化粧品での起業はどうすればいい!?大きく3つ方法と必要な許可をご説明

オリジナルの化粧品を開発し、それを武器に起業したいと考える人が増えています。

世の中には化粧品の開発で起業し大当たりしている人も多いため、起業について興味を持つ人が多くても不思議ではありません。

ただ、化粧品で起業をしてみるとはいえ、具体的にどのように起業すれば良いのかイメージできない人が大半のはずです。

今回は化粧品の開発で起業する方法やその他の起業方法などを解説します。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

化粧品で起業する選択肢は3つ

化粧品で起業するといえば、自分で化粧品を開発してオリジナル化粧品を販売するイメージを持つ人が多いようです。

確かにそのような選択肢はありますが、実際には以下の3つの選択肢があります。

  1. オリジナル化粧品を開発して販売する
  2. 化粧品を輸入して販売する
  3. 国内の化粧品販売代理店を開業する

どの方法で起業するかによって化粧品を販売する起業は大きく変化します。

それぞれについてどのような起業となるのかご説明します。

オリジナル化粧品を開発して販売する

自分でオリジナルの化粧品を開発しそれを販売する会社を起業するものです。

オリジナルの化粧品を開発しなければならないため、起業の中でも特にハードルが高いものだと考えてよいでしょう。

オリジナルの化粧品を販売するビジネスであるため、自分が思いついた自信のある製品を販売できます。

他社が販売していないような化粧品を開発できれば、ヒットして大きな収入を得られる可能性もあります。

利益の拡大を狙うのであれば、オリジナルの化粧品を販売する起業を検討するのがよいでしょう。

その反面、他社と同じような化粧品を開発してしまうと全く商品が売れないリスクがあります。

オリジナルの化粧品で利益の拡大は目指せるものの、同時に大きなリスクを抱えなければなりません。

利益を拡大するためにはある程度のリスクも受け入れなければならないのです。

また、この方法で化粧品を開発するならば、商品の製造を依頼する会社や容器の調達を依頼する会社などを見つけなければなりません。

化粧品へのアイデアが求められるだけではなく、製品化するために必要な繋がりも求められます。

化粧品を輸入して販売する

海外で発売されている化粧品を輸入して日本国内で販売する事業で起業する方法もあります。

自分でオリジナルの化粧品を開発するのはハードルが高いため、日本ではあまり流通していない化粧品に注目をして、輸入するようなビジネスが該当します。

特に最近は海外の化粧品が注目されています。

若い人を中心に注目されているのが韓国の化粧品で、それ以外にもヨーロッパやアメリカなど幅広い国々の化粧品が日本で注目されています。

まだまだ日本で流通していない化粧品も多く、それに注目して起業してみるのです。

日本で流通していない化粧品の輸入ができれば、新しく注目されて売上を伸ばせる可能性があります。

ただ、海外の化粧品は自由に日本に輸入できるわけではなく、化粧品として販売してよい基準を満たしていなければなりません。

日本で流通していないからといって、起業して商品として取り扱えるとは限りません。

なお、どのような商品を販売して良いのかは、厚生労働省のホームページに公開されています。

様々な基準が明記されているため、化粧品の輸入を考えているならば事前にチェックしておきましょう。

国内の化粧品販売店を開業する

日本国内で販売されている化粧品の販売店を開業する方法があります。

特に目新しい化粧品を取り扱うのではなく、一般的に流通している化粧品の販売をするものです。

ドラッグストアの化粧品売り場だけを起業するようなイメージを持つとよいでしょう。

日本国内で流通している化粧品を扱うため、気になる商品は全て販売できます。

輸入する際は成分などを確認する必要がありますが、国内で流通しているものはその必要がありません。

全て厚生労働省の基準を満たした化粧品となっています。

すでに完成した化粧品を販売するため、自分で開発する時と比較すると手間が小さいのは言うまでもありません。

ただ、商品の調達にはある程度コストがかかるため、自分で開発したり海外から輸入したりする時と比較すると、利益が出にくい可能性があります。

また、成分的には販売できるものの、メーカーが再販を禁止しているような商品が存在します。

そのような商品は仕入れても販売できないため、取り扱いたい商品があるならば起業前に確認しておくべきです。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

化粧品の製造販売には許可が求められる

起業して化粧品の販売をしたいならば、必要な許可を取得しなければなりません。

許可なく化粧品の製造や販売をすると法律違反になってしまいます。

起業するかどうかにかかわらず法律の制限を受けるため、どのようなものがあるのが必ず確認しておきましょう。

化粧品の製造や輸入する場合

起業して化粧品の製造や輸入をしたいならば、化粧品の製造に関わる許可が必要です。

医薬品医療機器等法に基づいて製造許可を取得しなければ、化粧品の違法製造になってしまいます。

化粧品の製造許可は一般区分と包装等区分の2種類に分けられます。

どのような化粧品を取り扱うかによって、以下のとおり取得しなければならない許可が変化してきます。

一般区分

  • オリジナルの化粧品を開発・製造する
  • 他社の化粧品の製造を受け持つ

包装等区分

  • 海外の化粧品を輸入して管理販売する
  • 他社が製造した化粧品を保管する

これらに該当する場合は許可を取得しておかなければなりません。

許可なく化粧品の製造をしたり販売のために化粧品を輸入したりすると、許可を得ていないビジネスとして罰せられる可能性があります。

化粧品の販売をする場合

製造ではなく商品の販売をする場合、化粧品の製造販売許可が必要です。

化粧品を製造するのと販売するのは別の許可であるため、起業してどちらのビジネスをするかによって取得するものは変化させなければなりません。

例えば以下に該当する場合は許可の取得が必要です。

  • 輸入した化粧品を販売する
  • 開発したオリジナルの化粧品を販売する 

ただ、化粧品の販売で必ず許可が必要となるわけではありません。

化粧品の販売でも製造販売業者が市場に出荷した商品を仕入れる場合には、これらの許可は必要ありません。

日本での元売りとなる場合は、製造販売業の許可が必要になるとイメージしておきましょう。

なお、別々の許可であるため、オリジナルの化粧品を製造して販売までする場合は両方の許可を取得する必要があります。

製造してるからといって販売して良いわけではなく、両方の許可が求められます。

起業する際に誤った認識とならないためにも、この機会に許可が必要になることを理解しておきましょう。 

また、許可の申請は都道府県の薬務課などに行います。

起業するタイミングで調べるのではなく、起業する前にどのような手続きが必要となるか調べておくとスムーズです。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

化粧品の起業を成功させる3つのポイント

起業を成功させるためには以下3つのポイントに注目すべきです。

  1. オリジナルの化粧品販売にこだわらない
  2. 他社と明確に差別化できる部分を作る
  3. マーケティングに力を入れる

それぞれについてご説明します。

オリジナルの化粧品販売にこだわらない

化粧品で起業するならば「オリジナルの化粧品を作って起業したい」と考えるかもしれません。

オリジナルの化粧品を作ることは一種の憧れで、この憧れを現実のものとするために起業したい人は少なからずいるでしょう。

そのような気持ちは理解できますが、冒頭でも説明したとおりオリジナルの化粧品開発は大きなリスクを伴います。

化粧品としてのオリジナリティを出さなければ、コストがかかるだけでそれを回収できなくなる可能性があるのです。

そのため、化粧品の起業を考えている人は、オリジナル化粧品以外のビジネスを考えておきましょう。

ご紹介したとおり化粧品の輸入なども考えられますので、起業する方針は複数持っておくべきです。

オリジナルの化粧品作りは起業時でなくとも取り組めるビジネスです。

無理して起業するのではなく、まずは化粧品に関わる別のビジネスで起業してみても良いでしょう。

他社と明確に差別化できる部分を作る

ご存知の通り日本には多くの化粧品販売業者があります。

これらの業者と明確に差別化できる部分を作りましょう。

どこにでもあるようなラインナップで起業してしまうと、淘汰されて終わってしまう可能性があります。

例えば、最近増えている独自路線は素材にこだわったものです。

様々なオーガニック素材を活用した化粧品が販売され、他社には無い製品として一定の支持を受けています。

これは一例ですが、「他社にはない化粧品」というのは非常に重要なポイントです。

これを満たせるかどうかによって、化粧品での起業が成功するかどうか決まると言っても過言ではありません。

マーケティングに力を入れる

化粧品はブランド価値が重要視される傾向にあります。

「〇〇ブランドの化粧品」というだけで商品が売れるケースもあり、しっかりとしたブランド化やマーケティングが重要です。

上記でご説明したとおりオリジナリティーのある化粧品ならば、その部分をアピールしたマーケティングができるようになります。

他社にはない化粧品であることをアピールし、積極的に自社のブランドを購入してもらうようにするのです。

また、このようなマーケティング活動にはSNSの活用が重要です。

近年はSNSで情報収集をする人が増え、化粧品会社もSNSで積極的にマーケティングするようになっています。

他の会社に負けないよう、起業するならばSNSでのマーケティングについて理解を深めておくべきです。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

化粧品で起業する場合についてご説明しました。

化粧品で起業するといえばオリジナルの製品開発をイメージしやすいですが、実際には輸入品の販売などのビジネスも存在します。

基本的に化粧品を販売するためには許可の取得が必要です。

事前に届け出をして製造したり販売したりする必要があり、起業する際には注意しておかなければなりません。

化粧品販売のために起業するならば、株式会社や合同会社の設立が必要です。

ただ、販売する化粧品の準備もしながらこのような手続きをするのは負担がかかることでしょう。

そのため化粧品の起業を考えているならば、手数料無料で24時間受付の経営サポートプラスアルファへご相談ください。

皆さんが化粧品の準備に注力できるように起業をサポートします。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE