通信工事は業務内容が広い!?独立する際は資格などに気をつけるべし

通信工事に携わる仕事をしていると、思い切って独立したいと考えるかもしれません。

最近は通信工事に関わる仕事が増えているため、独立した方が活躍できると考える人がいるでしょう。

独立した方が稼げると考える人もいるはずです。

独立を思い描く人は多いものの、実際にはどうすればよいのか理解できてない人が多い状況です。

通信工事の独立についてぼんやりとしたイメージを持ってる人もいるでしょう。

今回は通信工事で独立するために、どのような段取りでどうすればよいのかについてご説明します。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

通信工事の独立で意識しておくべきこと

まずは通信工事で独立するにあたって、皆さんが意識しておくべきことをご説明します。

ここについて意識しておかなければ独立で失敗する可能性があるため、必ず理解するようにしましょう。

通信工事の業務内容は非常に幅広い

最初に理解しておいてもらいたいのは、通信工事の業務内容は非常に幅広いことです。

「通信工事で独立する」とは言っても、それだけでは何をやりたいのかぼんやりしているのです。

そのため、これから通信工事で独立したいと考えているならば、もう少し具体的に何をしたいのか考えましょう。

それによって必要な資格なども異なってくるため、必ず受注したい範囲などについて考えるべきです。

同じ通信工事とはいえども、業務内容には天と地の差があります。

独立してから「思い描いていたものと異なる」という状況にならないためにも、やりたいことを明確にしておきましょう。

通信工事の業務内容例

具体的に通信工事の業務内容を挙げると以下があります。

  • 電信柱での工事
  • 自宅内での工事
  • データセンターなどでの工事
  • オフィスなどでの工事

簡単にご説明すると電信柱での工事は、電信柱から自宅などへと通信回線の引き込みを取り扱う工事です。

電気工事に該当するようなもので、電信柱と住宅の外壁などを接続します。

場合によっては高い所で作業する必要があり、労災などの問題がつきまといやすい仕事です。

それに対してデータセンターでの工事は、データセンター内に通信回線を引き込むようなものです。

外壁まで別の通信工事で回線が引き込まれているため、その回線をさらに室内へと引き込みます。

基本的には屋内での工事となり、電信柱で作業するような工事と比較すると労災などの心配は下がります。

また、オフィスの中で様々な回線を配置する通信工事もあります。

例えば電話回線を配置するような工事も、通信工事の一環です。

オフィスの引越しに伴って大量の電話を設置し直すとなると、通信工事を担当できる業者に依頼しなければなりません。

ここでご紹介したとおり、通信工事とは言ってもその内容は大きく異なります。

電信柱の工事とデータセンター内の工事は大きく異なるため、独立してから認識間違いに気づかないように注意しなければなりません。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

通信工事で独立するにあたり必要な資格

工事関連で独立するとなると、気になるのは資格の必要性です。

工事は資格が必要になるとのイメージが強いため、この点を気にしている人は多いようです。

続いては通信工事と資格についてご説明します。

通信工事に資格は必須ではない

基本的に通信工事を行うにあたり、資格は必須ではありません。

「通信工事業を営むならばこの資格が必須」と言えるものはないのです。

このように必須の資格がないのは、通信工事の業務内容が非常に幅広いからです。

幅広い仕事があるため、一概に必要な資格が存在しないのです。

ただ、通信工事の仕事をするためには、何かしらの資格が必要となるケースが多くあります。

実際にどのような仕事を受注したいかによって必要となる資格を考え、その資格を取得する方向で進めていくのがおすすめです。

通信工事で取得する資格の例

ご説明したとおり通信工事の独立で必須となる資格は存在しません。

ただ、取得するケースが多い資格についてご説明しておきます。

電気工事士

電気工事士は建物や設備の電気に関わる工事を担当するために必要な資格です。

通信工事は電気工事を伴う場合もあり、電気工事士が必要となる可能性があります。

第二種と第一種があり、第二種については実務経験がなくても受験できます。

工事に関わる資格は実務経験が必要となるものが多いですが、こちらについては実務経験がなくとも受験可能です。

とはいえ、これから通信工事で独立したいと考えている人は、既に十分な実務経験があるでしょう。

受験条件についてはあまり意識する必要がなく、資格に合格できるかどうかだけが重要になるはずです。

工事担任者

工事担任者は公衆回線やCATVの通信回線に関わる工事に必要な国家資格です。

配線の工事をする場合などは、こちらの資格を取得しておかなければなりません。

工事担任者は5種類の区分が用意されていて、保有している区分によって取扱いできるものが異なります。

区分によって取り扱える内容が異なるため、多くの案件に対応しようと考えるならば複数の区分を取得しなければなりません。

基本となる区分については難易度が高いものではありません。

しっかりと対策をして受験すれば十分合格が可能でしょう。

逆に現場監督などの業務ができる区分は、比較的難易度が高くなっています。

通信工事で独立するために難しい区分の受験を考えているならば、勉強時間を確保して計画的な受験をしていきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

通信工事で独立する大まかな流れ

状況によりますが通信工事で独立する流れは大まかに決まっています。

例えば以下のとおりです。

  1. 通信工事のスキルを高める
  2. 独立の手続きを進める
  3. 追加で必要な資格があれば受験する
  4. 通信工事の仕事を開始する

具体的にどのような流れで独立すれば良いのかについてご説明します。

通信工事で独立する流れ1:通信工事のスキルを高める

まずは通信工事のスキルを高めていかなければなりません。

独立する際は会社のブランドのような後ろ盾がなくなるため、自分自身のスキルが重要です。

スキルがなければ案件の受注ができないため、まずは実務経験を積むようにしていきましょう。 

なお、重要となるのは自分が独立した分野でのスキルを高めていくことです。

上記でも触れたとおり通信工事には様々な仕事内容があります。

そのため実務経験を積んでも、それが活かせないような内容で独立しては意味がありません。

実務経験を積んだ内容で独立するか、独立を見越して意図的に実務経験を積むようにしましょう。

通信工事で独立する流れ2:独立の手続きを進める

自分のスキルが十分に高まれば、続いては独立の手続きをします。

必要な事務手続きがあるため、この点については認識しておきましょう。

まず、独立の手続きを進めるにあたって考えるべきことは、通信工事を個人でやるか法人でやるかです。

どちらにするかによって手続きの内容が異なるため、早々に決定しなければなりません。

個人の場合は、税務署で個人事業主になるための届出をします。

「開業届」と呼ばれる書類を提出すれば手続きができるため、こちらの書類を提出するようにしましょう。

なお、書類はインターネットからダウンロードして自分で記入できる内容であるため、書類作成について心配する必要はありません。

法人の場合は、法務局で法人登記の手続きが必要です。

どのような方針で独立するかによって必要となる書類は異なりますが、10種類程度の書類を作成して法務局に提出しなければなりません。

書類の中には専門的な知識を必要とするものがあるため、作成には時間がかかってしまいます。

また、法人登記をする際は登録免許税と呼ばれる費用が発生します。

また、資本金の用意もしなければなりません。

法人で独立をするとさまざまなメリットがありますが、独立にあたって負担もかかってしまうためその点は注意するべきです。

通信工事で独立する流れ3:追加で必要な資格があれば受験する

通信工事で独立するにあたり必要な資格があれば受験しておきましょう。

現場で働いてる人ならば必要な資格は取得しているケースが多いと思われますが、必要ならばこのタイミングで受験しておくべきです。

なお、国家資格などは自分の好きなタイミングで受験できるわけではありません。

年に1回や2回など決まった回数しか施行されていないものです。

そのため、独立にあたり資格が必要となるならば、試験の実施日を確認して計画的に受験しておかなければなりません。

資格は受験してから合格発表までに時間を要します。

また、免許などが必要となる資格になると、それの郵送にさらに時間を要します。

通信工事で独立するために資格を必要とするならば、このあたりの時間も意識しておくべきです。

通信工事で独立する流れ4:通信工事の仕事を開始する

必要な資格も揃い独立の手続きも完了すれば、後は通信工事の仕事を開始するだけです。

ここまでで独立の手続きは完了しているため、実際に仕事を受注できます。

ただ、通信工事で独立すると仕事が勝手に舞い込んでくるとは限りません。

自分で仕事を獲得できるように営業しておく必要があります。

周りに独立することを伝えておき、案件を発注してもらえるようにしておきましょう。

担当する通信工事の内容にもよりますが、電信柱と外壁をつなぐ工事などは業者が不足している分野もあります。

そのような仕事が受注できるならば、飛び込み営業などでも業者不足から発注してもらえるかもしれません。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

まとめ

通信工事での独立についてご説明しました。

通信工事は仕事内容に多くの選択肢があるため、どのような仕事内容で独立するのかは明確にしておくべきです。

ここを明確にしておかないと、通信工事で独立してから後悔しかねません。

独立する方法には個人と法人のニ種類があり、どちらでも自分の都合のよい方を選択できます。

ただ、通信工事は法人を相手にした仕事が多いため、法人を選択しておいたほうが信用力が高まり仕事がしやすいかもしれません。

通信工事で独立するために法人登記するのは手間のかかる作業です。

そのため、法人を設立する際は経営サポートプラスアルファにご相談ください。

手数料無料で会社設立のプロが皆さんの独立を支援します。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE