ネットワークエンジニアでの独立の成功の秘訣とは?注意点も考慮しておこう

ネットワークエンジニアとして豊富な実績を重ね、十分なスキルがある人であれば、独立を考えるかもしれません。

ネットワークエンジニアとして自信があるならば、自分の可能性を試したい気持ちが湧いてくるかもしれません。

もし、成功すれば仕事のモチベーションアップなどメリットも多くなるでしょう。

ただ、ネットワークエンジニアとして独立したとしても、必ず成功できるわけではありません。

しっかり注意点も確認しておくことは大事です。

内容を紹介しましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ネットワークエンジニアの独立のメリットとは?

ネットワークエンジニアとして独立をするなら、どのようなメリットがあるのか知っておきたい人もいるでしょう。

メリットを知っていることで独立をより真剣に考えることができます。

ネットワークエンジニアの独立は以下のようなメリットがあります。

高単価案件の受注による収入アップ

ネットワークエンジニアとして独立することで高単価の案件受注による収入アップを見込めます。

会社の従業員として働いている際は、どんなに仕事を頑張っても毎月もらえる給料は決まっています。

また、自分の仕事を終えたとしても、他の社員が仕事を終えていないなら手伝う必要もありますが、給料に反映されることはありません。

そのため、ネットワークエンジニアの会社員としてたくさん働いたとしても、給料は変わりません。

しかし、独立をすると仕事をして案件を完了できた分だけ収入を増やすことができます。

そのため、独立して仕事量が増えたなら収入も同じく増えることが予想できるので、モチベーションを上げることができるでしょう。

また、ネットワークエンジニアの案件は高単価のものが多いので、案件の選択によっては従業員のときよりも高収入とすることも可能です。

ネットワークエンジニアの案件相場は月50〜60万円ほどと言われており、経験と実績があるならさらに単価の高い案件を受注できる見込みもあります。

実力があるネットワークエンジニアほど、収入へ大きな期待を持つことができ、年収を大幅にアップさせることもできるでしょう。

得意な仕事のみを選択できる

ネットワークエンジニアとして独立をすると、自分の得意な仕事のみを選択することができます。

ネットワークエンジニアの業務には設計や構築、保守、管理などがありますが、それぞれの分野で仕事内容には違いがあります。

例えば、構築では機器配置やケーブルの取り回しなどハードな仕事もあるので、仕事の中でも自分が得意なものと不得意なものが出てくるでしょう。

しかし会社の従業員の場合、どんな仕事も行わなくてはいけません。

自分が得意とする仕事だけではなく、不得意なものも指示されたなら行わなくてはいけません。

ネットワークエンジニアに関係のある業務なら、不得意でもキャリアアップとして前向きに仕事を行えるでしょう。

ただ、関係無い仕事まで行うように指示されると、人によってはストレスを感じるかもしれません。

ネットワークエンジニアとして独立すると自分のしたい仕事のみを選ぶことができるので、作業する案件は全て自分が納得したものに着手できます。

自分で選んだ仕事であればモチベーションもアップでき、よりネットワークエンジニアとしてキャリアを伸ばすことも可能です。仕事を行うのが楽しくなることでしょう。

休みもしっかり取れる

ネットワークエンジニアとして独立を果たすならば休みをしっかり取ることも可能です。

ネットワークエンジニアは仕事の需要の高さから、日々業務に追われてしまうことが多いです。

会社の従業員の場合は自分で仕事量を調節することができず、会社のスケジュールに沿って作業する必要があります。

しかし、ネットワークエンジニアエンジニアとして独立をすると、仕事量やスケジュールは全て自分で決定できます。

スローライフを送りたいなら仕事量を調節して余裕のある日程で作業することも可能です。

長期休暇を取りたいなら仕事の受注を抑えるなど、自分で仕事と休みを調整できるので、心身共に大きなストレスを抱えることを防げます。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

ネットワークエンジニアの独立のデメリットとは?

ネットワークエンジニアとして独立することは、メリットだけでなくデメリットも生じます。

デメリットを考慮しておくことで、独立の際に不測の事態に陥ることを避けることが可能です。

ネットワークエンジニアの独立のデメリットは以下のようになっています。

スキルがないと高収入は難しい

ネットワークエンジニアとして独立する際は、スキルがないと高収入を得ることが難しいです。

ネットワークエンジニアはクライアントの必要に応じたシステム設計を行い、最適なネットワークの実現を行う必要があります。

そのため、設計、構築、保守と管理という分野において、しっかり一定のスキルを持っておかないと期待に応えた仕事ができません。

もし一定のスキルに達していない状態で独立すると、依頼が来ても対応できず収入を得られません。

簡単なものだと安い案件ばかりになってしまい、結果的に従業員のときよりも収入が少なくなることもあります。

そのため、一通りの業務についてしっかり行えるスキルの確認をしておくようにしましょう。

まだ、知識やスキルが足りないと感じるなら、独立しても高収入を目指すことは難しいからです。

トラブルが起きた際は適切な対応をする必要もあるため、ネットワークエンジニアとしての経験も考慮して独立を考えてみましょう。

在宅勤務の案件を取るのが難しい

ネットワークエンジニアは、独立したとしても在宅勤務の案件を取るのは難しいです。

会社の従業員から独立して仕事をする1つの魅力は、在宅勤務ができることかもしれません。

ただ、ネットワークエンジニアの場合は在宅で行える仕事が少なく、独立した場合は客先常駐として依頼先の企業まで通勤しなくてはいけない案件が多いです。

ネットワークエンジニアの場合はネットワーク機器などのハードウェアの扱いが必要になり、セキュリティ上の理由から外部からアクセスして作業や運営を行うことが難しいのです。

受注した案件によっては遠方まで通勤しなくてはいけない可能性もあるので、依頼を受諾するかどうかは、仕事場までの距離も確認しておく必要もあるでしょう。

在宅勤務を考えて独立するなら、予想外となるでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ネットワークエンジニアとして独立する際に必要なスキルとは?

ネットワークエンジニアとして独立したいなら、スキルを習得しておくことが大事です。

しっかりスキルを習得しておくことで、独立後に収入確保や仕事の調整を行いやすくなります。

必要なスキルは以下のようになっています。

コミュニケーション能力

ネットワークエンジニアとして独立した際はコミュニケーション能力も必要です。

クライアントから依頼が来た際は、しっかり内容を把握してどんな要望を持っているのか確認する必要があるからです。

依頼してくるクライアントはネットワークについて理解しているわけではないので、要望によっては実現が難しいこともあります。

その際にどのような手順や方法で要望を実現できるのか、専門家としての提案を行う必要があります。

しっかりヒアリングして分析することが必要なので、コミュニケーション能力でも高度な点を求められることもあります。

また、大きな依頼を受注した際は自分1人ではなくて複数人と連携して作業を行うこともあります。

コミュニケーションがうまく取れなければ、作業効率を悪化させてしまう恐れもあります。

コミュニケーションに自信のない人はしっかりとトレーニングしておいた方がよいかもしれません。

自己管理能力

ネットワークエンジニアとして独立したなら、自己管理能力も必要です。

独立した場合は仕事の日程や仕事量、休みの間隔などスケジュールに関して全て自分で決定します。

従業員であれば会社の仕組みや上司がスケジュールや工程管理をしてくれたかもしれませんが、独立すると誰も指示や管理はしてくれません。

自分でスケジュール管理を行う必要があり、仕事量の管理の他、経費管理、健康管理、休暇管理も行う必要があります。

例えば、収入アップを計画してたくさん依頼を受注したとしても、仕事が多過ぎて休暇を取ることができないなら、疲労が溜まってしまうことになり、体の調子を崩してしまうこともあるでしょう。

ネットワークエンジニアとして独立したなら仕事だけでなく、スケジュール管理をしっかりしないと経営に支障が出るので、スキルを確認しておきましょう。

資格を取得しておく

ネットワークエンジニアとして独立するなら、資格の取得をしておくこともおすすめです。

資格を取得しているなら自分のスキルをクライアントに提示でき証明することが可能です。

ネットワークエンジニアとして取得できる資格は例えば、CCNA・CCIE、ネットワークスペシャリスト試験などがあります。

CCNA・CCIEはネットワークの基本的な知識を問う資格であり、CCIEはよりハイレベルな知識があることを証明できます。

ネットワークのスキル証明としては大きな資格なので、独立前に習得しているなら高額案件を取得できる可能性も高くなります。

ネットワークスペシャリスト試験を取得していると、大規模でセキュリティの高いネットワーク技術を証明できます。

合格率が14.4%と難易度が高い資格ですが、その分高度なスキルを持っていることを証明できるので、どのような依頼も完了することができるはずです。

このように資格を取得しておくと独立の際に有利になるでしょう。
参考記事:【合格体験者が語る!】ネットワークスペシャリストの勉強法と合格体験記

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ネットワークエンジニアとして独立する際に注意しておくこと

ネットワークエンジニアとして独立する際は、注意点も把握しておくことが大事です。

どのような点を把握しておけばいいのか以下の内容を確認してください。

自分で新たな情報収集をする必要がある

ネットワークエンジニアとして独立したなら自分で情報収集する必要があります。

会社に勤務していたときは同僚や会社の部門から新しい情報やスキルについて知る機会がありますが、独立すると自分で行動しないかぎり情報が入ってきません。

もし、古い情報やスキルのままだと案件を受注するのが困難になることもあるので、自分で専門サイトを確認する、元職場の同僚と連絡を取り合って情報を得るなど、収集することを怠らないようにする必要があります。

ネットワーク関係は特に日々新しい知識やスキルが出てくるので、注意しておきましょう。

初期費用を確認

ネットワークエンジニアとして独立するなら、初期費用の確認をしておくことも大事です。

ネットワークエンジニアの独立の際に準備するのは、会計ソフトや請求書などの資料、名刺作成、仕事道具や備品などで収まるので、初期費用はそこまで高くありません。

何百万円も貯金していなくても独立することが可能なので開業のハードルは低いですが、お金の計算をしておかなくては自分の生活費を圧迫してしまうこともあります。

特に、独立し始めは案件が思うように受注できないこともあるため、2〜3ヶ月分の生活ができるくらいの資金があるのか確認しておくようにしてください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ネットワークエンジニアとして独立してみよう

ネットワークエンジニアとして経験やスキル、知識を得ることができたなら、独立を考えてみることができます。

独立して自分の要求通りに行うためには、しっかり自己分析と計画性が必要です。

もし少しでもネットワークエンジニアでの独立を考えている方は経営サポートプラスアルファまでご相談ください。

独立して会社を設立するまで、何度でも無料で相談を受け付けています。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE