セキュリティエンジニアとして独立する際のポイントとは?慎重に検討しよう

セキュリティエンジニアとして豊富な経験を積んで、自身のスキルに十分な自信がある人であれば、独立を考える人もいることでしょう。

セキュリティエンジニアは専門性の高い職業なので、独立すれば「成功できる」と思いやすいかもしれません。

ただ、セキュリティエンジニアとして独立して経営していくためには、しっかり内容を把握しておくことが大事なので紹介しましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

セキュリティエンジニアとは?

セキュリティエンジニアとは、既存のシステムをセキュリティの観点から調査して分析し、改善策を提案してセキュリティに配慮したシステム設計、コーディング、脅威への対策を行うことが仕事です。

セキュリティとして、既に稼働しているシステムを分析する能力が必要になるので、専門的な知識が必要になります。

また、セキュリティに配慮したシステム設計を行うこともしますが、これはシステムエンジニアと共同して行うことも多いようです。

設計書からセキュリティに関してレビューをして脅威に対応できるのか確認を行います。

セキュリティプログラミングを実現するために、コーディング規約やセキュリティを担保したアーキテクチャの設計を行うこともあるなど、インフラエンジニアやシステムエンジニアと違い、セキュリティに特化した作業を行うのが特徴です。

システムのセキュリティに関して知識だけでなく、作業工程やスキルをスキルを習得することで独立を考えることができるでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

セキュリティエンジニアに必要なスキルとは?

セキュリティエンジニアとして独立するなら、必要なスキルを習得しておくことが大事です。

セキュリティに関する知識やスキルが無ければ、独立しても業務を遂行できずに収入を得ることができません。

セキュリティエンジニアとして確認しておきたい知識やスキルを紹介します。

OSやミドルウェアに関する知識

セキュリティエンジニアとして独立するなら、OSやミドルウェアに関するスキルを知っておく必要があります。

プログラムなどに関しては日々サイバーテロなどの脅威があるので、OSやミドルウェアにはセキュリティ対策をしておく必要性が生じます。

もし、サイバーテロによりOSが乗っ取られたなら、保存されている情報が流出してしまうことになり、大きな損害を被ることになるでしょう。

そのためセキュリティエンジニアとして常にOSとミドルウェアの新しい知識やセキュリティに関する対策を理解しておき、アップデートできるようにする必要があります。

アップデートするためには既存の強度に関しての対応スキルも求められるので、しっかり身に付けるようにしましょう。

ネットワークに関する知識も習得

セキュリティ性が高いネットワーク設計を行うためには、ネットワークに関しての知識を習得しておく必要もあります。

セキュリティエンジニアはネットワークについて深い知識や高度なスキルを習得しておかないと、セキュリティの高い設定を行うことができません。

ネットワークのセキュリティ対策で押さえておきたいのは、例えばファイアウォールやゲートウェイなどの基本的なことから、セキュリティアプライアンスの導入、通信の暗号化などです。

ネットワークのセキュリティ対策として行われていることなので、これらのスキルを習得しておく必要があるでしょう。

セキュリティ関連法律や法令の知識

セキュリティエンジニアは、セキュリティに関連した法律を理解しておく必要もあります。

セキュリティに関しては個人情報保護法や、アメリカ政府機関が定めたセキュリティ基準のガイドライン「NIST SP800-171」などを理解しておくようにしましょう。

セキュリティ対策の法律を理解しておくことで、自分の行う対策が違反にならないのか確認して設定や実装を行うことができます。

また、法律やガイドラインを理解するだけでなく、法律で定められている要件でどのようにセキュリティ対策を実現できるのか応用する能力も必要です。

セキュリティ対策の知識として、まずは1つ1つ理解するように努めてください。

最新のセキュリティの動向について確認

セキュリティエンジニアとして、最新のセキュリティの動向を調査することも大事です。

ネットワークからウイルスを侵入させて情報を抜き取ろうとする脅威、またマルウェアの巧妙さは常に進化しています。

そのため、どのようなウイルスによってネットワークを利用した攻撃をしているのか、新しい知識を理解していかないと、セキュリティ性の高さを向上させることはできません。

日々情報収集を行い、幅広い知識を得ていくようにしないと、古いセキュリティでは侵入を防ぐことができず情報漏洩などのトラブルにつながります。

最新のセキュリティ対策情報を収集すると共に、自分でもどのように既存のセキュリティで応用できるのかを考えるようにしましょう。

コミュニケーションスキル

セキュリティエンジニアは業務の技術や知識以外に、コミュニケーションスキルを習得しておく必要があります。

セキュリティエンジニアとして独立したなら、クライアントからどのようなセキュリティ対策や悩みがあるのかを聞き出すことが大事です。

クライアントの要望をしっかり聞いて理解しておかないと、自分がどのような作業や対応をすればいいのか分かりません。

独立後に依頼をスムーズに進めるためにはコミュニケーションは大事なので、要点を押さえたり気付いたりして会話できるようにすべきです。

また、セキュリティエンジニアは、システムエンジニアやインフラエンジニアの方と仕事をする機会もあります。

共同して作業を進めていくなら、今の状況を理解するために綿密にコミュニケーションを取らないと作業が進まないこともあります。

相手の意見を聞くことや自分の行おうとしている作業の説明など、コミュニケーション能力を鍛えて協力して作業していくことができるようにしましょう。

迅速な対応が必要

セキュリティエンジニアは迅速な対応が必要になります。

サイバー攻撃を未然に防ぐためには、しっかりと情報収集してセキュリティとして機能できるようにする必要があります。

サイバー攻撃はいろいろあって進歩しているので、その攻撃に対応できるように迅速に開発していくことが求められます。

また、仮にシステムにウイルスが感染したなら、機密情報や個人情報の漏洩につながるので、迅速に対応して被害を食い止めることも必要です。

サイバー攻撃によってシステムダウンしてしまったなら、早く復旧することも大事です。

このように、セキュリティエンジニアは作業に迅速さが求められるため、対応できるようにすべきです。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

未経験でセキュリティエンジニアとして独立を目指すなら

未経験でセキュリティエンジニアを目指すことも可能です。

ただ、セキュリティエンジニアとして独立することを考えるなら、最低限のポイントを把握してクリアしておく必要があります。

未経験からセキュリティエンジニアになるためには以下のポイントを押さえておきましょう。

スクールや専門学校に通って基本的な知識を身に付ける

セキュリティエンジニアとして独立したいなら、スクールや専門学校に通って基本的な知識を身に付ける必要があります。

情報セキュリティの分野は奥が深く、正確な知識を身に付けておかないと作業することができません。

独学で書籍などを見て学習することもできますが、専門的な分野になると専門家から指導してもらった方がスムーズに知識を取り入れることができます。

また、専門学校に通うのは未経験だけでなく、会社に勤務している従業員にも同じことが言えます。

仕事で身に付く知識がセキュリティ分野の全てでは無い場合もあるため、独立を考えているなら専門学校でしっかり知識を得ることがおすすめです。

スクールや専門学校に通って体系的に学習するなら十分なスキルを身に付けることにもつながるので、まずは正確な知識を得ることを目標にしてみましょう。

現場で実務経験を積むようにする

未経験からセキュリティエンジニアになるなら、実務経験を行うことが大事です。

セキュリティエンジニアとして現場で仕事を行うことで、どのような工程でセキュリティ対策や作業をしているのか実感することができます。

セキュリティエンジニアは設計や運用、実装、保守など、いろいろな作業を行う必要があります。

それぞれの作業を直ぐに覚えるのは難しいので、1つ1つ作業していき工程をしっかり理解していくようにすべきです。

セキュリティの運用や保守から行っていくなら、徐々に慣れていくことができるでしょう。

セキュリティエンジニアは未経験であっても積極的に採用してくれる企業が多いので、ある程度の知識を証明することができれば現場作業を行うことができます。

すでに長年現場経験を得ているセキュリティエンジニアの方でも、全体の工程を理解している必要があるので、その点を確認して独立を考えてください。

資格を取得しておくこともできる

セキュリティエンジニアの独立を目指すなら、資格を取得するのもいい方法です。

資格を取得していれば、セキュリティ分野においてある程度の知識とスキルがあることを証明することができるからです。

未経験だけでなく、現場経験のあるエンジニアも自分の実力を把握するために役立つので持っておいて損はありません。

セキュリティエンジニアとして持っておくといい資格は例えば、シスコ技術者認定、情報処理安全確保支援士試験、CEH(認定ホワイトハッカー)などがあります。

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定はシスコシステム製品に関する技術を証明する資格です。

5つのランクがあり資格有効期限は3年間とされています。

上位資格を取得するためには下位資格を取得している必要があり、上位なほどスキルの証明を行うことが可能です。

情報処理安全確保支援士試験

情報処理安全確保支援士試験はサイバーセキュリティ分野での国家資格の1つです。

経済産業省の認定を受けることができるので、高度なスキル証明を行うことが可能です。

この資格を取得していると独立した後もクライアントからの信頼度が高くなるので受注率も上がることが予想できます。

CEH(認定ホワイトハッカー)

CEH(認定ホワイトハッカー)は、セキュリティシステムを強固にするために作られた資格です。

この資格はアメリカの国際電子商取引コンサルタント協議会が主催する認定資格であり、ハッキング技術を倫理的に実証できるのかが問われます。

取得しているとセキュリティのハッキング対策のスキルを証明できるので、独立の際に有利となるでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

セキュリティエンジニアとして独立する際の注意点とは

セキュリティエンジニアとして独立する際は注意点もあります。

それは、経営に関する業務もしっかり理解しておくことです。

セキュリティエンジニアとして独立したなら、経営も全て自分で行うことが必要であり、仕事だけを行っていればいいわけではありません。

セキュリティエンジニアとして独立したならクライアントから受注してもらう必要があるので、ホームページを作成して集客を行うことも必要です。

また、経理も行う必要があるので収入と支出を帳簿に記載して資金管理をしておくことも大事です。

確定申告や税金の支払い、保険の契約も自分で行う必要があるので、作業量は増えます。

仕事だけでなく他の作業も必要なので、その点も把握して独立するようにしましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

セキュリティエンジニアとして独立を考えてみよう

セキュリティエンジニアの独立について内容を紹介してきました。

セキュリティエンジニアとして独立するためにはしっかりスキルと知識を習得し、作業工程も覚えておく必要があります。

未経験からでもセキュリティエンジニアとして経験を積めば、独立することも可能なので考えてみてください。

もし、少しでもセキュリティエンジニアでの独立を考えている方は経営サポートプラスアルファまでご相談ください。

独立して会社を設立するまで、何度でも無料で相談を受け付けています。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE