資本金はあとから増やす手続きができる!増やすメリットや手続きを解説

会社を設立する際には資本金を用意します。用意した資本金を元に法人登記の手続きをして会社の設立が完了します。

ただ、会社の経営を続けていると、資本金をあとから増やしたい場面が出てきます。結論として資本金はあとから増やすことが可能です。資本金をあとから増やすことのルールと、具体的に増やす方法について解説します。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

資本金はあとから増やせる

資本金をあとから増やす手続きは「増資」と呼ばれます。法人は勝手に資本金を増やすことは認められておらず、この増資に関する手続きを踏まなければなりません。

なお、後ほどご説明しますが増資の方法はいくつか存在します。ただ、それらの方法の中でも、株式を新規に発行する方法が増資と呼ばれるケースが多くなっています。厳密には異なりますので、株式発行以外にもあとから資本金を増やす方法はあると理解しておきましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

資本金をあとから増やす4つのメリット

資本金をあとから増やすと多くのメリットがあります。例えば以下のメリットが挙げられます。

  1. 調達資金の返済が不要
  2. 経営が安定する
  3. 事業拡大が目指せる
  4. 社会的信用が高まる

それぞれ、どのようなメリットであるのかを詳しくご説明します。

資本金を増やすメリット1:調達資金の返済が不要

資本金は会社を清算しない限り、基本的には返済する必要がありません。あとから資本金を増やして資金を調達すれば、資金の返済を求められることがありません。

資本金ではなく銀行などから借り入れをすると、毎月一定の金額を返済する必要があります。返済するだけではなく、金利も発生してしまいますので会社を運営するにあたり一定の負担が発生してしまいます。

それに対して資本金をあとから増やす方法であれば、返済する必要はありませんし金利も発生しません。つまり会社の運営にとって非常に都合のよいお金となります。計画が変更となり調達したお金をすぐに利用しない場合でも、無駄に金利だけを支払うことになりません。

加えて資本金は利用用途が決められているものでもありません。あとから増やした資本金は、状況に応じて自由に利用できます。融資は利用用途が制限されているものもありますが、資本金にはそのような制限がない点もメリットなのです。

資本金を増やすメリット2:経営が安定する

お金は会社を経営するにあたり、元手となるお金です。そのため、あとからでも基本お金を増やして金額を大きくすれば、経営が安定します。

経営が安定しているとの判断要素はいくつもありますが、ここでは安定して支払いができる状況だと考えましょう。固定費の支払いや従業員の人件費など、全ての支払いが安定していて社会的信用力が高い状況とします。

このように経営が安定していれば、従業員は働きやすいですし取引先も安心しやすくなります。また、そのような実績があれば人の採用もしやすくなりますし、銀行も融資してくれやすくなるはずです。

経営が安定すれば、そこからさらに利益を生み出せるようになるはずです。そうすれば、あとから資本金を増やすことなく事業拡大ができるようになります。経営が安定すること自体がメリットですが、そのメリットがさらに別のメリットを生み出します。

資本金を増やすメリット3:事業拡大が目指せる

資本金を増やすと会社の現金が増えます。そのためこの現金を利用して、事業拡大ができるメリットを生み出します。

基本的に事業拡大をするためには、まとまったお金を用意しなければなりません。機器を購入したり人を採用したりするため、多くのお金が必要となってしまうのです。

このお金の調達方法にはいくつかの選択肢があります。今回のようにあとから資本金を増やす方法や銀行からの借り入れ、利益の蓄積などが挙げられます。これらの中でも資本金をあとから増やす方法が、短期間で効率よく資金を調達できるのです。

後ほどご説明しますが、あとから資本金を増やすためには手続きが必要です。この手続きには時間とお金がかかりますので、ある程度の負担はかかってしまいます。

ただ、銀行に融資を依頼して様々なやり取りをしたり長期間かけて利益を蓄積したりするのと比較すると、短時間で効率の良いものです。また、融資とは異なり審査はありません。そのため、確実に現金を手に入れられ、事業拡大の元手としやすいメリットがあります。

資本金を増やすメリット4:社会的信用が高まる

会社の社会的信用力は、資本金の金額で判断される側面があります。実際には資本金の金額だけで決まるものではありませんが、資本金が多い会社は信用力が高く少ない会社は低いと考えられます。

ただ、資本金の金額はあとから変更できますので、変更することで社会的信用力を変化させられます。最初は資本金が少なく社会的信用が低くとも、あとから資本金を増やすことで社会的信用力を高められるのです。

特に会社間の取引においては、資本金の金額が信用力を大きく左右します。例えば企業の方針によっては「資本金1,000万円以下の会社とは取引しない」などと決められているのです。資本金が少額で倒産するなど社会的リスクがある会社とは取引しない方針になっているわけです。

あとからでも資本金を増やせば、このような方針を取られていても影響を受ける可能性が下がります。総じて資本金をあとからでも増やせば、社会的信用力が高まるのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

資本金をあとから増やす2つの方法

資本金をあとから増やす方法は大きく分けて2つあります。

  • 有償増資
  • 無償増資

それぞれが、どのような方法で資本金をあとから増やすのかご説明します。

有償増資

有償増資とは、新しく株式を発行して資本金をあとから増やす方法です。会社の設立時に株式を発行して資本金を調達するのと同様に、あとからでも株式を発行すれば資本金を増やせます。株主に株式を購入してもらう形となりますので、有償増資と言われています。

有償増資は株式会社の一般的な資金調達方法です。資本金をあとから増やしたいならば、有償増資を利用するケースが多いのです。購入してもらった株式の分だけ資本金が増えますので、必要とするお金を集めやすいことが一般的に利用される背景にはあります。

なお、有償増資は株式を発行して資本金をあとから増やすものです。そのため株式の発行がない合同会社の場合は、株式発行による有償増資ができません。社員が出資する金額を変更しての対応となります。

無償増資

無償増資とは、内部留保や資本準備金を利用して資本金をあとから増やす方法です。外部からお金を調達するのではなく、元々社内にあったお金を利用して資本金を増やします。社内のお金の名目を資本金に切り替えると考えれば良いでしょう。

社内にあったお金を利用しますので、有償増資のように社内の現金が増える方法ではありません。資本金との名目になるだけで、厳密には元から使えるお金には違いがないのです。外部からお金を調達して手元のお金を増やすのではなく、見かけ上の資本金を増やすだけです。資本金をあとから増やす方法ではあるもののお金が増えるわけではありません。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

資本金をあとから増やす2つの注意点

説明したとおり資本金をあとから増やすとメリットがあります。ただ、メリットがあると同時に、注意しなければならないポイントがありますのでこれらについて解説します。

資本金を増やす注意点1:税金が増える可能性がある

資本金をあとから増やすと税金が増えてしまう可能性があります。法人税や法人住民税は資本金の金額を利用して税率や税額が定められていますので、資本金をあとから増やすとこれらが変化する可能性があるのです。

例えば法人税は資本金1億円を境に税率が変動します。資本金をあとから増やし続けて1億円を超えてしまうと法人税が増えてしまいます。

また、法人住民税についても、あとから資本金を増やすと増えてしまう可能性があります。法人住民税は地方自治体によって計算方法が異なりますが、資本金1,000万円程度を境に変化するケースが多いです。

資本金をあとから増やすことで支払う税金に変化が出る可能性があります。ただ、必ず変化するわけではなく変化する境目がありますので、その金額に注意しておくと良いでしょう。

資本金を増やす注意点2:手続きにコストがかかる

資本金をあとから増やす手続きをすると、株式の新規発行や定款の変更が必要です。これらの手続きには書類の作成が必要となったり登録免許税の支払いが必要になったりするなど、コストがかかってしまいます。

また、登記手続きなどを司法書士に依頼するとなると、依頼費用も必要となります。社内のコスト、作業の依頼コスト、税金の支払いと資本金の変更にはコストが発生する要素が多くあります。依頼コストに関しては顧問契約をしているなどの状況にもよって左右されますので、会社の状況に応じて確認が必要です。

ただ、資本金をあとから増やすメリットを総合的に踏まえると、手続きにコストがかかる点はやむを得ないと考えるべきです。最終的には手続きにかかるコスト以上のメリットを生み出しますので、思い切って資本金をあとから増やす選択をしても良いでしょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

会社の資本金はあとから増やせるものです。最初から多くの資本金を用意する必要はなく、無理のない範囲で資本金を用意してあとから増やすのも選択肢のひとつです。

一般的にあとから資本金を増やすと、多くのメリットを生み出します。会社の現金が増えるわけですので、社会的信用度が高まったり事業拡大がしやすくなったりします。しかも、融資とは異なり返済の義務はなく金利の発生もありません。資金調達の手段として資本金を増やすことは非常に有用です。

もし資本金をあとから増やすことを考えているならば「経営サポートプラスアルファ」にご相談ください。闇雲に資本金を増やすとデメリットが生じるかもしれませんので、適切な額やタイミングをアドバイスします。資本金の額について悩んでいる場合もまずはご相談ください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE