屋根屋の独立は簡単!実務経験を積んで独立してみよう

屋根屋は屋根工事を受け持つ仕事を指します。

屋根工事には様々なものがありますが、一般的に屋根屋といえば屋根材を利用して最後の仕上げをする仕事を指します。

工事現場では重要な役割であるため、これからは屋根屋で独立したいと考える人がいるようです。

ただ、実際に「屋根屋として独立できるのか」「独立するためにはどうすれば良いのか」と考える人が多いはずです。

今回は屋根屋で独立するために必要な情報についてまとめていきます。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

独立できる屋根屋になるためには

冒頭でご説明したとおり、屋根屋は独立ができる職業です。

ただ、誰でも簡単に独立できるというわけではありません。

まずは屋根屋で独立できるようになるためにはどうすれば良いかご説明します。

屋根屋の現場で働いて実務経験を積む

最初に理解してもらいたいのは、独立する前に十分な実務経験を積まなければならないことです。

屋根屋には多くの知識が求められるため知識を持っておくことも重要ですが、同時に実務経験を積んでスキルを高めておくことも重要です。

特に独立するとスキルが重要視されるため、実務経験を積んでいないと独立しても失敗してしまいます。

実務経験を積むためには、屋根工事に関わる会社で働くのが一番です。

まずは先輩などと一緒に現場で働き、屋根屋として独立するために必要なスキルを身につけましょう。

実務経験が少なくとも、とにかく独立したいと考えるかもしれませんが、十分な実務経験を積んでスキルを高めておくことが独立を成功させるために必要です。

なお、具体的にどの程度の期間働けば良いのかは一概には言えません。

自分が独立してやっていけるだけのスキルが身に付いていれば良いでしょう。

客観的に判断するのは難しいですが、周りから仕事を十分に任されるなど、スキル面で信頼されていると感じたならば検討しても良いと思われます。

独立に向けて人脈を増やしておく

独立する際は仕事を発注してもらうクライアントが必要です。

このクライアントは独立前に確保しておくのが理想的です。

独立に向けて実務経験を積む中で、未来のクライアントを確保するようにしておきましょう。

ただ、最初から独立することを説明しなくてもよいでしょう。

最初はしっかりと仕事をこなして、クライアントとの人脈を築いておきます。

多くの人脈を築いておけば、それらの中から仕事を発注してくれる人が出てくるはずです。

丁寧に仕事をして信頼関係を強固なものにしておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

屋根屋で独立するために必要な資格

工事に関わる仕事で気になるのは資格や許可の有無です。

工事現場では資格を持っている人や許可を得ている人が多くいるため、屋根屋についても気になる人が多いでしょう。

続いてはこちらについてご説明します。

屋根屋は資格がなくても独立できる

実は、屋根屋は資格がなくても独立できる職業です。

工事現場には資格の保有者が多くいるため意外かもしれませんが、独立のために必須の資格はありません。

資格の取得が不要であるため、独立するためのハードルはやや低くなっています。

独立を考えている人の中には「必要な資格を取得できるのか不安」と考えてる人もいるかもしれません。

しかし、必ず求められる資格は無いため、この点については特に心配する必要がありません。

資格を持っておいても損はない

屋根屋に必ず必要となる資格はないものの、独立時に持っておきたい資格はあります。

資格を保有しているとクライアントなどからの信頼感が高まるため、必要に応じて以下の資格を取得するようにしましょう。

かわらぶき技能士

こちらは瓦を屋根に設置する技能を証明できる資格です。

昔ながらの日本家屋は屋根に瓦が設置されていることが多く、これに関連するスキルの高さを証明します。

資格には1級と2級が用意されていて、どちらにも実務経験が求められます。

学歴などによって変化しますが、2級の場合は2年以上の実務経験が必要で、1級の場合は7年以上の実務経験が必要です。

資格については業界内でも有名であるため、どちらかの資格を保有しているとそれだけで屋根屋としての実務経験年数も証明できます。

建築板金技能士

建築物の屋根工事で鉄板を設置するスキルを証明する資格です。

また、板金工事をする際は専任技術者が求められ、こちらの資格に合格していると専任技術者の役割を担えます。

近年では瓦の屋根よりも鉄板で屋根葺きした建物が増えています。

そのため、これから屋根屋として独立するのであれば、こちらの資格は保有しておいた方がよいでしょう。

建築現場の状況を踏まえると、必須の資格となりかねません。

なお、取り扱う内容は「ダクト板金」と「内外装板金」に分かれています。

両方の取り扱いがしたいならば、両方受験して取得するようにしなければなりません。

また、こちらの資格に関しても1級と2級が存在します。

受験にあたり実務経験が求められるため、経験を積んでから受験するようにしましょう。

建築施工管理技士

屋根屋向けの資格ではないものの、工事にあたり建築施工管理技士が必要です。

独立するにあたって必須の資格ではないものの、案件の幅を拡大するために取得しておいて損はありません。

ただ、国家資格の中でも難易度が高く、屋根屋の独立に向けて取得するのは難易度が高いかもしれません。

実際、難易度の高い1級の合格率は15%程度となっています。

持っていると活用できる資格ではありますが、難易度の高さについては認識しておくべきです。

需要の変化には注意

現在は屋根の需要に変化があります。

昔のように瓦の屋根が中心ではなく、鉄板で覆われた屋根が中心となっています。

そのため、屋根屋の需要も変化してきています。

これから屋根屋として独立するならば、世の中の需要を加味する必要があります。

特に瓦を中心として扱うつもりならば、独立してから安定して仕事を受注できるようにクライアントを探しておかなければなりません。

独立してから屋根屋の仕事が思うように受注できなくては生活に困ってしまいます。

もちろん、住宅にもトレンドがあるため、何を武器に独立すれば良いのかは一概には言えません。

トレンドをできるだけキャッチして、独立してから安定した仕事ができるように意識しておきましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

屋根屋として実際に独立する流れ

続いては実際に屋根屋として独立する流れについてご説明します。

状況によって流れには差がありますが、概ね以下の流れで進めます。

  1. 独立の準備
  2. 独立に向けた手続き
  3. 必要ならば資格の取得
  4. 必要な備品の手配

具体的にどのような流れになるのかご説明します。

屋根屋独立の流れ1:独立の準備

最初に屋根家として独立するための準備が必要です。

冒頭でも説明したとおり、実務経験を積んでスキルを高めるようにしておきましょう。

焦らずに実務経験を積むようにしなければ、屋根屋としての独立はできません。

また、屋根屋で独立する前に決定しておきたいのが、個人にするか法人にするかです。

個人での独立は手続きが簡単ですが、社会的信用力がやや低くなってしまいます。

それに対して法人は手続きに時間を要するものの、社会的信用力が高くなります。

それぞれに特徴があるため、それらを踏まえて決定しなければなりません。

屋根屋独立の流れ2:独立に向けた手続き

どのように独立するか決定すれば、独立に向けた手続きをしていきます。

書類などの提出をしなければならないため、準備して順番に対応するようにしましょう。

個人で独立する場合は、税務署に対して開業届を提出します。

屋根屋に限らず個人で独立するならば、個人事業主の扱いとなります。

そのため税務署に対して開業届を提出して、個人事業主になるようにしましょう。

なお、書類は1枚だけの提出で内容は難しいものではありません。

法人で独立する場合は、法務局に対して法人登記をします。

10種類程度の書類を作成して提出しなければならず、独立する際のハードルとなってしまいます。

専門的な知識が必要となるため、法人登記には時間を要すると考えておきましょう。

なお、屋根屋で独立するにあたって法人登記をしたいならば、24時間受付で手数料無料の経営サポートプラスアルファにご相談ください。

会社設立のプロが相談を受け付け、屋根屋としての独立をサポートします。

屋根屋独立の流れ3:必要ならば資格の取得

屋根屋で独立するにあたって資格を取得するならば、独立の手続きと並行して受験しましょう。

事前に受験できるものがあれば、独立を待たずとも取得しておいて差し支えはありません。

ご説明したとおり独立のために必須の資格は存在しません。

そのため、屋根屋になるからといって資格を受験する必要はないのです。

ただ、資格を保有している方がクライアントなどからの安心感が高まるため、必要に応じて受験することをおすすめします。

屋根屋独立の流れ4:必要な備品の手配

屋根屋として仕事を始めるためには、多くの備品を購入しなければなりません。

事前に必要なものをリストアップしておいて、独立に向けて購入するようにしましょう。

購入できるものの中には、事前に購入しておけるものがあります。

独立の手続きと並行して手配できるものがあれば、手配を進めておくと独立までの時間を有効活用できるでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

<関連記事>

まとめ

屋根屋の独立についてご説明しました。

資格がなくても独立できる職業であるため、独立を考えている人は思い切って行動してみても良いでしょう。

十分なスキルがあれば独立も視野に入ります。

独立する際には個人と法人の選択が必要で、どちらにも特徴があります。

後悔することがないように特徴を踏まえてどちらにするか考えましょう。

もし、屋根屋の独立で法人を選択するならば経営サポートプラスアルファにご相談ください。

手数料無料でプロが皆さんの法人設立をサポートします。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE