塗装業の独立は資格が無くとも大丈夫!流れと意識したいポイントを解説

塗装業で実績を積むと最終的に目指したいのが独立でしょう。

独立して自分らしく働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

特に塗装業はスキル重視の職業であるため、自分にスキルがあれば独立を検討するのも不思議ではありません。

今回は塗装業で独立するにあたり、必要となる資格があるのかどうかや実際に独立する際の大まかな流れについてご説明します。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

塗装業で独立するために資格は必要ない

塗装業で独立するにあたり必須の資格は存在しません。

まずは気になる資格についてご説明します。

資格が無くとも塗装業での独立は可能

塗装業のように現場で働く仕事は、何かしら資格が必要になると思われがちです。

しかし、実際には塗装業に必須の資格は存在せず、自分にスキルさえあれば独立できる仕組みです。

独立する際に求められる資格があると、思い切った独立ができないかもしれません。

しかし、塗装業にはそのようなものがないため、自分が独立できると考えるならばすぐにでも行動ができます。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

資格保有や技能講習を受講していると有利な場合がある

塗装業の独立で必須の資格はありませんが、一部の資格を保有したり技能講習を受講していると有利になる可能性があります。

以下で2つご紹介します。

塗装技能士

塗装技能士は塗装のスキルを証明する国家資格です。

民間資格ではなく国家資格であるため、知名度が高くスキルの証明には活用しやすくなっています。

試験は3級から1級まで3段階に分かれていて、証明できるスキルが異なります。

特に1級については7年以上の実務経験がなければ受験できないため、合格できると十分なスキルの証明に活用できます。

ただ、国家資格ではあるものの、実際に自分のスキルが高くなければ独立しても案件は獲得できません。

スキルの裏付けにはなりますが、塗装用として高いスキルを持てるように精進しましょう。

足場の組み立て等作業主任者技能講習

塗装現場では足場を利用するケースが多々あります。

そのような時に対応できるように、足場の組立て等作業主任者技能講習を受講しておくと良いでしょう。

こちらの講習を受講していれば、自分だけでも足場の組み立てが可能です。

個人で独立する場合や従業員に足場の組み立てをしてもらいたいならば、事前に受講しておいて損はありません。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

塗装業で独立する大まかな流れ

続いては塗装業で独立するための大まかな流れをご説明します。

状況によってやや変化しますが、大まかには以下のとおりです。

  1. 独立のプランを検討する
  2. 個人か法人か決定する
  3. 独立の手続きを行う
  4. 必要な講習などを受ける
  5. 案件を獲得する

それぞれ、何をしなければならないのかご説明していきます。

独立の流れ1:独立のプランを検討する

塗装業で独立するにあたり、独立のプランを検討しなければなりません。

何も考えずに独立をすると頓挫してしまう可能性があるため、事前に検討してその計画通りに進めなければなりません。

まず、塗装業の中でもどのような業者として独立するか考えなければなりません。

塗装の対象には様々なものがあるため、ある程度絞っておいた方が良いでしょう。

例えば一般家庭のリフォームを担当するのかビルの塗装を担当するのかなどを検討しておくべきです。

どのような業者として独立するかによって、独立前に準備するものが異なります。

特に塗装業は専門分野に特化した業者が多いため、万能な業者として独立するのではなく、特化した業者になるのが理想的です。

独立の流れ2:個人か法人か決定する

個人として独立するのか法人として独立するのか考えなければなりません。

個人の場合は個人事業主やフリーランスとなり、法人の場合は株式会社や合同会社を立ち上げます。

それぞれに特徴があり、まず個人事業主は立ち上げが簡単です。

税務署に書類を提出すれば簡単に手続きが完了し、高額な費用なども発生しません。

基本的に全ての作業は自分で完了させられます。

それに対して、法人は会社設立の手続きが必要となり複雑な処理をしなければなりません。

個人のように税務署に書類を提出するだけではなく、法務局に法人登記の申請をしなければなりません。

多くの書類を作成しなければなりませんし、まとまったお金も必要となってしまいます。

専門的な知識がない状態で1人で対応するのは難しいでしょう。

ただ、法人の場合は手続きが複雑となる代わりに、個人よりも社会的信用力が高いなどのメリットがあります。

また、税金面でのメリットが受けられる場合もあり、会社設立を塗装業の独立で選択する人も多い状況です。

独立の流れ3:独立の手続きを行う

個人か法人かの決定が完了すれば、独立に向けて手続きを行います。

どのような手続きが発生するのかは、個人と法人によって大きく異なります。

まず、個人の場合は先ほどもご説明したとおり、税務署に書類を提出するだけです。

開業届と呼ばれる書類を提出すれば、簡単に個人事業主として独立できます。

実際は開業届の提出は必須ではないものの、提出しておくのが無難です。

また、開業届を提出すると青色申告の承認申請書も提出できます。

青色申告が適用されると確定申告時に所得控除が優遇されるため、こちらも提出するようにしましょう。

続いて会社設立をする場合は、法務局に提出する書類を数多く作成しなければなりません。

必要となる書類は株式会社と合同会社によって異なりますが、10種類程度の書類作成が必要だと認識しておくと良いでしょう。

また、印鑑証明書など自分で作成するのではなく、役所に行って取得するものが存在します。

それらも含めて必要書類を集めなければなりません。

なお、会社設立の手続きは自分で行うのが難しいものです。

そのため、塗装業の独立に時間を割くためにも、会社設立のプロである経営サポートプラスアルファにご相談ください。

手数料無料かつ24時間受付で、塗装業の独立に向けて会社設立をサポートします。

<関連記事>

独立の流れ4:必要な講習などを受ける

必要に応じて講習を受講するようにしておきましょう。

ご説明したとおり、講習の受講や資格の取得は塗装業で独立するにあたり必須ではありません。

ただ、必要ならばできるだけ早い段階で受講したり受験したりしておきましょう。

独立するにあたり必要な講習などは、必ずしもこのタイミングで受ける必要はありません。

これよりも早い段階で受講しておいて、塗装業として独立するタイミングを待つのが良いでしょう。

時間に余裕があるタイミングで受講しておくのが無難です。

ただ、塗装業として独立する準備をしている段階では、なかなか講習を受講するほどの時間を取れないものです。

受講のタイミングはここに限らず、自分が都合の良いタイミングにすることを意識してください。

独立の流れ5:案件を獲得する

必要な準備が整えば後は案件を獲得するだけです。

個人でも法人でも営業などをして、少しずつ案件を獲得するようにしましょう。

案件の獲得を目指す際は、計画的に進めていくことが重要です。

まず、営業する前に塗装業としてどのような強みがあるのか明確にしておきましょう。

冒頭でも触れたとおり、塗装業は何かしら強みを持っておくのが理想的です。

万能な塗装業になるのではなく、案件を受注できるように特化してアピールできる部分を持っておきましょう。

ホームページ,作成,費用
会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

塗装業で独立する際に意識したいポイント

塗装業では独立する際に意識したいポイントがいくつかあります。

その中でも特に意識したいのは以下の2つです。

  1. できるだけ単価を高める
  2. 受注金額が高額になると建設業許可が必要となる

それぞれのポイントについてご説明します。

独立のポイント1:できるだけ単価を高める

独立する際はできるだけ単価を上げることを意識しましょう。

単価の高い案件を受注できなければ、塗装業で独立しても生活できなくなってしまいます。

また、収入を高めるために長時間労働をせざるを得なくなります。

ただ、最初から高い案件を受注するのは難しいのも事実です。

まずは単価が低くとも受注しやすい案件を受注し、そこから新しい案件につなげていくようにすると良いでしょう。

なお、案件を受注する時に理想的なのは元請けから発注してもらうことです。

どうしても塗装業の場合は、ハウスメーカーや工務店などから下請けとして発注してもらうケースが多くなっています。

しかし、これでは単価が低くなりがちで、効率よく収入を得るのは難しくなってしまいます。

元請けから安定して仕事を発注してもらうのは難しいことです。

塗装業として十分な実績を積み、その実績を元に案件を発注してもらえるようにしていきましょう。

独立のポイント2:受注金額が高額になると建設業許可が必要となる

繰り返しご説明していますが、塗装業で独立するにあたり必須の資格は存在しません。

講習は受講している方が良いですが、これについても必須ではありません。

ただ、場合によっては許可の取得が必須となってしまい、これが受注金額が500万円を超える場合です。

受注金額が500万円を超えると建設業の扱いとなり、塗装業で独立しても建設業許可を取得しなければなりません。

建設業の許可を取得するためには様々な条件があり、塗装業としては負担になってしまう可能性があります。

これから塗装業として規模を拡大し高額な案件を受注したいならば、必要に応じて建設業許可を取得しなければなりません。

大半の場合独立する際に取得する必要はありませんが、事業拡大をするならば取得する必要があると認識しておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

塗装業で独立する方法についてご説明しました。

独立の際には何かしら資格が必要などと思われがちですが、実際には何の資格も必要ありません。

塗装業はそれぞれが持つスキルが重要であるため、塗装業として高いスキルがあれば独立は可能です。

独立する方法は個人と法人があり、それぞれに特徴があります。

塗装業は個人で独立する人も多いため、必ずしも会社設立をする必要はないでしょう。

ただ、規模の拡大などを考えているならば、会社設立をした方が拡大しやすいです。

なお、独立にあたり会社設立をするのは一般人にはハードルが高い作業です。

そのため、塗装業の会社設立をしたいならば、経営サポートプラスアルファにご相談ください。

会社設立のプロが24時間、皆さんからのご相談をお待ちしています。 

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE