組み込みエンジニアで独立する方法とは?メリットや注意点を確認

組み込みシステムの開発や機械関係の知識とスキルを得ることができたなら、独立を考える人もいることでしょう。

組み込みエンジニアはコンピューターを制御するシステムなど、専門的な知識が必要になる職業です。

そのため、ある程度の経験が必要になりますが、長く会社の従業員として働いてくるなら、いろいろな経験も積んでくるので独立への自信を持てるでしょう。

ただ、組み込みエンジニアとして独立するなら、メリットや注意点、リスクを確認しておくことが大事です。

組み込みエンジニアの独立のポイントについて紹介しましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

組み込みエンジニアとは?

組み込みエンジニアとは、各種の製品や装置に組み込まれた制御のためのLSlや小型コンピューターのソフトウェアを開発、または製品や装置を含めてシステム全体の設計や開発をする職種です。

組み込みエンジニアが携わる機器には例えば、テレビやエアコン、車などのシステムです。

自動車だと電子化が進んでいる影響もあり、カーナビや自動運転などの機能を備えようと思うなら、ソフトウェアの搭載が必要です。

組み込みエンジニアは、必要に応じてLot技術やAIなどの高度なスキルを用いるため需要が高いです。

組み込みエンジニアの種類とは

また、組み込みエンジニアの中でも種類があり、小型機器型組み込み系、通信型組み込み系、ブラント型組み込み系などに分かれています。

小型機器組み込み系は家電やスマートフォンなどの電気製品の組み込みを行い、通信型組み込み系はオフィスや個人宅で使用するインターネットのスピードアップを行います。

ブラント型組み込み系は工場や発電所、ロボット制御機器などの機能性をアップさせます。

このように種類も分かれているので、自分が独立するときはどの分野でアピールするのか考えておくようにしましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

組み込みエンジニアとして独立する際のメリットとは?

組み込みエンジニアは家電や通信機器、産業機械など活躍できる範囲が広いです。

そのため、独立したなら大きなメリットがあることが見込めます。

どのようなメリットがあるのか以下の点を確認しておきましょう。

需要が増してきている

組み込みエンジニアの需要は年々増加している傾向があります。

IoTの技術が進んで家電にインターネットが接続されることで、より利便性を多くの人が実感してきているので、多くの企業もIoTの活用を考えています。

特に、家電ではテレビやエアコンなどのIoTが備わるようになってきており、IoTの商品も次々に開発されてきています。

組み込みエンジニアは専門性の高さから人手不足となっており、企業も開発や設計などを外注することも多いです。

そのため、組み込みエンジニアとして活躍できる幅は広く、独立した際も案件を受注しやすいでしょう。

将来的に必要性が無くなることも考えにくいので、独立して収入が無くなるリスクも他の業種と比較すると低いです。

高度なスキルや知識が必要なので競争率が低い

組み込みエンジニアは高度なスキルや知識が必要になっています。

そのため、組み込みエンジニアとして活躍する人は多くはなく、独立後も競争率は高くありません。

業種によっては多くの人が開業やフリーランスとして活躍していることも多いので、独立して案件を安定して受注できるわけではありません。

競争率が高いなら1つの案件を受注するだけでも難しく、会社の従業員のときよりも収入が減ってしまうリスクもあります。

しかし、組み込みエンジニアのように競争率が低いなら、案件受注も難しくはないでしょう。

高度な技術を求められるほど、より競争率は下がるので、スキルと知識に自信がある人は技術は収入アップして経営の成功を期待できます。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

組み込みエンジニアの独立の際、仕事で習得しておきたいスキルとは?

組み込みエンジニアとして独立を行いたいなら、必要なスキルを習得しておくことが大事です。

必要なスキルを習得しておかないと、独立を考えていても案件受注ができずにうまくいかないこともあるからです。

組み込みエンジニアとして押さえておきたいスキルは以下のようになっています。

プログラミングスキル

組み込みエンジニアは組み込みシステムを開発するエンジニアなので、プログラミング言語を習得しておくことが必須です。

プログラミング言語によって機器やデータに必要な指示を与えなければいけないので、しっかり習得しておかないと仕事にならないと考えられます。

プログラミング言語にもいろいろな種類がありますが、組み込みシステムで必要とされているのはC ++やJava、アセンブリです。

これらのプログラミング言語を習得しておくことで、組み込みエンジニアとして独立後もある程度の依頼を受注することができるはずです。

自分の習得しているプログラミングによって扱えるものに違いも出るので、自分のプログラミングはどの分野に生かすことができるのか、独立前に考えておきましょう。

また、システムの進歩によっては必要なプログラミング言語が増える可能性もあるので、新たに習得する必要性が生じることも明記しておきます。

コンピュータや電子基盤の知識

組み込みエンジニアは、独立した機械に組み込まれたコンピュータを制御するシステム開発を行います。

そのため、コンピュータに関してもある程度の知識を得ておかないと作業できないことになります。

コンピュータ知識は、例えば家電などに組み込まれている小型コンピュータ、また自動車に使用されているマイコンなどです。

コンピュータの知識を習得しておくことで、あらゆるものに対応することができます。

また、同じく電子基盤の知識も習得しておきましょう。

電子基盤の知識はプログラミング機械を制御する際に必要です。

電子基盤の設計をして機械がプログラム通りに動作できるようにすることが求められるため、知識だけでなく小型設計できるスキルを習得しておくとクライアントの依頼に応えやすくなります。

基板まで扱えるようになれば、独立の際に仕事の幅を広げることができるでしょう。

語学力

組み込みエンジニアとしては語学力も必要とされるスキルです。

組み込みシステムで使用される部品は日本製以外に海外製品も多いからです。

海外製品の場合はその国の言語、または英語で説明書が記載されており、日本語が同時に記載されていることはほとんどありません。

また、製品についてさらに詳しく聞いておきたいなら、メーカーに問い合わせる必要があり、英語は必要になるでしょう。

特に、独立したら自分で製品を取り寄せることも多くなり、問い合わせも自分で行わなくてはなりません。

誰かに問い合わせを任せることが難しいので、語学力を身に付けておかなければ苦労することも考えられます。

最低限の語学力は身に付けておくようにしましょう。

AIに関する知識

組み込みエンジニアは、AIについての知識やスキルを習得しておく必要もあるでしょう。

AIの進歩により、いろいろなところでAIのシステムを搭載することが増えてきています。

AIによる自動制御による需要は増加していくことが考えられるので、AIに必要なIoTなどはしっかり身に付けるようにすべきです。

ハードウェアの知識

組み込みエンジニアは、独立した機械に組み込まれているコンピューターを制御する必要があるので、ソフトウェアの知識を持っておくことが必須です。

ソフトウェアの知識を持っていないならハードウェアを操作するドライバの開発ができないので、仕事の幅がかなり狭められることになります。

また、機械が不具合を起こしたときに、問題がハードウェアなのかソフトウェアなのか分からず、原因を突き止めるのがかなり遅れてしまうこともあるでしょう。

組み込みエンジニアとして独立して活躍するためにはハードウェアの知識も必須となっているので、十分に理解しておくようにしましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

組み込みエンジニア独立の際に取得しておきたい資格とは

組み込みエンジニアとして独立するなら、資格を取得しておくようにすることもできます。

資格を取得しておくことはスキルの証明となるので、独立後にクライアントから自分の技術に対して信頼してもらうことに繋がるでしょう。

組み込みエンジニアとして取得しておきたい資格は以下のものです。

ETEC

ETECはソフトウェア技術者のスキルを証明する試験制度です。

試験制度として合否判定はなく、結果に応じたグレードによって自分のスキルレベルが証明されます。

グレードはC〜Aとなっており、Aに近付くほど等級が高いです。

Aの等級に達成している人はとても少ないので、もしETECでA級グレードになることができたなら、独立後のスキル証明として大きくクライアントにアピールすることができます。

また、ETEC試験はクラス1と2に分かれており、クラス1の試験を受けるためにはクラス2の試験で500点以上のスコアがないと申込みすることができません。

そのため、まずはクラス2の試験を受験をして500点以上のスコアを取ることができるようにしましょう。

エンベデッドシステムスペシャリスト

エンベデッドシステムスペシャリスト試験は、情報処理技術者試験の中でも高度な知識を問われます。

組み込みシステム開発で必要な工程の開発や実装、テストに関する問題が出題され、専門性が高いので合格率が1〜2割と難易度が高いです。

合格率が低い資格なので、取得するのはかなり知識を持っておく必要がありますが、合格できれば組み込みエンジニアとしてのスキル証明は大きいです。

試験は1年に1回のみとなっており、不合格になってしまったなら翌年まで待たなくてはいけません。

取得を目指すならしっかり学習して臨みましょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験はITに関しての知識が求められる試験です。

組み込みシステムとして特化した資格ではありませんが、国家資格なので取得しているとクライアントの信頼度も高くなり、案件依頼申込みの際に条件として提示されることもあります。

基本情報技術者試験はシステムの開発や設計、運用などの知識が問われるので、しっかり知識を理解しておく必要があるでしょう。

また、基本情報技術者試験の上位に位置付けられている資格に応用情報技術者試験があります。

基本情報技術者試験はシステム開発プロジェクト全体に関する知識であり、スコープや予算、工程、品質などの管理、アーキテクチャの設計が含まれます。

難易度は基本情報技術者試験よりも高いので、この資格を取得すれば、より組み込みエンジニアとしての信頼度が増すでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

組み込みエンジニアとして独立する際の注意点

組み込みエンジニアとして独立するなら注意しておくこともあります。

独立するということは、組み込みエンジニアとしての仕事をするだけではなく、経営も行わなければならないのです。

代表的なものをひとつ挙げると会計作業があります。

会社員として企業に勤めていたときは、自分でやる必要はなかったものです。

しかし独立するとなると、すべて自分で行わなければなりません。

純粋な組み込みエンジニアとしての技術面だけではなく、経営するにあたって最低限必要なことについては独立前にに学んでおきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

組み込みエンジニアとして独立を考える

組み込みエンジニアとしての十分な知識やスキルを持っているならば、独立も自分自身の選択肢に入れてみてください。

独立することで、よりキャリアアップや収入アップを目指すことができるからです。

しかしながら、ここまでご案内した通り、組み込みエンジニアの独立はいいことばかりではありません。

さらなる高度な知識やスキルが必要なことは当然ですし、経営者としてのスキルやマインドも求められることも肝に命じながら、組み込みエンジニアとしての独立を考えましょう。

もし少しでも組み込みエンジニアでの独立を考えている方は経営サポートプラスアルファまでご相談ください。

独立して会社を設立するまで、何度でも無料で相談を受け付けています。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE