【プログラマの独立はご注意!?】プログラマとして独立するメリットとデメリットとは 

こんにちは、今回はプログラマの独立に焦点を当てていきます。

IT技術の発展でパソコン一台でできる仕事の幅が広がっており、多くのプログラマやエンジニアが活躍しています。

プログラマとして独立をすることで、自宅にいながらパソコン一台で仕事をこなし、稼いでいる人が増えてきています。

今回はプログラマとして独立する際のメリットやデメリットを踏まえた上で、独立する際の注意点や収入面に関して詳しくご紹介していきます。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

プログラマとは

最近では”ITエンジニア”という職業の認知が広がってきており、その中の1つとして「プログラマ」という職業が挙げられます。

そもそもプログラマとは、プログラミングの言語を使い、様々なシステムやソフトウェアの作成をしたり、システムのテストを行い、バグや不備のない状態にして納品することを仕事にしているエンジニアです。

代表的なプログラミング言語としては「Java」「PHP」「Python」などが挙げられますが、より多くのプログラミング言語を扱うことができるプログラマであれば、仕事の幅が広がり様々な仕事を請け負うことができます。

しかし、プログラマとして独立をする際には、多くの言語を扱うことが出来ればいいという訳でもなく、扱う言語が少なくとも代表的で需要のあるプログラミング言語を極めることで十分に仕事を請け負うことができるのです。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

プログラマの種類

プログラマと一概に言っても、その種類はいくつかありそれぞれ業務内容や必要とされる言語が異なります。

そのため、代表的な例についていくつかご紹介していきます。

Web系プログラマ

Web系プログラマとは、主にWebサイト制作やWebサービス全般のプログラマのことを指します。

Web上で動作するシステムやサービスの開発、運営を行っていきます。

ホームページ制作業で独立をして、企業から直接制作の依頼や運用を請け負っているプログラマも増えてきています。

作成するホームページの内容に応じて必要な言語が異なりますが、最低限のスキルでも独立をすることが可能なプログラマです。

ゲーム系プログラマ

ゲーム系プログラマとは、テレビゲームやSNS、スマホのゲームアプリなどの制作を業としているプログラマです。

数学や物理などの理系の知識が必要になることもあり、業務の範囲も比較的大きくなります。

また、ゲーム系プログラマで仕事を獲得するにはある程度のツテがないと難しいかもしれません。

アプリケーション系プログラマ

パソコンやスマートフォンでインストールされるアプリケーションの開発や運用を担当するプログラマです。

アプリケーションはインストールをするデバイスによって開発する言語に違いがあるので、独立をするのであれば複数の言語を身に着けておく必要があります。

特に最近では様々な分野や業界でアプリケーションを取り入れているサービスが増えています。

今までブラウザでサービスを提供していた企業がアプリ化をすることで、より使いやすさを向上している流れがあります。

それに伴い、アプリケーション系のプログラマで独立する人は増えています。

中には自身で独自のアプリを作成してヒットさせているプログラマもいるのです。

パッケージソフト系プログラマ

パッケージソフトとは、パソコンにインストールをすることでサービスを導入することができるソフトのことであり、ホームページ制作用のソフトやウイルス対策の「ウイルスバスター」などもパッケージソフトの内の1つです。

パッケージ系のプログラマはパッケージソフトの開発だけでなく、テストまで行い正常に作動するかを確認した後に納品する必要があります。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

プログラマとして独立するときのメリットとは

多くのプログラマは企業に属していますが、プログラマとして独立をすることで様々なメリットが得られるため、いくつか代表的な例をいくつか挙げていきます。

自分のペースで仕事ができる

プログラマとして独立をする理由としては、自分のペースで仕事ができることが挙げられます。

通常、企業に属して働く上では、長時間会社に拘束されながら業務をこなしていくため、性格上で合わなかったり、ストレスに感じてしまう人もいます。

その点、独立をすることで自身の働きたい時間に働いたり、仕事の量を調整することできるので、誰にも指図をされずに仕事とプライベートの管理がしやすくなります。

プログラマの業務は自宅でもできるので、独立をして自宅でパソコン一台で仕事を行っている人も多いようです。

直接報酬を得ることができる

独立をして直接仕事の依頼を請け負うことで、全ての報酬を自身で獲得することができます。

そのため、自身の頑張り次第で収入をドンドン増やすことができます。

プログラマとして独立をすることで、企業に勤めていた頃よりも高い年収を稼いでいるプログラマは多くいます。

自宅でも作業ができる

先ほども記述したように、自宅で業務をこなしているプログラマは多くいます。

プログラマとして独立している人は自宅にあるパソコン一台で仕事をこなして生計を立てている方が多くいます。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

プログラマとして独立するときのデメリットとは

プログラマとして独立する際には様々なメリットがありますが、それに対してデメリットも生じてくるのです。

では、どのようなデメリットがあるのか、いくつかご紹介していきます。

自分で仕事を獲得しなければならない

独立をする際の最大のデメリットとしては、仕事を安定させる難しさが挙げられます。

会社員のプログラマであれば、会社が獲得してきた案件をこなしていれば問題はないのかもしれません。

しかし独立をするとなると、自分自身で仕事を獲得していかなければなりません。独立直後は営業活動で苦戦することになるかもしれません。

仕事を安定して獲得できるかどうかが不安で、なかなか独立できないプロクマラマは多いです。

プログラマという仕事はパソコンと向き合って業務を行うケースが多いため、独立後にいきなり営業活動の一歩を踏み出すことに苦手意識を持つ人も多いようです。

仕事の管理が大変

安定して仕事を獲得できるようになった後では、仕事の管理面の課題にぶつかります。

プログラマとして仕事を安定させようとドンドン仕事を獲得してしまうと、同時に管理をしなければいけないことも増えてくるのです。

独立をした後に仕事を獲得することが得意でも、仕事の管理ができなければトラブルやクレームにも繋がってしまうこともあるのです。

ミスを犯した際の責任が全て自分

企業に属している際に仕事でミスを犯しても、基本的にはその責任は企業側にあります。

しかし、プログラマとして独立をした場合、自身のミスは全て自身の責任となってしまいます。

作業に対してのプレッシャーはより大きなものになってしまいます。

経理業務や税金関係も自分で行う

独立するとなると、経理関係の業務も自分で行わなければなりません。

たとえばプログラマとして企業に属しているときには、税金などの書類関係は基本的に企業に任せていれば対応をしてくれます。

しかし独立した後は全て自身で管理をしなければいけないのです。

そのため、常に仕事のことだけを考えておけばいいというわけではなく、確定申告のやり方なども事前に把握しておく必要があるのです。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

<最後に>プログラマとして独立するときにはトラブルに注意

プログラマとして独立をする際のメリットやデメリットを中心にご紹介してきました。

独立後になんらかのトラブルに直面した際、その責任は大きな負担となるでしょう。

特に報酬面でのトラブルがよく発生しています。

しっかり業務をこなしていたとしても報酬が支払われないというケースは少なくはありません。

プログラマとして独立をする際には、提携する企業や取引先とは、必ず契約書を交わしてお互いに信用できる状態で仕事のやり取りをしてください。

また、プログラマとして独立をする際には、「個人事業主」として独立をするか、「法人」として合同会社や株式会社として独立するパターンがあります。

個人事業主が向いているプログラマがいれば、法人として独立する方が向いているプログラマもいます。

そのため、独立をするとなったときには、独立支援や相談を請け負ってくれる専門家に相談をしてみるといいでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE