か月以内
源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書適用受付月の月末まで
例:2021年6月に適用を受けたい場合 2021年5月末までに提出
給与支払事務所等の開設届出書会社設立から1か月以内

【法人設立届出書の提出先一覧】

提出先

提出書類名(添付書類)

提出期限

都道府県税事務所

法人設立届出書
定款の写し/登記事項証明書

会社設立日から1か月以内

市町村自治体(市町村役場)

提出する自治体による

【年金事務所への提出書類一覧】

提出先

提出書類名(添付書類)

提出期限

本社近くの年金事務所

健康保険・厚生年金保険新規適用届け
(登記簿/法人番号の指定通知書)

会社設立日から5日以内

健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届

被保険者資格を取得後5日以内

健康保険被扶養者届(扶養者がいる場合のみ/戸籍謄本)

扶養者がいる場合は、5日以内

【労働基準監督署へ提出書類一覧】

提出書類名(添付書類)提出期限
労働保険保険関係成立届(登記簿)社員を採用した日の翌日から10日以内
労働保険概算保険料申告書労働者を採用した日から50日以内
就業規則届
(就業規則の作成又は変更に関する労働者代表の意見書)
10人以上の社員がいる場合、早めに提出
適用事業報告書家族以外の社員を採用した日に提出

※社員数によって提出書類数が変わります。
分からない点は、「経営サポートプラスアルファ」の無料相談で解決してください。

書類には期限があるので、会社設立サポートを活用しましょう。
自分で届出をすると、提出を忘れるリスクもあります。

経験の浅い経営者は、会社設立サポートを活用しましょう。

決算申告のサポート

会社設立サポートを利用すると、決算申告のサポートも受けられます。
法人は売上も大きいので、正しい節税対策が必要です。

会社設立サポートの顧問契約を利用して、決算申告のアドバイスをもらいしょう。

銀行口座の開設

会社設立後に必要なのが、銀行口座の開設です。
法人用の銀行口座がなければ、取引先から振込や経費の支払いができません。

「個人口座を利用すればいいじゃないか」という意見もありますが、プライベートと法人の支払いがごちゃごちゃになり、決算処理が大変になります。

会社設立サポートで、提携先の銀行を紹介してもらいましょう。

SNSを利用した事業拡大

会社設立後には、Webを利用した事業の拡大も必要です。
SNSを活用できれば、アフターコロナでも倒産しない会社になります。

しかし、経営者の中には、機械に弱い人もいますよね?

会社設立サポートでは、SNSの運用代行も行っています。
Google、Facebook、Yahoo!、Instagramの広告が、格安で利用できます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立サポートのメリット

会社設立サポートを利用すると、手間がかからないのがメリットです。
しかし、サービスを利用前に、具体的なメリットを知りたいと思いませんか?

ここからは、会社設立サポートにおける3つのメリットを紹介します。

書類作成の代行してもらえる

会社設立サポートのメリットは、書類作成を代行してもらえます。
自分で定款や登記申請書を作成すれば、依頼費用を抑えられます。
しかし、書類の不備が起きやすくて、公証役場や法務局の審査に時間がかかるでしょう。

会社設立サポートを利用すれば、不備のない書類が作成できます。
あなたは、たった3つのことをすればOKです。

【会社設立サポートのユーザーが行う3つの作業一覧】

  • 印鑑証明書の作成
  • 法人印のご用意
  • 資本金の払込

最寄りの自治体、印鑑の作成会社への依頼、銀行口座の用意だけなので、外出のついでに手続きができます。

手数料の節約ができる

会社設立サポートを利用したら、手数料の節約ができます。
会社設立サポートを利用すると、代行手数料が0円です。
司法書士事務所にも会社設立の依頼ができますが、手数料も高いです。

会社設立後の相談も乗ってもらえるので、安定した経営も目指せます。

電子定款での申請ができる

会社設立サポートを利用すれば、電子定款の申請もできます。
個人でも電子定款を利用すると、会社設立サポートよりも費用は抑えられます。

しかし、電子定款には、以下のようなツールが必要です。

【電子定款に必要な4つのアイテム一覧】

  • 電子証明書付きのマイナンバーカード 
  • Adobe Acrobat
  •  ICカードリーダ
  •  電子署名プラグインソフト

電子定款に対応済の会社設立サポートを利用すると、ツール代の節約ができます。

この記事でも解説中

会社設立サポートの選び方

あなたは、会社設立代行のサービス・メリットを知ったはずです。
しかし、会社設立サポートを選ぼうとしたら、悩んでしまいませんか?

ここでは、会社設立サポートにおける4つの選び方を紹介します。
ポイントを抑えると、あなたにふさわしい会社設立サポートが見つかります。

サポート範囲を知る

会社設立サポートは、対応できる範囲が違います。
事業計画書の作成、会社設立に必要な書類作成、アフターフォローもできる業者を知りたいですよね?

しかし、書類作成だけの業者もあるので、注意してください。
正しい会社設立を教えてもらえる「提案型の会社設立サポート」を活用しましょう。

手数料を比較する

会社設立サポートを選ぶときは、手数料を比較します。
例えば、代行手数料が0円だとしても、顧問契約手数料が高い業者もあります。

会社設立には、登録免許税や定款認証料など数十万円が必要です。
余計な費用がかかると、事業資金が不足するので、注意してください。

電子定款サポートがあるか

会社設立サポートを選びたい人は、電子定款の有無を確認してください。
電子定款を利用すれば、印紙代の4万円を節約できます。

電子定款が未対応の業者は、印紙代が必要になります。
電子定款の有無をホームページや問い合わせフォームで確認すれば、お得な会社設立サポートが見つかります。

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立サポートと併用したいツール

会社設立サポートと相性がいいツールを知っていますか?
クラウド会計ソフトの中には、会社設立用のサービスをしています。 

ここからは、会社設立サポートと併用できる3つのツールを紹介します。

クラウド会計ソフトの会社設立ツール

クラウド会計ソフトは、自動で確定申告書類を作成できるツールです。
会社設立用のツールもあるので、必要な書類を作成できます。

【3つのクラウド会計ソフトの会社設立ツール】

「開業Freee」

  • アンケートに答えるだけで、必要な書類を作成
  • オンラインでの提出も可能

「マネーフォワード会社設立」

  • 書類作成費用が無料
  • 株式会社・合同会社問わず、書類を作成できる
  • 行政書士のサポートも受けられる

「弥生のかんたん会社設立」

  • チャットでのサポート
  • 定款の自動作成
  • 会社設立後の届出サポートも充実

 

定款の自動作成や行政書士のサポートなどのメリットもありますが、会社設立サポートのプロに書類を確認してもらえば、不備のない提出書類が作成できます。

この記事でも解説中

会社設立サポートのある「経営サポートプラスアルファ」利用してみよう

  • 「書類・定款作成をおまかせしたい」
  • 「ビジネスだけに集中したい」
  • 「会社設立後の相談に乗ってほしい」

そんな人は、会社設立サポートを行う「経営サポートプラスアルファ」を利用しましょう。
もちろん、自分で会社設立をすれば、顧問契約の費用もかかりません。

間違った会社設立をしてしまうと、書類の作成ミスや払わなくて良い税金がかかるリスクもあるでしょう。

また、会社設立の手続きでは、公証役場、法務局、税務署、年金事務所、労働基準監督署などへの届出が必要です。

事業に集中したい経営者は、時間のかかる作業は避けたいですよね?
「経営サポートプラスアルファ」を利用すると、代行手数料0円と顧問契約手数料も最安月19,000円で、最低6ヶ月以上のサポートを受けられます。

他社みたいな「会社設立をしたから、アフターフォローなし」といったビジネスライクな対応もしません。

手続きをするだけの専門家ではなく、あなたに会社設立が必要なのかアドバイスもします。
だから、やらなくても良い会社設立をしなくても済みます。

あなたが「会社設立サポートを受けながら、経営してみたい」と思ったら、経営サポートプラスアルファの無料相談をしましょう。

100年続く会社作りがモットーなので、あなたの子どもに経営を引き継がせられます。

会社設立サポートなら、どこかベスト

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE