左官屋はスキルがあれば独立可能!資格なしに一人でも活躍できる

保有しているスキルが非常に重要となる左官屋の世界は独立する人が多いです。

自分にスキルさえあれば独立できるため、どこかしらでスキルを高めて独立する人が多いのです。

現在、左官屋で働いている人は、自分もスキルを高めて独立してみたいと考えていることでしょう。

ただ、独立することは誰かに雇われて働くのとは大きく異なります。

今回は左官屋で独立したい人に向けて、独立までの流れや独立のメリットやデメリットをご紹介します。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

左官屋で独立するためにはスキルの習得が重要

冒頭でご説明したとおり、左官屋で長生きするためには十分なスキルが必要です。

左官工事は手作業がメインとなるため、いわゆる「職人技」を習得しておかなければなりません。

まずはこの点についてご説明していきます。

左官屋は実務経験を通じてスキルを習得する

左官屋で独立したいならば、まずは十分な実務経験を積まなければなりません。

左官工事は実務経験を通じて習得するスキルが多くあるため、まずは現場に出てスキルアップするしかないのです。

実際に現場に出てスキルアップするためには、誰かに雇われて働くのが一番です。

学校などで習得できる技術もありますが、それだけではなく実際に現場に出て技術を高めるようにしましょう。

左官屋が独立して成功するためには、ここで十分な実務経験を積むしかありません。

ただ、独立するまでにどの程度の経験を積むべきなのかは断言できません。

人によって状況が異なりますし、定量的に評価できる基準もありません。

曖昧な判断基準となってしまいますが、自分が左官屋として独立できると自信を持てる程度にはスキルを高めましょう。

なお、実際に独立している人の状況を確認してみると、少なくとも数年は働き、10年ほど働いてから独立する人もいるようです。

左官屋としてのスキルの習得に必要な期間は人によって異なるため、あまり期間については意識しすぎない方が良いでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

左官屋で資格の取得は必須ではない

左官屋で独立するために資格が必要だと思われがちですが、実際には資格は必要ありません。

工事に関わる職業ではあるものの、個人が手作業で作業する部分が多く、特に資格として必要なものは定められていないのです。

ただ、自分のスキルを証明するために資格を取得しておいて損はありません。

例えば以下の資格を取得しておくとよいでしょう。

左官技能士

国家資格で左官技術の証明ができるものです。

学科試験と実技試験の両方が実施されて、両方の面からスキルが証明されます。

レベルは1級から3級に分類されていて、取得するものによって証明できる内容が異なります。

なお、受験するためには実務経験が必要となる場合があります。

3級については実務経験は関係ありませんが、2級では2年以上、1級では7年以上の実務経験が必要です。

早い段階での独立を考えていると、実務経験の年数が足りなくなる可能性があるため、事前に確認しておきましょう。

1級に合格しておくと、左官工事業で主任技術者になれたり建築業許可の申請で専任技術者になれたりします。

左官屋として独立して事業拡大を目指すならば、最終的には取得できるように努力した方が良いでしょう。

建設施工管理技士

左官屋に特化した資格ではないものの、独立するにあたって取得したいものです。

国家資格のひとつで建築現場では必ず求められる資格です。

試験は1級と2級に分かれていて、こちらもどちらに合格するかによって証明できる内容が異なります。

十分なスキルを証明したいのであれば、独立する前に1級に合格しておくと良いでしょう。

なお、こちらについては2級でも合格率は低めで、30%程度を推移しています。

試験範囲が広く十分な対策をしなければ合格できないため、左官屋での独立前に取得したいならば計画的に勉強をしていきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

左官屋で独立する際に意識したいポイント

これから左官屋で独立するならば、事前に知っておきたいポイントがあります。

具体的には以下のとおりです。

  1. 案件を獲得する方法はあるか
  2. 最終的には人を雇うか

続いてはそれぞれのポイントについてご説明します。

独立のポイント1:案件を獲得する方法はあるか

独立するにあたって案件を獲得する方法があるかどうかを考えておきましょう。

案件を獲得する方法を何も考えずに独立すると、左官屋としての収入がないまま日々を過ごさなければなりません。

つまり、生活に影響が出てしまう可能性があります。

案件を獲得する方法は様々あります。

その中でも特に意識しておきたいのは、独立前のつながりで案件は獲得できるかです。

左官屋の世界は狭いため、独立するとなると仕事を発注してくれる人がいるかもしれません。

そのような人を事前に見つけておけるかは重要なポイントです。

なお、現在は左官屋が不足している傾向にあります。

そのため、事前に仕事を受注する方法を考えていなくとも、人手不足から仕事が舞い込んでくる可能性もあります。

営業をかければ仕事を獲得できるかもしれません。

ただ、そのような状況ではあるものの、営業がうまくいくとは限らず収入面では不安を抱えてしまいます。

可能な限り左官屋として独立した段階で仕事が獲得できるように、事前に人間関係を構築して段取りをしておくことがポイントです。

独立のポイント2:最終的には人を雇うか

最終的には人を雇うかどうかも考えましょう。

左官屋は個人のスキルが重要な職業であるため、必ずしも人を雇う必要はありません。

一人親方で活躍している人は多くいます。

ただ、左官屋として仕事の幅を広げたいのであれば、人を雇う選択肢も考えなければなりません。

自分だけでできることには限界があるため、従業員とともに働かなければならない可能性があります。

もし、将来的に従業員を雇いたいならば、左官屋を個人ではなく法人で設立した方が良いかもしれません。

独立に必要な手続きなども変化してくるため、あらかじめ検討するようにしておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<あわせて読みたい>

左官屋で独立するまでの流れ

具体的に左官屋で独立するために何を考えるべきか、ある程度イメージしてもらえたと思います。

実際に独立するとなると以下のような流れになります。

  1. 事前準備
  2. 資格の受験
  3. 備品の手配
  4. 独立に必要な手続き

それぞれについてご説明します。

左官屋独立の流れ1:事前準備

最初に独立へ向けた事前準備をしなければなりません。

何の準備もなく独立しても失敗するだけです。

必ず計画を立てて左官屋の独立へ向けて準備していきましょう。

まず、言うまでもありませんが左官屋のスキルを高めておかなければなりません。

冒頭でもご説明したとおりで、左官屋で独立するためには高いスキルが求められます。

そのために実務経験を積んで独立できるだけのスキルを手に入れておきましょう。

また、十分なスキルが手に入ったならば、独立に向けた決め事をしなければなりません。

特に重要となるのは、左官屋を個人で経営するか法人で経営するかです。

どちらを選択するかによって、独立する準備などハードルが大きく異なります。

それぞれにメリットやデメリットがあるため、その点を考慮して決定しなければなりません。

なお、基本的に個人を選択した方が独立の手続きは簡単に済みます。

その反面で個人は信用力が低いという欠点があります。

逆に法人を選択すると独立の手続きは複雑になります。

ただ、左官屋としての信用力が高まるという利点があります。

どちらも一長一短であるため、どちらを選択すべきとは一概に言えません。

自分が左官屋をどのように展開したいかを考え、考えに適したものを選択するようにしましょう。

左官屋独立の流れ2:資格の受験

必要に応じて資格の受験をしておきます。

左官屋に資格は必ず求められるわけではありませんが、スキルを証明するために受験するならば、なるべく早く受験しておきましょう。

客観的にスキルを証明するためにも、資格は取得しておいて損はありません。

資格の取得を考える際に注意してもらいたいのは、それぞれの資格の受験日です。

自分の好きなタイミングで受験できるわけではないため、事前に受験日を確認してその日に向かって計画的に準備をしましょう。

場合によっては左官屋として独立するタイミングに間に合わないため、その時は独立してからの受験でもやむを得ないでしょう。

左官屋独立の流れ3:備品の手配

試験の受験などの準備と併せて、必要となる備品の手配もしておきましょう。

左官屋として独立するためには様々な備品を用意しなければなりません。

独立するにあたって最低限必要なものだけでも購入などを進めていきます。

基本的に個人で独立するなら、好きなタイミングで購入して問題ありません。

仮に開業届の提出が終わっていなくとも、少しずつ必要なものを揃えていけば良いでしょう。

まとめて購入すると出費が高額になってしまいます。

ただ、法人で独立する場合は注意が必要です。

購入するものによっては法人名義での購入が必要となったり、契約内容によっては法人名義での契約が必要となったりします。

これらについては法人登記が完了してからしか契約できないため注意するべきです。

左官屋独立の流れ4:独立に必要な手続き

必要な準備が進んできたら独立に必要な手続きをしましょう。

個人の場合は税務署での手続きで、法人の場合は法務局での手続きです。

個人の場合は税務署に対して開業届を提出します。

個人で何かを営む際は個人事業主の扱いとなるため、開業届を提出して個人事業主になったことを知らせます。

書類としては1枚だけなので、自分で作成して提出すると良いでしょう。

法人の場合は法人登記をしなければなりません。

これには10枚ほどの書類を作成しなければならず、個人での作成は難しいかもしれません。

専門的な知識が必要となるものが多く、調べながらすると時間がかかってしまいます。

そこで、法人を設立する場合は経営サポートプラスアルファにご相談ください。

24時間受付で手数料無料のプロが会社設立の手続きをサポートします。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

左官屋が独立する方法についてご説明しました。

自分にスキルがあれば独立できる職業であるため、自信があるならば独立することも視野に入れてよいでしょう。

独立する際に重要となるのは個人を選択するか法人を選択するかです。

特に法人を選択する場合、手続きに時間がかかってしまうため気を付けなければなりません。

ただ、法人を選択する場合は経営サポートプラスアルファにご相談いただけると、手数料無料でプロがサポートします。

左官屋で独立する準備をしながら法人登記をすると時間を要するため、ぜひともご相談ください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE