清掃業で独立する際のポイントとは?成功と失敗について考えよう

清掃業のスキルやノウハウを理解してきたなら、独立することを考えるかもしれません。

清掃業として勤務するよりも独立した方が収入を増やすこともでき、自由に仕事を行える可能性があるからです。

清掃業として長年働いてきたなら独立にも自信を持つことができますが、確実に成功する保証はなく失敗するリスクもあります。

清掃業で独立する際の成功と失敗のポイントについて紹介しましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

清掃業として独立する手続きのポイントとは?

清掃業で独立する際は、手続きのポイントを理解しておくことが必要なので確認しておくことが大事です。

手続きポイントを確認しておくことで、独立がスムーズになるでしょう。

清掃業での独立は種類によって違いがあるので確認しておきましょう。

ハウスクリーニングなら開業届のみで問題ない

個人事業主として清掃業の仕事を行う際、基本的に開業届の手続きを取るだけで問題ありません。

そして、ハウスクリーニングは仕事をするときに特別な資格が必要なわけではないので、無資格で直ぐに始めることができます。

清掃のスキルと実績があれば誰でも独立することができるので、税務署に行って開業届の手続きをしてください。

開業届は税務署で屋号などを設定するだけで簡単に手続きを終えることができるので、とても簡単です。

もし、法人として手続きを行うなら、書類の準備が必要であり受理されるまでに時間もかかるので、期間を計算して早めに行動しておくことが大事です。

また、ハウスクリーニングの場合は資格が必要ないとはいえ、スキルをアピールした方が依頼案件を多く受注できる期待があります。

他の清掃業との差別化を図るために、ハウスクリーニング技師などの資格を取得しておくのもいいでしょう。

ビルクリーニングなら専門の資格が必要

ビルクリーニングの清掃業として独立を考えるなら、ハウスクリーニングと違って資格を取得しておく必要があります。

ビルクリーニングはビル内の清掃を行う作業ですが、法律で資格を所持しておくことが定められているからです。

開業届を出して直ぐに仕事として始めることはできますが、無資格でビルクリーニングをしているなら違法となるので、独立前に資格を取得して条件を満たしておきましょう。

必要な資格は「ビルクリーニング技師」と言われるものであり、1級、2級、初級、3級と分かれています。

階級が低くなるほど資格としての重要度が高くなりますが、2級の場合は2年以上の実務経験、1級の場合は5年以上の実務経験が必要になります。

また、建築物清掃を行う場合は清掃作業監督者の資格も必要です。

この資格は、ビルクリーニング技士と同じで国家資格となっており、取得するためにはビルクリーニング技師1級を持っていることが条件です。

必要な資格を取得して独立をスムーズに行ってみましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

清掃業の独立は種類により年収に違いが出る可能性もある

清掃業として独立するならハウスクリーニング、ビルクリーニング、病院清掃、店舗オフィスクリーニングを仕事にすることができます。

これらの清掃業の種類は資格の必要なものもありますが、年収に違いが出る可能性もあります。

各清掃の種類により案件単価と競争率などに違いがあるからです。

まず、ハウスクリーニングの場合は平均年収が個人の場合だと大体180万〜420万円ほどです。

ハウスクリーニングとして開業している方は多いので、場合によっては年収が200万円に届かないこともあります。

ビルハウスクリーニングだと大体年収が240万〜720万円です。

ビルハウスクリーニングは依頼案件も高いので、うまく経営できれば高年収とすることも十分可能です。

病院清掃は個人で依頼を受注するのは難しいです。

基本的にフランチャイズに加入した場合に依頼を受注でき、年収は大体300万〜750万円ほどになります。

店舗オフィスクリーニングは年収が240万〜700万円以上になっており、こちらも高年収を期待することができます。

清掃業は価格相場に違いがあるので、独立するときはよく熟考するようにしましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

清掃業として独立を行うメリットとは?

清掃業として独立を行う場合は、どのようなメリットがあるのか知っておきたい人もいるでしょう。

清掃業として独立するメリットを知っておくことで、前向きに考えることができます。

以下のメリットがあるので確認しておきましょう。

開業資金が安く済むので独立しやすい

清掃業の独立開業は、資金を安く済ませることができます。

清掃業はハウスクリーニングのような個人宅への業務を行うなら、準備するものは清掃道具、作業用の車のみで行えます。

場合によっては事務所を借りることも必要になるかもしれませんが、初期費用は安く抑えることができるので、資金面での負担は低いです。

清掃業でのランニングコストも、個人事業主なら移動にかかるガソリンや洗剤のなどの備品の調達のみに絞ることができ、支出を抑えることが可能です。

ただ、ビルクリーニングや病院での清掃は高所での清掃作業を行うこともあるので、準備する資金が多くなる可能性があります。

ハウスクリーニングなら清掃業として資格が無くても開業できるので、資金が貯まれば独立しやすいでしょう。

自分で自由に作業することができる

清掃業として独立するなら、自由に作業することができます。

清掃会社に勤めているなら、会社の意向に沿って仕事を行わなくてはならず、場合によっては休日出勤や夜勤を行う必要もあります。

大勢で作業するなら自分の思うように仕事をすることができず、不満を抱いてしまうこともあるでしょう。

しかし独立すると、自分で自由に仕事を行う日を決定することができます。

休みたい日が必要なら自由に休みを取ることができますし、夜勤での清掃業を行いたくないならばその案件は拒否することも可能です。

清掃業の場合は1人で行える仕事もたくさんあるので、大勢で仕事をしなくても問題ありません。

1人で気楽に仕事を行うことができるため、人間関係に悩むこともないでしょう。

自分1人で自由に仕事をしたい人は清掃業での独立はメリットが大きいはずです。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

清掃業の独立はフランチャイズに加盟するのもおすすめ

清掃業で独立するのは個人で行うことも可能ですが、フランチャイズに加盟するのも良い方法です。

フランチャイズだと個人では難しい部分を解決することができ、仕事を継続しやすくなるからです。

どのようなメリットがあるのか紹介しましょう。

依頼を獲得しやすい

清掃業として独立する際に大きなポイントになるのは集客力です。

清掃業として独立を行い開業を果たしても、初めのうちは知名度がないので依頼を受注するのが困難となります。

顧客獲得のために営業を行ったり、広告やホームページを作成して宣伝をしたりしても、知名度が低いなら依頼がなかなか思うように取れないこともあるでしょう。

清掃業で独立しても長期的に依頼案件が少なく、低い収入が続くようなら仕事として成り立たなくなるので廃業になるリスクも高くなります。

しかし、フランチャイズに加盟していればメーカーのブランド力があるので、開業した段階ですでに清掃業として知名度を確保することができています。

有名なフランチャイズ店の名前を借りることで、顧客の信頼度も高くなるので、依頼の受注に困ることは無いはずです。

依頼の獲得しやすさを考えるなら、個人で独立するよりもフランチャイズを利用した方がいいでしょう。

フランチャイズ本部から依頼を回してくれることもある

フランチャイズに加盟するなら依頼を本部から回してくれることもあります。

フランチャイズ本部はたくさんの依頼案件がきますが、全ての依頼を行うのではなく、一部の依頼を加盟している清掃業に回すような仕組みになっています。

そのため、フランチャイズに加盟していて思うように顧客の依頼が来ない場合も心配はいりません。

紹介してもらえる顧客も個人宅だけでなく、店舗での清掃や病院での清掃など、フランチャイズならではの依頼を取得できます。

依頼を完了して顧客からの満足度が高くなれば、リピーターとして次回の依頼につなげることもできるので、収益の安定性も十分です。

独立して開業する際に大きな難点となるのが依頼を安定して受注することですが、フランチャイズに加盟しているなら依頼が月に0ということは避けられるはずなので、大きなメリットとなるでしょう。

本部からサポートを受けることができる

フランチャイズに加盟するなら、本部からサポートを受けることが可能です。

フランチャイズは独立して開業する人たちへのサポートを行っており、開業するためのマニュアルを資料化したり、Webで動画を公開して手続きの手順を公開したりしています。

独立して開業するのが初めてならどのような準備が必要なのか分からず、手間取ってしまう可能性もありますが、フランチャイズ本部からサポートを受けることができるなら、スムーズな手続きを行うことができるでしょう。

また、フランチャイズは清掃に関する技術指導も行っており、どのような道具を使用して清掃を行えるのかなど仕事に役立つ情報も提供してくれています。

清掃業は効率的な方法で作業することも求められますが、個人での独立だと独学になるので、時間と手間がかかってしまうでしょう。

しかし、情報提供してくれるなら、少しの時間で知識を吸収することができるので、掃除のスキルアップもしやすいです。

サポートを受けられるのは独立開業の継続を考えても大きなメリットとなるので考えてみましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

フランチャイズによる清掃業の独立に関しての注意点

フランチャイズに加盟して清掃業の独立を行うならメリットが大きいですが、注意点もあります。

しっかり注意点を確認しておかないとスムーズな独立にならないこともあります。

以下の点に注意しておきましょう。

フランチャイズでの独立は余分な費用がかかる

清掃業のフランチャイズの独立は費用がかかるので、その点を考慮しておく必要があります。

まず、フランチャイズに加盟する際は加盟料が取られます。

費用を支払わなければ加盟することができず、フランチャイズに所属しての独立は行えないので、しっかり準備して支払うことが大事です。

また、フランチャイズに加盟して独立したならロイヤリティを支払わなければいけません。

ロイヤリティは毎月本部に支払うお金です。

個人の場合は仕事で得た収入を全て自分のものにできますが、フランチャイズはロイヤリティがあるので、そうはいきません。

仕事をして得た収入をロイヤリティによって支払うことになれば経費も大きくなるので、損をしているように感じる人もいるでしょう。

フランチャイズ加盟の際はロイヤリティが大きなネックになることもありますが、依頼を受注しやすくなる点や収入をある程度確保できる点を考えるなら、必要経費として割り切ることもできるはずです。

ただ、人によって考え方は異なるので、ロイヤリティにより経費を考慮して加盟するか考えてください。

制約を確認する

フランチャイズの場合は個人と違って、制約が規定されていることもあります。

もし制約があるなら、清掃業の仕事において規約を守る必要があり、自分で自由に仕事を行うことができない場合もあります。

フランチャイズ本部の規定に違反した場合は、作業の停止や罰金を支払うことになります。

そのため、フランチャイズに加盟する際は自分の仕事に大きな支障が出ないのか確認しておくことが大事です。

制約を確認せずに独立開業するなら、後悔してしまうことにもなるので注意してください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

清掃業の独立を真剣に考えてみよう

清掃業の独立に関して内容を紹介してきました。

清掃業の独立は個人で行うこともできればフランチャイズを利用することもできます。

自分に合っている方法で独立することが大事なので、よく熟考して開業するようにしてください。

もし、独立についてさらに理解を深めたいなら以下のバナーにアクセスしてみてください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE