格安で会社設立ができる代行業者5選最安料金で会社設立できる理由も

会社設立を格安で行う前に、費用・相場を知ろう

会社設立を格安にする方法を紹介する前に、合同会社と株式会社の費用・相場を紹介します。一般的な会社設立費用を知って、相見積もりをするときの参考にしてください。

合同会社の場合

合同会社の設立費用は、60,000円~100,000円と格安です。代行業者なし、司法書士、経営サポートプラスアルファ(当メディア運営)の費用は、以下の表を参考にしてください。

【合同会社の会社設立費用一覧】

費用

自分で会社設立を依頼した場合の費用

司法書士で会社設立を依頼した場合の費用

経営サポートプラスアルファに依頼した場合の費用

定款認証印紙代

40,000円

0円

0円

登録免許税

60,000円

60,000円

60,000円

会社設立代行費用

0円

100,000円

0円

合計

100,000円

160,000円

60,000円

会社設立の代行費用0円│個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

株式会社の場合

株式会社の設立費用は、200,000円~240,000円程度です。代行業者なし、司法書士、経営サポートプラスアルファ(当メディア運営)の費用は、以下の表を参考にしてください。

【株式会社の会社設立費用一覧】

費用

自分で会社設立

司法書士に会社設立を依頼した場合

経営サポートプラスアルファに依頼した場合

定款認証印紙代

40,000円

0円

0円

定款認証手数料

52,000円

52,000円

52,000円

登録免許税

150,000円

150,000円

150,000円

会社設立代行費用

0円

100,000円

0円

合計

242,000円

302,000円

202,000円

会社設立の代行費用0円│個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立を格安で行える5つの代行業者

会社設立を格安にできたら、運営資金に充てられますよね?ここでは、会社設立を格安で行える5つの代行業者を紹介します。

キャンペーンで安くできたり、アフターサービスが充実しているので、あなたが依頼したい業者が見つかるかもしれません。

会社設立を格安で行える業者1:会社格安センター

会社設立代行センターは、司法書士の奥さんと行政書士の旦那さんが運営しています。登記書類の自動化や分業制により、会社設立手数料8,360円を実現。

会社印の費用を入れても格安なので、純粋に会社設立費用を抑えたい人におすすめです。ただし、顧問契約がありません。設立後のアフターサービスを希望する人は、経営サポートプラスアルファに相談してください。

会社格安センターでの合同会社・株式会社設立費用は、以下の表を参考にしてください。

【自分+司法書士+会社格安センターの合同会社設立費用を比較】

費用

自分で合同会社設立をした場合

司法書士に合同会社設立を依頼した場合

会社格安センターで、合同会社設立をした場合

定款認証印紙代または電子定款費用

40,000円

0円

0円

登録免許税

60,000円

60,000円

60,000円

会社設立代行費用またはサイト利用料

0円

100,000円

8,360円

合計

100,000円

160,000円

82,000円(会社印を含む)

【自分+司法書士+会社格安センターで株式会社を設立した場合の費用一覧】

費用

自分で株式会社設立をした場合

司法書士に株式会社設立を依頼した場合

会社格安センターで、株式会社設立をした場合

定款認証印紙代

40,000円

0円

0円

定款認証手数料

52,000円

52,000円

52,000円

登録免許税

150,000円

150,000円

150,000円

会社設立代行費用

0円

100,000円

8,360円

合計

242,000円

302,000円

224,000円(会社印を含む)

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立を格安で行える2:島田税理士事務所

島田税理士事務所は、開業から30年目を迎える代行業者です。会社設立・起業家応援パックといったサービスがあって、株式会社の設立費用も68,000円と格安になります。弥生会計など有名会計ソフトのプレゼント、書類作成、資金調達サポートも充実。会社設立費用を格安にして、手厚いサポートを受けたい人におすすめです。

島田税理士事務所の株式会社設立費用は、以下の表を参考にしてください。

【島田税理士事務所+司法書士+自分で株式会社を設立した場合の費用一覧】

費用

自分で株式会社を設立した場合

司法書士へ株式会社設立を依頼した場合

島田税理士事務所の起業家応援パックで、株式会社設立をした場合

定款認証印紙代

40,000円

0円

0円

定款認証手数料(定款謄本込)

52,000円

52,000円

51,100円

登録免許税

150,000円

150,000円

150,000円

会社設立代行費用

0円

100,000円

86,900円

合計

242,000円

302,000円

288,000円

起業家応援キャンペーンの適用で、-123000円引きの165,000円。有名会計ソフトのプレゼントや会社設立後の決算割引利用で、設立費用が格安の68,000円です。

他社よりも高い場合は、68,000円以下の設立費用もできます。株式会社や合同会社の設立費用を格安にしたい人は、チェックしてください。

会社設立を格安で行える業者3:合同会社.jp

合同会社.jpは、キャンペーンやオプションなしの代行業者。主に「プロにお任せプラン」と「自分で設立プラン」があり、価格も60,000円~70,000円台(手数料が3,000円~10,000円台)と格安です。

プラン別の費用と手数料の詳細は、以下の表を参考にしてください。

【合同会社.jpの自分で設立プラン一覧】

費用

メールコンサルプランで会社設立をした場合

対面型コンサルプランで会社設立をした場合

スピーディー登記申請プラン で会社設立をした場合

設立費用

63,800円~

63,800円~

74,300円~

利用手数料

3,800円~

3,800円~

14,300円~

メールコンサルでは、メールで専門家へ相談できるサービスです。面談はできないので、オンライン上で相談したい人は、利用してください。

対面型コンサルは、メールコンサルと同じ格安料金で、専門家と顔合わせながら相談できます。

スピーディー登記申請は、東京都のみで面談+登記申請の代行付きです。会話設立の手続きを丸投げしたい人は、利用してください。

プロにお任せプランなら、登記申請まで1日で完了できます。「時間はないけど、不備のない登記書類を作成したい」という人は、検討してください。

登記簿謄本や印鑑証明書は、自分で自治体で発行しなければいけません。すべての会社設立手続きを代行できないため、注意してください。

ここからは、合同会社.jpの自分で設立プランの費用を紹介します。

【合同会社.jpの自分で設立プラン一覧】

費用設立くんを利用した場合
設立費用63,800円~
利用手数料3,800円~

合同会社,jpの自分で設立プランは、画面の指示に従うだけで登記書類が作成可能です。定款認証作成から法務局の登記申請代行がなく、3日程度で手続きが完了できます。

「会社設立の書類作りをチャレンジしてみたい人」は、利用してください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立を格安で行える業者4:小さな会社設立専門

小さな会社設立専門は、かんたん会社設立というサービスを提供しています。合同会社は、6,490円、株式会社は5,000円の手数料+設立費用と格安です。

自分でシステムへの入力が必要で、定款認証や法務局の登記申請も代行してくれません。システムを使いこなせる人なら、スピーディーな会社設立ができます。

自分で会社設立をするのが面倒な人は、経営サポートプラスアルファに依頼してください。

【自分+司法書士+小さな会社設立専門の合同会社設立費用を比較】

費用

自分で合同会社設立した場合

司法書士で合同会社設立をした場合の費用

小さな会社設立専門で合同会社設立をした場合

定款認証印紙代または電子定款費用

40,000円

0円

6,490円~7,370円

登録免許税

60,000円

60,000円

60,000円

会社設立代行費用またはサイト利用料

0円

100,000円

0円

合計

100,000円

160,000円

66,490円~67,370円

【自分+司法書士+小さな会社設立専門の株式会社設立費用を比較】

費用

自分で株式会社設立をした場合

司法書士で株式会社設立をした場合

小さな会社設立専門で株式会社設立をした場合

定款認証印紙代または電子定款作成費用

40,000円

0円

5,000円
(マネーフォワード利用料は、0円)

定款認証手数料(定款謄本込)

52,000円

52,000円

52,000円

登録免許税

150,000円

150,000円

150,000円

会社設立代行費用

0円

100,000円

0円

合計

242,000円

302,000円

207,000円

会社設立を格安で行える業者5:Bricks&UK

Brはicks&UKは、キャンペーンが充実している業者になります。税理士とセットプランを利用すると、合同会社は0円、株式会社だと90,000円と格安です。

会社設立だけのプランもあるので、顧問契約したくない人におすすめです。Bricks&UKの合同会社と株式会社の設立費用は、以下の表を参考にしてください。

【自分+司法書士+Bricks&UKの合同会社設立費用を比較】

費用

自分で株式会社設立をした場合

司法書士で株式会社設立をした場合

Bricks&UKの会社設立のみプランで、株式会社設立をした場合

Bricks&UKの会社設立+税理士セットプランで、株式会社設立をした場合

定款認証印紙代または電子定款費用

40,000円

0円

0円

0

登録免許税

60,000円

60,000円

60,950円

60,950円

会社設立代行費用

0円

100,000円

59,050円

59,050円

合計

100,000円

160,000円

120,000円

0円(キャンペーンの120,000円割引適用)

【自分+司法書士+Bricks&UKの株式会社設立費用を比較】

費用

自分で合同会社設立をした場合

司法書士で合同会社設立をした場合

Bricks&UKの会社設立のみプランで、株式会社設立をした場合

Bricks&UKの会社設立+税理士セットプランで、株式会社設立をした場合

定款認証印紙代または電子定款作成費用

40,000円

0円

0円

0

定款認証手数料(定款謄本込)

52,000円

52,000円

51,230円

51,230円

登録免許税

150,000円

150,000円

150,000

150,000

会社設立代行費用

0円

100,000円

54,770円

54,770円

合計

242,000円

302,000円

256,000円

90,000円(キャンペーンの166,000円割引適用)

合同会社の登録免許税が、60,950円です。他社では、60,000円(基本的な登録免許税)と表記しているので、違和感がありますね。

株式会社も定款認証手数料が異なるので、会社設立時に質問しましょう。

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立代行業者が格安で手続きできる5つの理由

代行業者が格安なのは、会社設立を専門で行う、コストカット、オンライン・自動化、ワンストップサービス、顧問契約手数料があるからです。

ここからは、代行業者のカラクリについて紹介します。

会社設立を格安で行える理由1:会社設立がメインだから

会社設立が格安で行える理由は、会社設立がメインだからです。代行業者の多くは、税理士法人、弁護士法人、司法書士法人が運営しています。

会社設立メインで行う代行業者も多く、低価格でおいしい牛丼を速く提供する吉野家みたいなサービスを実現しています。

ほかにも、会社設立後の節税対策や決算申告も代行する業者もあります。格安で会社設立するだけなら、顧問契約なしの代行業者でもOKです。しかし、長い目で見ると経営サポートプラスアルファなどの顧問契約ありの業者になります。

会社設立メインの代行業者を探しながら、設立費用だけ格安にしたいのか、設立後のランニングコストを節約したのか考えてください。

会社設立を格安で行える理由2:コストカット

会社設立を格安で行えるワケは。人件費をカットしているからです。従来の代行業者は、司法書士、行政書士、税理士などの専門家がユーザーの対応をして、専門知識を活かして定款作成や登記書類作成をしていました。

株式会社の設立手続きは、慣れてしまえば同じ作業の繰り返しです。代行業者によりますが、専門家が要らない作業は一般スタッフが担当して、登記書類のチェックを専門家がします。

また、公証役場での定款認証や法務局での登記申請をユーザーにしてもらい、代行手数料を格安にする業者もあります。

設立費用は格安になりますが、代行範囲が狭くてユーザーの負担が大きいです。

会社設立を格安で行える理由3:手続きのオンライン・自動化

会社設立を格安で行える理由は、手続きのオンライン・自動化のおかげです。専用の会社設立ツールを入力すれば、自動的に登記書類が作成できる代行業者もあります。

さらに、公証役場へ申請する定款を「電子定款」にして、40,000円の印紙代が節約できて格安の費用を実現しています。

会社設立を格安で行える理由4:ワンストップサービス

会社設立を格安で行えるワケは、ワンストップサービスのおかげです。例えば、経営サポートプラスアルファには、税理士、司法書士、弁護士、行政書士、社会保険労務士が所属していたり、他社と連携しています。

例えば、税理士法人であれば登記書類の代行はできますが、法務局への申請代行はできません。しかし、社内に司法書士や弁護士がいると、代行業務も委託可能です。

経営サポートプラスアルファでも、弁護士、司法書士、行政書士などが在籍して、ワンストップサービスを提供しています。

他社との連携が不要で、格安な会社設立が可能です。

会社設立を格安で行える理由5:顧問契約で稼げるから

会社設立を格安で行えるワケは、顧問契約で稼げるからです。代行業者を経由すると、顧問契約ありのパターンが多いです。

代行業者は、代行手数料を0円と格安ですが、登記後に30,000円~50,000円程度の顧問契約手数料がかかります。

顧問契約をすれば、節税効果や決算申告サポートなどが受けられることです。しかし、代行業者によって顧問契約手数料が違います。

会社設立費用キャンペーンで得しても、顧問契約手数料の総額が高いです。

業者に依頼するときは、サービス内容と顧問契約手数料を比較して、あなたに合ったパートナーを探しましょう。

この記事でも解説中

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立を格安で行いたい人は「経営サポートプラスアルファ」へ相談

会社設立を格安で行いたい場合は、キャンペーンまたは顧問契約ありの代行業者を利用してください。

さらに、会社設立後の節税対策や決算申告サポートもあれば、顧問契約手数料以上の価値ががあります。

格安の代行業者は、書類作成のツールだけを提供したり、アフターサービスなしのケースもあります。

価格の安さだけで選ばないで、サービス内容を吟味しましょう。

経営サポートプラスアルファは、代行手数料が0円と格安です。税理士、弁護士、行政書士、司法書士、社会保険労務士など会社設立の専門家が在籍して、何回も無料で相談ができます。

あなたは、会社設立の手続きに時間を割くのではなく、新規事業や人材育成に時間を注いで会社を成長させて、利益を上げた方が良いです。

経営サポートプラスアルファの会社設立を利用すれば、あなたがやらなければいけない作業は減ります。

経営サポートプラスアルファを活用しながら、スピーディーな会社設立をして、安定した事業運営を目指しましょう。

LINEやチャットワーク(Chatwork)の面談もできるので、お気軽に相談してください。

会社設立の依頼先、どこがベスト

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE