職人業の方が独立する際に考えておくべきポイントとは?リスクも知ろう

職人として働いている方は長年の経験やスキルがあるので、どのような仕事にも対応できる自信があるでしょう。

職人として成功しているなら、独立して店舗を開業して自分で経営を行うことも考えるかもしれません。

確かに、職人として独立をして経営も行うなら、収入面や働き方でメリットもあるでしょう。

ただ、成功するにはポイントがあり、同時にリスクも知っておく必要があります。

職人の独立に関する内容を紹介しましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

職人業の独立はリスクが大きい?

職人の方ならスキルを習得して経験も豊富です。

そのため、独立したなら勤務しているときより、大きな収入を得ることに期待するかもしれません。

しかし、職人業の方が独立するのはリスクが高い場合もあります。

なぜ、職人業の方はリスクが高いといえるのか内容を紹介しましょう。

独立の成功は難易度が高い

職人としてスキルがあるなら、独立しても成功するように思えるかもしれません。

しかし、独立して成功することは簡単なことではありません。

新しくできた会社は5年以内に80%は倒産すると言われています。

つまり、100人の内80人は独立して失敗してしまうことになるため、成功は狭き門といえるでしょう。

また、独立してからも継続して安定的に収入を得ることも難しく、10年後まで自分の会社を存続させているのは5%ほどです。

独立して開業しても継続的に収入を得て成功させることはかなり難しいことであり、スキルや経験がある職人であっても簡単なことではありません。

また、職人業の世界は狭いため、すでにどの会社もお得意様の業者と契約している可能性も高いです。

そのため、独立したとしても案件依頼がたくさん来ることは期待できず、勤務前よりも収入が減少してしまうことも考えられます。

独立自体の成功確率が難しいので、リスクがあることは承知しておきましょう。

自分の健康状態や不測の事態により経営が厳しくなることも

職人の方が独立して上手く経営が軌道に乗ったとしても、継続させることは困難な場合もあります。

職人の場合は肉体労働となるので、自分の体が健康である必要があります。

しかし、自分の健康が急に悪くなってしまい、動くことができなくなるなら当然働くことができないので収入は0となります。

短期的に治るなら大きな問題ではありませんが、長期的になれば確実に経営に支障が出るので、大きな痛手となるでしょう。

また、職人の場合は危険な場所で作業することもあるため、怪我をしてしまうリスクが大きいです。

もし、骨折などの怪我をした場合は作業ができなくなり、収入が途絶えてしまいます。

会社に所属して勤務しているなら保険で収入を賄うことができますが、独立した場合は補償はありません。

不測の事態に陥った場合でも自費で補うことになるので、会社の経営が困難となる可能性があります。

職人の場合は独立したなら、このようなリスクがあることも念頭に置いておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

職人で独立の成功のために行えること

職人の方で独立を成功させるのは簡単なことではなく、厳しいといえます。

しかし、職人でも独立を成功させることはでき、そのためにポイントを理解しておくことが大事です。

職人の方はどのように独立を成功させることができるのか紹介しましょう。

資金を確保する

職人として独立を成功させるには資金の準備を行うことです。

独立して仕事を行うためには資金が無いと経営を安定させることができません。

独立しても資金が底をついてしまって材料の購入や事務所の維持ができなくなるなら、会社を存続させることはできません。

特に、職人業の場合は「支払いまでのサイクル」が長く、請負った仕事の収益が入るのは3ヶ月先など、直ぐにお金が入ってくるわけではありません。

経営を続けていくためには何よりも資金の確保が最重要です。

金融機関からの融資は、積極的に検討してみてください。

特に、日本政策金融金庫の新創業融資制度は、新しく事業を行う人に向けた制度です。

実績のない会社でも融資を受けることができ、無担保と無保証人で利用することが可能です。

職人で独立する際に資金が必要になる場合は利用を考えてみてください。

適切な資金のやりくりをすることが独立後の成功のポイントです。

創業融資に強い税理士法人がサポート

人脈を頼ることができるのか確認する

職人として独立して成功させるには、自分の人脈についても確認しておきましょう。

職人として独立した後に仕事を受注するためには人脈が必要なことが多いからです。

職人の世界は人間関係によって仕事を依頼されることが多く、全く知らない相手ならスキルが高くても依頼しないこともあります。

特に、独立して自分で経営していくなら全くの無名であり、実績もない状態です。

そのため、自分の知り合いから仕事を回してもらうことや頼ることになるでしょう。

人脈があれば、以前勤務していた会社から事情を話して案件をいくつか回してもらえるように頼むことができます。

また、勤務していたときに仲の良かった取引先に独立のことを話して、案件依頼をしてもらえるようにすることもできるでしょう。

また、人脈を作るために地元のコミュニティに所属することも可能です。

自分と同業の職人たちが集まるコミュニティに所属するなら、意見交換したり一緒に飲んだりして絆を作ることができ、独立の際の人脈を作ることができます。

職人だと寡黙で人と関わることが苦手な人もいるかもしれませんが、独立するなら人間関係が大事です。

自分は人脈があるのか確認して独立を考えましょう。

宣伝方法を確立する

職人として独立するなら宣伝方法を考えることも大事です。

独立後は、どれだけ仕事の案件を確保できるのかがポイントになります。

仕事の受注数を増やすためには、独立した自分の会社を知ってもらい、知名度を広げることが大事なので、宣伝を軽視して成功はありません。

そして、宣伝手法は多種多様です。

代表的なものとして、独立後にホームページを作成して宣伝することがあるでしょう。

ホームページを作成して自分の会社の情報を記載しておくことで、依頼を考えているユーザーにアピールすることができます。

もし、関心があれば下記のリンクでホームページ作成について知ることができるので閲覧してみてください。

ホームページでの宣伝は信頼を得るために会社概要として住所や電話番号、自分のスキルを記載しておくことがおすすめです。

また、特徴やサービス内容のみならず「このホームページからお問い合わせの方に限定で▪️▪️が無料!」といった魅力的なオファーの掲載があると、ユーザーは価値を感じてくれるはずなので、仕事の依頼をより前向きに考えてくれるはずです。

また、TwitterなどのSNSを利用することも自分の会社を宣伝するのに大きなアピールとなります。

もし、閲覧したユーザーが情報を拡散してくれるなら、たくさんの人に自分の会社を宣伝してもらえるからです。宣伝方法を確立するようにしましょう。

起業したら、まずはホームページ作成

経理の学習もしておく

職人として独立を成功させるなら、経理の学習をしておくことも大事です。

職人として勤務していた際は仕事だけを行っていれば問題ありませんが、独立したなら職人の仕事プラス経理業務も必要です。

そして、独立を成功させるには経理業務が特に重要になるので、しっかり理解しておくようにしましょう。

まず、経理業務は資金管理として帳簿を付ける必要があります。

収入と支出があれば帳簿に記載して、お金の流れを記録する必要があるからです。

帳簿に記載されていないものは、確定申告の際に税務署が経費として認めてくれないこともあります。

また、帳簿と同じく領収書やレシートなども保管しておくことが大事です。

領収書やレシートは自分が支払ったものや得た収入についての証拠となります。

確定申告をする際に帳簿に記載してあるものの証明となるので、捨てずに大事に保管しておくことが大事です。

経理業務は常にお金の流れに動きがあれば記載する必要があるので、こまめに行うことが大事です。

また、今ではパソコンで管理する方が経理業務は楽なので、コンピューターが苦手な人は、使い方を勉強しておく必要もあるでしょう。

従業員を雇う人数や質も確認

職人として独立するなら従業員を雇う人数も確認すべきです。

職人として仕事をする際、1人では作業が難しく、複数人必要な場合もあります。

その際は従業員が必要になりますが、雇用した人数分だけ人件費もかかるので注意が必要です。

もし、従業員を雇うなら毎月の給与の支払いを行う必要もありますし、保険などもしっかり付帯させることが大事です。

また、雇用する従業員の質も考えなくてはならないでしょう。

職人業は作業する際にある程度のスキルが必要です。

ただ、職人スキルの高い人を雇うなら、給与も高くなりますし、求人で募集してもなかなか見つけられない可能性があります。

ただ、見習いばかりだと指導ばかりになって仕事が進まないことも考えられるでしょう。

そのため、従業員を雇う際も費用とクオリティを考えて集める必要があります。

一人親方など、自分だけで働くなら従業員の出費を考える必要はありませんが、舗装などであれば複数人必要になる作業です。

仕事の受注も従業員の人数によって左右されることがあるので、事前に計画しておきましょう。

新しいスキルを学ぶ態度を持つ

職人として独立した後も自分のスキルを磨く態度を持つことが大事です。

職人の世界では新しい技術や道具の開発が常に行われています。

新しいスキルの活用により業務を効率化させ、ときには今までの常識が変化することがあるので、日々学習する態度を持つことが必要です。

独立後も古い方法に捉われているなら技術が退化していくことになり、経営に影響が出ます。

メーカーや商社の勉強会、また職人同士の会合などに参加して、新しい技術を学習できるようにしておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

独立前に押さえておくべき注意点

職人業として独立する前に押さえておくべき注意点があります。

職人の独立は難易度が高いですが、注意点を考慮しておかないと後悔してしまうことになります。

以下の点を考慮したうえで独立を考えてみてください。

家族の了承を得る

職人として独立を考えるなら家族の了承を得ておくことが大事です。

上記でも紹介しましたが、職人として独立することは難易度が高く、確実に成功する保証はありません。

もし、独立して経営に失敗してしまうなら収入が無くなり生活に大きな影響が出てしまいます。

そのため、家族に相談して了承を得ておくことが大事です。

家族に独立した際のリスクや自分の考えを知ってもらうようにすることで、家族もある程度の覚悟を持つことが可能です。

家族の了承を得ずに勝手に独立をした場合、家族に迷惑がかかってしまうことになるので、独断で決定せずに周りの意見に耳を傾けるようにしましょう。

保証が何もない状態となる

職人として勤務しているなら、毎月の給与は保証されており保険も労災や失業などがかけられているので、万が一の場合も安心することができます。

しかし、独立したなら経営の成果によって給与は変化するので、毎月安定して収入がある保証はありません。

経営に失敗してしまうと全てを失うことになるため、自分の能力にかかってきます。

自分の職人としてのスキルだけでなく、経営者としてのスキルがあるのか確認することも大事なので、よく熟考して独立を考えましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

職人として独立する際はよく熟考しよう

職人として独立を考えているなら成功のポイントをよく熟考して、リスクを考えておくことが大事です。

独立のメリットだけを考えると失敗する可能性が高くなるので、自分の職人能力だけでなく経営スキルも加味して決断するようにしてください。

もし、さらに独立の情報が欲しい方は経営サポートプラスアルファのサイトへのアクセスもおすすめです。

確認してみてください。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE