コンサル会社設立のメリットとは?成功する方法や注意点を確認

コンサルタントとして業界で活躍している人もいるでしょう。

もし、コンサルタントとして実績や経験などを積み重ねてきたなら、自分で会社を設立して独立することを考えるかもしれません。

確かに会社を設立して独立した方が、収入アップや仕事の取り組み方の自由度などでメリットがあります。

しかし、コンサルタントとして独立することにはリスクや注意点もあります。

どのような点を注意しておくことで成功できるのか内容を紹介しましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

コンサル会社を設立するメリットとは?

コンサルタントとして独立して働くなら、会社を設立するのがおすすめです。

コンサル会社を設立した方が働く際にメリットがあるからです。

どのようなメリットがあるのか把握しておくことで、前向きに設立しやすくなるので内容を紹介しましょう。

コストを抑えて事業を始めることができる

コンサル会社を設立するなら低コストで事業を始められます。

コンサルタントが会社を設立してコストを抑えられるのは、必ずしもオフィスを持つ必要がないためです。

通常、他の業種なら店舗を借りた場合は、内装費やアルバイトを雇う人件費など、いろいろな初期費用が必要となります。

会社を設立した場合は資金が必要になるので、準備しておくことが大事になりますが、コンサルタントは自分のスキルや能力を提供する仕事なので、諸経費はあまりかかりません。

事務所ではなく自宅の一部を仕事部屋にすることもでき、材料費は必要なくインターネットの整備やパソコンなどの機器を揃えるだけでいいので、少ない資金でも事業を始められます。

コンサル会社を設立すること自体は難しくないので、開業しやすいでしょう。

資格が無くても会社設立ができる

コンサル会社は資格が無くても会社を設立できます。

そのため、何か特別な資格を独立する前に取得する必要がありません。

業種によっては資格の取得が必要なものもあり、例えば弁護士や医師なら資格を取得していないと仕事自体に従事できません。

資格取得が必要な場合は試験に合格しなくてはいけないので、会社を設立したくても必ず独立できるわけではありません。

また、会社を設立する際は認可を取得するのが必要な業種もあるので、認可の条件を満たしておかなければいけないこともあります。

例えば、建築業の場合は建築業許可を取得しておかないと、一定の仕事を行えないので、条件を満たして認可を取得しなくてはいけません。

コンサルタントは資格も特別な認可も必要なく、スキルがあるだけで会社設立できるので独立のハードルは他の業種に比べて難しくありません。

社会的信用を得やすい

会社を設立して法人化した方が社会的信用を得られます。

法人は会社法に準じた厳格な運営を求められているからです。

一方の個人事業主は、簡単に事業を始められてしまうために、社会的信用の面で問題があるのです。

登記されているという点も社会的信用の差異に影響しています。

登記されているということは、会社の本店所在地や資金額、代表取締役の住所や名前などが記載された謄本が存在していることを意味します。

すなわち、誰が責任者でどのような事業を営んでいるかが明確にわかるので、信用を得られるのです。

個人事業主の場合は書類一枚の開業届を税務署に提出するだけで、登記されるわけではありません。

そしてこの社会的信用は事業運営のあらゆる場面に影響を及ぼします。

個人事業主ですと、金融機関からの融資が比較的難しくなりますし、大手企業と取引できないといった事態が散見されます。

つまり個人事業主でいるということは、事業として不利な部分が生じてしまう可能性があるのです。

独立しているコンサルタントの場合、個人事業主として活動している人は多いですが、会社を設立した方が社会的信用の面ではとても有利であることを認識しておいてください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

コンサル会社設立の成功ポイントとは?

コンサル会社を設立する際は、成功のポイントを把握しておく必要があります。

会社を設立した際はポイントを把握しておかないと赤字が続くなど、経営がうまくいかなくなる可能性もあるからです。

どのような点を押さえておくべきなのか内容を紹介しましょう。

事業目的を具体的にしておく

コンサル会社設立の際には事業目的を具体的にすることが重要です。

コンサルタントはいろいろな種類があるので、どのような目的で仕事をするのか決定しておかないと顧客からの依頼は難しくなります。

幅広く事業を展開するために「各種コンサルティング」などと記載してしまうと事業目的が相手には伝わりにくく、拡大どころか信頼感が薄れてしまうでしょう。

事業内容が明確に伝わるようにするために、

  • 販売促進活動に関するコンサルティング
  • 店舗の開業や運営に関わるコンサルティング
  • マーケティングに関するコンサルティング
  • 営業に関するコンサルティング

などと記載することをお勧めします。 

資格を取得してコンサルタントとして活動する

コンサル会社設立の際は資格を取得して活動することも大事です。

上記でも紹介しましたが、コンサル会社設立に特別な資格は必要ないので、誰でも設立は可能です。

ただ、資格を持っているなら自分がどれほどのスキルがあるのか証明できるので、顧客の信頼を得やすくなります。

コンサルタントとして有効な資格には例えば、公認会計士などがあります。

MBAは「経営学修士」と言われており、経営に関する実務的なスキルを身に付けていることを証明できます。

公認会計士は弁護士、不動産鑑定士と並んで日本三大国家資格と言われているほど難易度の高い資格です。

有用なアドバイスができることを証明できるので、他のコンサル会社と差別化を図れます。

またITやWEB系の資格として、ITサービスマネージャーやITストラテジスト試験の合格などをしていると、ITに強いことを証明できます。

資格を取得しておくと顧客へのアピールになるため資格取得も目指してみましょう。

法人と契約を結ぶ

コンサルタントとして事業を始めて経営を安定させたいなら顧客のターゲットを法人にすることが大事です。

コンサル会社を運営する際は、いろいろな顧客と取引する機会がありますが、法人の方が支払いが安定する傾向があります。

法人の顧客はある程度の資金力を持っているので、仕事を終えたなら期日までに支払いをしてくれる安心感があります。

また法人の方は資金力があるので、一度仕事をして信頼を得れば、引き続き自分の会社を利用してくれる可能性が高いです。

リピーターが付けば、収益が安定するので事業も継続しやすくなります。

また、法人と契約しているなら、他の顧客にも良いアピールとなるので集客面でもメリットがあります。

もちろん、個人とも契約を結んで仕事をすることも大事です。

ただ、個人は身元の証明が難しいので、法人に比べると支払いは多少のリスクもあります。

支払いのリスクなど全体を考慮すると、法人との契約はメリットが大きいので、重要度に違いがあることを覚えておいてください。

集客を幅広く行い宣伝する

コンサル会社を設立した後は経営を安定させることが大事です。

そのためには依頼が来なければならないので、集客方法を押さえておくことが大事です。

コンサル会社として多くの人にアプローチすることで、会社の魅力を伝え、安定した依頼継続につながります。

集客の方法は営業に行くことや広告作成などがあります。

ただ、営業の場合は時間がかかり、広告は大きな出費となるので、効率よくありません。

そのため、WebサイトやSNSなどを利用して集客するのもおすすめです。

Webサイトを作成してアップすれば、コンサルティングの依頼を考えている人が閲覧してくれるかもしれません。

とは言え、アップしただけでは閲覧される可能性は低いので、SEO対策やWeb広告出稿の検討は必要です。

また、SNSも同時に利用してください。

コンサルタントの経歴や事業紹介やコンサルティング実績などの発信や価値提供を続けていけば、やがて見込み客が閲覧してくれますし、場合によっては拡散されて知名度を広げることも可能です。

また、顧客の獲得のために忘れてはならないのは人脈構築です。

会社員時代の同僚や良い関係を築けていた取引先がいるなら、独立した際にコンサルティング依頼をしてもらえるかもしれません。

すでに信頼関係が築けている点は非常に有利でしょう。

知名度を上げて集客をしながら、人脈を広げていってください。

コンサルティングの依頼数が増えて、経営は次第に安定していくことでしょう。

起業したら、まずはホームページ作成

設立に詳しい専門家を活用

コンサル会社を設立するときは専門家を雇うことを考えておくことも大事です。

コンサル会社として運営する際は、自分のスキルを生かして仕事をするだけでなく、経営や節税対策なども行わなくてはいけません。

自分に知識があれば一人で全て行うことも可能ですが、本業をしながら経理のようなバックヤード業務もするとなれば、かなりの労働になるので遂行することが困難です。

また、会社の税務に関しては細かい事項がたくさんあるので、会社を設立した後に思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、専門家である税理士を活用するのがおすすめです。

税務に関しては税理士を雇うことで、安心して本業に専念することができます。

ただ、どの税理士でも構わないというわけではありません。

節税や資金繰りに詳しく、創業間もない会社をサポートしている豊富な実績ある税理士を選んでください。

ちなみに経営サポートプラスアルファでは、会社を設立するまで何度も無料でご相談を受けている税理士法人です。

https://kaisha-keiei-ksp.com/kaishasetsuritsu-lp/

無料のコンサルサービスをしてみるのも良い方法

コンサル会社を設立したなら、無料でコンサルサービスを行うのも良い方法です。

依頼者はコンサル会社と契約を結ぶときに大体半年〜1年ほどの契約を行います。

そのため、依頼者側もコンサル会社を慎重に選ぶ傾向があり、依頼相談があったとしても契約を結んでもらうのは簡単ではありません。

そのため、無料のコンサルサービスをして、相手にどのような価値があるのか理解してもらうのがよい方法です。

無料のコンサルサービスがあることによって顧客は気軽に利用できます。

自分の会社に合っているのか価値判断しやすくなり、契約を前向きに考えてもらえるメリットもあります。

実績や専門の資格を保有していたとしても、価値の認識がわかってもらえないなら集客は苦労するため、1つの方法として考えてみてください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

コンサル会社設立の際の注意点とは

コンサル会社を設立する際は他の業種と違った注意点もあります。

それは、交際費が大きくなることです。

コンサルタントの仕事は顧客との関わりが深いので、飲食や接待などの機会が多いです。

交際費で最も大きな問題は、どこまでが経費として認識されるのかという点です。

交際費は状況によって経費と認められないものもあり、税務調査が入ったときに説明できないなら追徴などのペナルティを受けることもあります。

自分で利用した際の日付や相手、打ち合わせ内容などを帳簿に付けておくことも大事ですが、税理士を雇うことで手間とミスを防ぐことができるため検討してみましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

コンサル会社設立はポイントを押さえておこう

コンサル会社設立の際は成功の秘訣を押さえておくことが大事です。

コンサル会社の設立は簡単でも経営を継続させるのが困難です。

しっかりコンサル会社として経営できるように工夫や準備を整えて開業するようにしましょう。

もし、さらに独立の情報が欲しい方は以下のサイトへのアクセスもおすすめです。

確認してみてください。

https://kaisha-keiei-ksp.com/kaishasetsuritsu-lp/

NO IMAGE