システムエンジニア(SE)で独立する際に押さえておきたい点とは?

システムエンジニアとして会社で業務している方の中には、スキルの習得または成果により独立を考える人もいるでしょう。

システムエンジニアは専門的な知識やスキルが必要なので、需要は高いです。

ですから、システムエンジニア(SE)の独立は、収入面において会社員のときよりも期待できるかもしれません。

ただ、システムエンジニアとして独立するとしても、独立はそう簡単なものではありません。

独立を成功させるためにはポイントを押さえて内容を把握しておくことが大事なので確認しておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

システムエンジニアが独立するメリット

システムエンジニアとして独立する際に、どんなメリットがあるのか知っておきたい人もいるでしょう。

メリットを知っておくことで独立を前向きに考えられるからです。

メリットは以下のようになっています。

収入アップできる期待を持てる

システムエンジニアとして独立したならば収入アップを期待できます。

会社の従業員の場合は毎月決まった給与を受け取るのみとなっており、どれだけ案件を成功させて成果を収めたとしても収入は変わりません。

しかし、システムエンジニアとして独立すると、案件をたくさん受注して納品した分だけ収益を得られます。

システムエンジニアの案件は1つの単価が高いことも多いので、月に何件か受注するだけで高収入になる可能性も高いです。

個人のスキルと成果によっては年収で1,000万円を超えることもあるので、自信がある人は独立した方が収入面でのメリットが大きいかもしれません。

会社でシステムエンジニアとして働いており、大体の案件を1人で行えるようであれば、独立をして収入アップを考えてみてください。

仕事の時間や人間関係を自分で選べる

システムエンジニアとして独立したなら、自由に自分の意志で働けます。

会社の従業員として働いているなら、決められた通りに行動しなくてはいけません。

もし、会社から残業を頼まれたなら、夜遅くまで仕事をしなくてはいけないこともあります。

また、予定外のことが起きた場合は休日も出勤して仕事をしなくてはいけないこともあり、自分の休みの日が無くなってしまうこともあるでしょう。

従業員の場合は会社の指示に従わなくてはいけないので、人によっては窮屈に感じることもあるでしょう。

しかし、独立したならば誰の指示も受けずに自分の責任で自分の行動を決めることができます。

仕事をあまりしたくないときや自分のプライベートな時間を過ごしたいときは仕事を午前中のみにするなど、自分の都合に合わせて計画できます。

また、気分を変えるために自宅や事務所でずっと仕事をするのではなく、カフェで仕事をするなど、場所も自由に選択できます。

仕事でプロジェクトを組んで仕事をする際も自分で一緒に働く人を選べるので、人間関係で悩む負担も軽減できるでしょう。

独立すると、自分で自由に働くことができるので、会社の従業員として働くよりもストレスの軽減や体への負担が軽減することも考えられます。

自分のリズムで働きたい人には大きなメリットです。

自分の意思で仕事を進められる

システムエンジニアとして独立するなら、自分の意思で仕事を計画できます。

会社の従業員として働いているときは基本的に仕事内容は全て会社側が決定します。

自分があまりしたくない仕事も会社から指示されたならば嫌でも行わなくてはいけません。

しかし、自分が苦手な仕事だとモチベーションが上がらなかったり、うまくできなかったりして気分が落ち込んでしまうこともあるでしょう。

ただ、独立をすると仕事は自分の裁量で決定できます。

やりたくない仕事があった場合も他の業者に外注するなど、自分で行う仕事を選ぶことも可能です。

自分が行いたい仕事のみに集中したい人は独立して仕事の選択ができるのは大きなメリットになるはずです。

仕事を楽しくストレスをできるだけ軽減したいなら独立を考えてみましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

システムエンジニアとして独立することのリスクとは?

システムエンジニアとして独立することは、メリットのみではなくリスクもあります。

リスク面をしっかり考慮しておくことで、独立を慎重に考えることが可能です。

システムエンジニアの独立のリスクを紹介しましょう。

収入が不安定になることもある

システムエンジニアとして独立すると、収入が大きくなる期待もありますが、不安定になるリスクもあります。

独立した後の収入は案件の受注数によって変化します。

毎月同じ単価の案件が同じ件数で受注できるなら収入は安定しますが、受注数は毎月変化することが多いです。

今月は受注数が多くても、翌月になるとあまり案件依頼が来ないなど、毎月依頼が変化するため収入も増減します。

依頼が全く来なければ収入は0となり無収入となってしまうリスクもあります。

収入が不安定であると生活を維持できるのかが不安になって、心身共にストレスによって疲れてしまうかもしれません。

会社の従業員であれば毎月決まった給与をもらえるので、収入という点で安定があります。

システムエンジニアの独立で収入アップできるのか、不安定になるのかは自分の手腕にかかっているので、よく検討して独立を考えてください。

福利厚生面がなくなる

独立すると、今まで享受できていた福利厚生はなくなります。

例えば、社会保険や通勤手当、有給休暇など、従業員には会社から福利厚生が与えられています。

しかし独立すると、それらの福利厚生はなくなります。

特に社会保険関連については、独立後に真っ先に手続きをしてください。

家族がいる場合は、手続きを先延ばししたままにしておくと大きな不都合があるかもしれません。

ちなみに、独立開業してシステムエンジニアの会社設立を予定している人もいるでしょう。

仮に  自分一人の会社だったとしても、法人であれば「厚生年金」と「健康保険」への加入が義務付けられています。

独立開業して会社を設立する場合の手続きは単純ではないので、後になって後悔しないように専門家のアドバイスを受けた方が無難です。

システムエンジニアで独立する際は、従業員時代にあった福利厚生はなくなることを念頭に置いて行動してください。

社会的信用が低くなることも

システムエンジニアとして独立した場合、社会的信用が低くなる可能性があります。

社会的信用は金融機関の利用やローンを組むときに必要です。

金融機関はローンの申請を受けた際に審査しますが、基準として相手の返済能力を確認します。

会社の従業員は所属している限り安定した収入が入ってくるので返済の点で信用してもらいやすいですが、独立した自営の場合は急に収入が無くなるなどのリスクもあるため、返済の点で信用するのが困難です。

そのため、従業員の場合はローンやクレジットカードの発行などは比較的簡単ですが、独立して自営業となると収入の不安定さから審査落ちしてしまう可能性も高いです。

もし、住宅の購入や車などを購入する予定があるなら、独立した後ではローンを組むことが難しくなるので注意しておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

システムエンジニアとして独立するために必要なスキル

システムエンジニアとして独立を考えているなら、スキル確認をしておきましょう。

独立する際にスキルを持っていないなら成功することは困難です。

独立して成功するためにも以下のスキルを習得しておくのがおすすめです。

コミュニケーション能力

システムエンジニアとして独立する際は、コミュニケーション能力が必要になります。

クライアント企業の悩みや課題を解決するためには、「何を改善したいのか?」「どのような機能があれば業務効率化するか」など、相手の要望を深掘りして真意を聞き出すことが必要です。

依頼してくるクライアントは専門知識を持っているわけではなく、自分でもどのように説明すればいいのか分からないこともあります。

そのため、必要な情報を得るため、しっかり相手の話を聞いて気になったポイントを質問するなど、コミュニケーション能力が無ければ作業に取り掛かれません。

もし、不確かなまま作業することになればクライアントとの意向とは違うことになり、より時間と手間がかかってしまうこともあります。

相手の要望にしっかり応えられるようにコミュニケーションを取るようにしましょう。

豊富なIT知識を得ておく

システムエンジニアとして独立するなら、豊富なIT知識を得ておく必要もあります。

深いIT知識や最新情報を得ていることで、より専門性のある高度な案件を受注する可能性が高まります。

例えば、相談に来るクライアントの中には、自社にシステムエンジニアがいるものの特定分野の知識を持っていないことで、外注依頼を検討している人もいます。

豊富なIT知識を持っていることで、クライアントの問題解決をできる範囲が広がりますので、発注を受ける機会も増えることでしょう

IT知識として押さえておきたいのはプログラミングやサーバー、ネットワークのインフラなどです。

より高い案件を受注するためにも知識を吸収してから独立するようにしてください。

プレゼン能力

システムエンジニアとして独立するなら、プレゼン能力を得ておく必要もあります。

案件を受注するためには、相手にどのような工程で依頼を遂行していくのか分かりやすく伝えることが大事です。

クライアントからシステム依頼が来た際は内容を理解し、どのような計画で行えるのか考えます。

その後にどれくらいの費用がかかり日数がどれくらいかかるのか計算する必要もあります。

クライアントに納期について納得してもらうためには、費用や日数に関しては細かく伝える必要もあるので、スムーズに話を進めていくためにもプレゼン能力は重要です。

会社の従業員としてプレゼンをする機会はあるはずなので、スキルの向上をして自信を持てるようにしてください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

システムエンジニアとして独立する際の注意点

システムエンジニアとして独立する際に注意点も確認しておきましょう。

注意点を理解しておくことで、スムーズな独立やトラブル防止ができます。

注意点は以下の点です。

会社に相談して独立する

システムエンジニアとして独立したいなら、会社にしっかり相談しておくことが大事です。

いきなり会社を辞めてしまうと、会社側に迷惑がかかりますし、悪い印象を持たれてしまいます。

トラブルにつながることもあるため事前に独立のことを伝えて、仕事の引き継ぎなどの対応をしてもらうようにしましょう。

大体仕事を辞める1〜2ヶ月前に会社に伝えておけば、何もトラブルがなく仕事を辞めて独立できます。

良い印象で辞めれば以前の会社から依頼を受けるなど、優良なクライアントになってくれる可能性もあるので、辞め方は注意しておきましょう。

未払いなどの金銭トラブルに注意

独立して仕事をするなら金銭トラブルに注意する必要があります。

独立後は自分とクライアントでの契約になりますが、一部のクライアントは仕事が完了したのに報酬を支払ってくれないなど、金銭トラブルになることもあります。

また、独立し始めは相場なども分からず、相手の言われるがままになって安い単価で依頼を受けてしまう可能性も生じるでしょう。

金銭トラブルにならないように独立前に契約の結び方や相場の確認をして、金銭トラブルが発生しないように対策しておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

システムエンジニアの独立はポイントを押さえておこう

システムエンジニアとして独立する際はしっかりメリットやリスク、注意点を確認して綿密に計画するようにすべきです。

しっかり計画と自己分析をするなら独立後のリスクを抑えられるでしょう。

もし少しでもアプリ制作での独立を考えている方は経営サポートプラスアルファまでご相談ください。

独立して会社を設立するまで、何度でも無料で相談を受け付けています。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE