リペア職人として独立するための必要知識とは?秘訣を理解して成功しよう

フローリングや家具についた傷を修復するスキルに自信があるなら、リペア職人として独立を考える人もいるでしょう。

リペア職人は住宅やテーブルなど幅広い分野の修復を行い、需要もあるので独立後の収入増加に期待することができるでしょう。

ただ、リペア職人として独立する際は慎重に自己分析を重ねて考える必要があります。

独立はメリットだけでなくデメリットもあるからです。

リペア職人の独立について紹介します。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

リペア職人にはどのような種類があるのか?

リペア職人は多様なジャンルでの補修を行っており、特別な資格を取得しておく必要はありません。

資格なしでも仕事を行うことができますが、手先の器用さや物を復元する能力が求められるので、美的センスや手先の器用さが必要になる職業です。

また、いろいろな材質を見極めるスキルも必要になるので、各材質の知識を深めておくことも大事です。

知識を深めて修復のスキルを習得しておくなら、独立の際に仕事の幅も広がるでしょう。

では、リペア職人はどのような修復に対応していくことが求められるのでしょうか。

おすすめをご紹介します。

フローリング

1つ目はフローリングです。

フローリングの上でベッドや家具などを引きずるとフローリングにはキズが残ります。

フローリングの引っ掻き傷にはパテという粘土状の補修材を使ってリペアできる技術が必要です。

フローリングのどんな傷も目立たないスキルを持てるようになっているなら、独立を考えることもできるでしょう。

ドア穴の修理・修復

主に合金に付いたドア穴の傷を修復します。

合板についた傷を目立たないようにするため、スプレーなどを使用して修復します。

ただ、リペアは修復するのみなので、ドアの張り替えや金具の取り替えなど専門知識が必要になるものはできない場合があります。

行える範囲を確認して作業する必要があるでしょう。

木造家具修復やサッシリペア

木造家具修復リペアは木でできた家具を修復する作業です。

木でできている家具なので、修復時に傷を付けないように慎重に行う必要があります。

木目に合わせて塗装をする必要もあるので、木造に関しての知識も必要になるでしょう。

また、サッシにできたキズやへこみを補修することをサッシリペアと言いますが、サッシリペアの塗装を行う場合はツヤ調整なども必要であることから、その難易度は高いといわれています。

天然石や人工大理石リペア

天然石の欠けやえぐれに対して補修します。

天然石や人工代理石は元々の素材も綺麗なので、修復して見た目を良くするには技術が必要です。

えぐれが大きいと修復作業の難易度が上がるので、実績や経験を積んでおかないと独立して仕事を行うのは難しいでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

リペア職人として独立するならフランチャイズの加入がおすすめ

リペア職人として独立するなら、自分で行うよりもフランチャイズに加入することがおすすめです。

フランチャイズに加入した方が、独立する際にいろいろなメリットを得ることができるので、成功する確率を上げることができます。

リペア職人の独立でフランチャイズを利用するする利点について紹介しましょう。

開業のサポートを受けることができる

リペア職人として独立するときに、フランチャイズに加入することで開業サポートを受けることが可能です。

今まで会社に勤務していた人が独立を考えても、どのように開業すればいいのか分からなくなることもあるでしょう。

開業にはいろいろな手続きが必要であり、その際に書類も準備しなくてはいけません。

開業の際は事業内容を記した書類や印鑑証明などが必要ですが、ノウハウを理解していなくてはミスも生じて手間と時間ががかかってしまうでしょう。

ただ、フランチャイズであれば開業の際に必要な書類の準備、またリペア職人の独立の際に必要になる道具や事務所についても適切にアドバイスしてくれます。

開業の際のマニュアルも提供してくれるので、初めて開業する方も手順を迷わずに行うことができます。

フランチャイズによっては本部講習やWEB面談、無料オンライン見学会、融資サポートもしてくれるので、独立の仕方を体験することも可能です。

開業サポートを受けた方が、独立は迷わずに行えるので考えてみてください。

技術指導をしてもらえる期待もある

リペア職人として独立する際にフランチャイズを利用するなら、技術指導をしてもらうこともできます。

リペア職人は補修する技術が必要ですが、材質によって補修の方法は異なります。

1つのものに特化してリペア職人になるのもいいですが、どんな材質にも対応できた方が仕事の受注率も上がるでしょう。

ただ、個人で材質補修のスキルを向上させることは簡単なことではありません。

独立した後に、独学で一からリペアの勉強をしていくために時間を割くのは相当に困難でしょう。

しかし、フランチャイズであればリペア技術に関してもパッケージがあり、補修のやり方を吸収することが可能です。

独学だと調査するだけで時間がかかりますが、すでにパッケージとしてやり方が分かるなら、直ぐに吸収することができます。

また、講習会やWEBによる動画での技術紹介もフランチャイズによっては見ることができるので、補修の技術向上も行いやすいです。

集客も行いやすい

フランチャイズによってリペア職人として独立するなら、集客を行いやすい利点があります。

リペア職人として、補修工事の集客ターゲットは個人のお客様だけではありません。

車関係や不動産企業、飲食店、ホテル、ショップなど、法人の方もお客様としてターゲットにすることができます。

ただ、ターゲット範囲が広くても集客力が無ければ依頼を受注することは難しいです。

個人で独立して集客を行う際はSNSや広告、ホームページなどを利用することができますが、知名度がないのでリペア職人として信頼を得ることが難しく、思うように集客できないこともあります。

しかし、フランチャイズ加盟していると、フランチャイズの知名度・ネームバリューは大きな強みになります。

その知名度・ネームバリューによって新規顧客を多く獲得できるかもしれないからです。

また、フランチャイズ本部からは効果的な集客方法について指導してもらえることもあります。

リペア職人として集客を行うことは簡単なことではないので、ノウハウを教えてもらうためにフランチャイズで独立するのがおすすめです。

収入を安定的に得られやすい

フランチャイズに加盟して独立するなら、収入を安定的に得られやすいメリットもあります。

リペア職人として独立をした場合、案件数によって毎月収益が変わってくるので不安定です。

案件数によっては収入が少なくなり、赤字になってしまうこともあるでしょう。

特に、個人の力で独立した場合は収入が不安定になってしまう可能性が高く、資金調達をして安定性を図ろうとしても、信頼度の問題で上手くいかずに倒産することも多いです。

しかし、フランチャイズであれば収入は比較的安定させることも可能です。

フランチャイズの場合はブランド力があるので、金融機関からの信頼も得やすく資金調達も行いやすいからです。

また、フランチャイズと連携している金融機関を利用することもできるので、個人として独立するよりは資金調達の面で苦労するリスクは少ないでしょう。

収入面でいざという時のサポートが欲しい場合も、フランチャイズであれば解決することが期待できます。

リペア職人として自信を持てる

フランチャイズなら、リペア職人として自信を持つことができます。

リペア職人として個人1人の力で運営していくなら、自分で全てのことを行う必要があるので、職人としてのスキルはもちろん、経営や運営の計画などを全て行う必要があります。

一気にいろいろなことを吸収しなくてはいけないので、未経験の方だと出張リペアとして働く際に自信が持てないこともあるでしょう。

ただ、、フランチャイズなら研修を受けて運営方法についてもしっかり指導してもらうことができるので、スキルと経営の両方を補うことも十分可能です。

自分の働き方に合わせて収益を上げていくという点でもフランチャイズの加盟は独立する点で安心感を抱けるので大きな自信につなげることができるでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

フランチャイズとして独立するためのリスクも確認

リペア職人として独立するためには、フランチャイズに加盟することは1つの方法です。

ただ、フランチャイズに加盟して独立する際にもリスクがあります。

どのようなリスクがあるのか内容を紹介しましょう。

ロイヤリティを支払う必要がある

フランチャイズに加盟して独立したならロイヤリティを支払う必要があります。

ロイヤリティとは毎月フランチャイズ本部に支払う費用のことです。

フランチャイズに加盟した場合は必ずロイヤリティを支払わなければならず、加入するところによって金額に違いがあります。

そのため、フランチャイズでの独立は、仕事で得た収入全てを得られるわけではありません。

働いた分の一部は必ずロイヤリティとして納めなくてはいけないので、どれくらいの設定となっているのか確認しておく必要があります。

また、ロイヤリティは収益に関係なく支払わなくてはいけないので、時にはロイヤリティの支払いが大きな負担になってしまうこともあるでしょう。

フランチャイズに加盟してリペア職人として独立するときはロイヤリティの支払いに問題ないか確認して利用するようにしてみましょう。

資金は自分で用意しなくていけない

リペア職人としてフランチャイズを利用することができますが、資金は自分で用意しなくてはいけません。

フランチャイズだと未経験でも独立することができるように、スキル研修や経営へのノウハウの指導などは徹底的に行ってくれます。

しかし、資金に関しては自分で用意しなくてはならず、フランチャイズから資金を出してもらえることはありません。

また、フランチャイズによっては加盟金を取られることもあるため、初期投資費用はしっかり計算しておかなくては独立を行うことができないでしょう。

また、独立した後も経営を行うことができるようにランニングコストを計算してある程度の資金を準備しておく必要もあります。

ただ、個人で独立する際も資金は必要になるので、フランチャイズへの加盟も個人の独立も資金準備という点では同じです。

独立のために資金計画を立てるようにしてください。

リペア職人としてフランチャイズに加盟する際の手順とは

リペア職人としてフランチャイズに加盟するなら手順を押さえておくことが大事です。

手順としては、まずWebセミナーに参加をします。

本部と直接リモートで相談できるので独立に関して質問して経営形態について理解しておくようにしましょう。

その後は実際に加盟店を見学してスタッフや店舗の雰囲気を確認します。

個別相談も受けてフランチャイズへの加盟を決断したなら契約を結びます。

契約は書類の手続きなどもあり時間がかかることを認識しておきましょう。

その後にリペア職人としてのスキル学習や講習を行い、営業準備に取り掛かります。

営業準備を終えることができれば開業してリペア職人として仕事をスタートさせることができます。

この手順を覚えておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

リペア職人としてフランチャイズでの独立を考えよう

リペア職人として独立するなら、個人で開業するよりもフランチャイズを利用した方がメリットが大きいです。

リペア職人はスキルの種類も多いので、しっかり講習を受けておいた方が安心できるでしょう。

もしぜリペア職人での独立を考えている人は以下のバナーからより深い理解を得ることができるのでアクセスしてみてください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

NO IMAGE