溶接会社は自分でも立ち上げ可能!その方法と立ち上げに向けて知っておくべき知識とは

溶接会社で働いていると「いつかは溶接会社を立ち上げたい」と考えるようです。

溶接には高いスキルが求められるものがあるため、そのスキルを武器に溶接会社を立ち上げて自分なりに発展させたいと考えるのでしょう。

ただ、溶接会社の立ち上げを夢見ても、実際に何をすればいいのかは理解できていない人が大半ではないでしょうか。

溶接については理解できていても、会社の立ち上げについては理解できていなくても不思議ではありません。

今回は溶接会社の立ち上げについてご説明します。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

溶接会社は自分で立ち上げ可能

準備さえ完了していれば溶接会社は自分での立ち上げが可能です。

会社の立ち上げなど難しいイメージがあるかもしれませんが、実際には皆さんがイメージするほど難しくありません。

まずは溶接会社を自分で立ち上げることについて解説します。

自分で溶接する会社を立ち上げる

溶接会社の立ち上げとしてイメージする人が多いのは、自分で溶接する会社を立ち上げることでしょう。

自分が溶接工として働いた経験を活かして溶接会社を立ち上げるのです。

自分の高いスキルを活かして案件を獲得すると考えてよいでしょう。

自分で溶接する溶接会社を立ち上げるならば、一人社長の会社にしても差し支えありません。

自分だけで立ち上げると負担は増えますが、自分だけあるためで自由に溶接ができるようになります。

自分に高い溶接のスキルがなければ一人社長の溶接会社は立ち上げが難しいですが、このように自分のスキルを武器に一人でも溶接会社を立ち上げる人は多いでしょう。

溶接工を雇う会社を立ち上げる

自分で溶接をしなくとも、溶接会社だけを立ち上げて溶接工を雇う選択肢もあります。

ある程度は溶接工との接点がなければ採用できませんが、人脈があれば溶接会社だけを立ち上げるのもよいでしょう。

ただ、自分に溶接のスキルが無く溶接会社だけを立ち上げると、働いてくれる溶接工に不満を与える可能性があります。

溶接工はスキルが重要な職業であるため、会社とはいえども溶接工ではない社長は嫌うかもしれません。

とはいえ、溶接会社を立ち上げて働きに来てくれる溶接工がいるならば、自分自身は溶接工でなくとも差し支えありません。

溶接会社の立ち上げにあたり、働いてくれる溶接工が見つかるかどうかが重要なポイントです。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

溶接会社を立ち上げる際に知っておきたい4つのポイント

これから溶接会社を立ち上げたいのであれば、いくつか知っておくべきポイントがあります。

具体的には以下のとおりです。

  1. 設備投資が必要となる
  2. 案件の獲得に人脈が求められやすい
  3. 幅広く溶接しようとしない
  4. 会社として必要な資格は無い

それぞれについてご説明します。

立ち上げのポイント1:設備投資が必要となる

溶接の内容によって大きく変動しますが、溶接会社の立ち上げにあたり設備投資が必要です。

溶接するためにはいくつもの機器が必要となるため、それらを溶接会社の立ち上げにあわせて調達しなければなりません。

どの程度の設備投資が必要となるかは、立ち上げる溶接会社の規模や溶接するものの種類によって異なります。

難易度の高い溶接は専門の機器を要するため、それだけ必要となる設備投資も高額になってしまいます。

逆に難易度が低く一般的な溶接をするならば、機器の流通量は多く設備投資は低額で済みます。

また、溶接会社の敷地内で溶接をするならば、事務所とは別に溶接する環境が必要です。

工場のような場所を用意して、そこで溶接工として働いたり働いてもらったりします。

このような設備が必要になると、溶接に関する設備投資だけではなく建屋や内装に関する設備投資が求められます。

逆にクライアント先を飛び回って溶接する案件が中心ならば、溶接会社の立ち上げにともないこのような設備投資は不要でしょう。

溶接会社の内容や規模によって設備投資の金額は大きく変化します。小規模な溶接会社を立ち上げる場合でも、機器の種類によっては高額になってしまうため注意が必要です。

立ち上げのポイント2:案件の獲得に人脈が求められやすい

溶接に関する案件は人づてに獲得するものが多くあります。

そのため、案件を獲得できるように人脈を築いておくのが理想的です。

人脈を築く方法はいくつもありますが、無難なのは溶接会社を立ち上げる前に別の溶接会社などで働いておくことでしょう。

ここで溶接工同士の人脈やクライアントとの関係性を築いておくと、独立するなど溶接会社を立ち上げても案件を獲得できる可能性が高まります。

もちろん、全ての案件で人脈が求められるわけではありません。

人脈関係なく、入札などで獲得できる案件があるのは事実です。
ただ、溶接会社に限らず人づてに案件を獲得する場面は多いため、溶接会社を立ち上げるならばできるだけ人脈を築いておくべきです。

立ち上げのポイント3:幅広く溶接しようとしない

溶接会社の失敗でよくあるのが、「幅広い溶接に対応する会社を立ち上げる」ということです。

万能な会社を立ち上げたほうが良いイメージがあるかもしれませんが、溶接の世界では避けたほうがよいでしょう。

一般的に溶接工は得意とする分野があります。

人によって分野は異なりますが、アーク溶接が得意な溶接工やレーザー溶接が得意な溶接工がいるでしょう。

このように溶接工は得意分野を持つため、溶接会社としてもこの得意分野を最大限活かせるようにするべきなのです。

また、設備投資の観点でも幅広い溶接はおすすめできません。

溶接の種類が多くなるとそれだけ多くの設備が必要となるため、設備投資が高額になってしまうのです。

費用対効果が悪くなる可能性があり、この観点からも溶接の分野は絞ったほうがよいのです。

もちろん、溶接会社を立ち上げて働いてくれる溶接工の意見は最大限尊重するべきです。

得意分野の異なる溶接工が2人働いてくれるならば、それぞれの溶接について設備投資して案件を受注できるようにしたほうがよいでしょう。

ただ、溶接会社を立ち上げる以上は利益が出るように考えなければなりません。

全ての溶接工の意見を尊重していてはキリがないため、溶接の分野はある程度絞り、それに沿った採用活動などをしていくべきです。

立ち上げのポイント4:会社として必要な資格はない

溶接には多くの資格があります。

溶接会社の立ち上げを考えている人であればどのような資格が存在しているのか理解していることでしょう。

個人では多くの資格を取得する必要がありますが、実は法人として何かしら資格を取得する必要はありません。

個人が適切な資格を取得できていれば、溶接会社の立ち上げで資格や許可の取得に焦らなくてもよいのです。

ただ、会社として資格は必要ないものの、溶接工の資格管理はしっかりとしなければなりません。

資格の無い溶接工が溶接してトラブルを引き起こしてはなりませんので、その点の管理は丁寧に対応しましょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

溶接会社を立ち上げるまでの流れ

具体的に溶接会社を立ち上げるまでの流れを大まかにまとめると以下のとおりです。

  1. 会社設立に必要な準備をする
  2. 書類を作成し溶接会社の登記をする
  3. 案件を獲得する

それぞれについてご説明します。

立ち上げの流れ1:立ち上げに必要な準備をする

溶接会社を立ち上げるために必要な準備を進めていきましょう。

溶接会社に限らず会社の立ち上げには多くの準備があります。

例えば以下のとおり準備が必要です。

  • 溶接会社の名称や場所など必要な情報を決定する
  • 溶接に必要な備品を手配する
  • 溶接工を雇う場合は採用の準備をする
  • 印鑑など会社として必要な備品を手配する

大まかな準備だけでもこれらの準備が必要です。

溶接会社の立ち上げをスムーズにするために、情報の決定などは時間をかけてでも行っておきましょう。

これらが決まっていなければ書類を作成するタイミングで時間を要してしまいます。

また、溶接会社を立ち上げるためには溶接に必要な備品や一般的な会社として必要な備品を購入しておく必要があります。

ローンを組む場合など法人登記が完了してから購入するものはあるはずですが、手配できるものは事前に手配を進めておきましょう。

立ち上げの流れ2:書類を作成し溶接会社の登記をする

必要な準備が完了すれば書類を作成して溶接会社を立ち上げる法人登記をします。

必要な書類はどのような会社を立ち上げるかによって変化があり、株式会社や合同会社では10種類程度の書類を作成しなければなりません。

作成できる書類は個人で作成できるものと個人での作成は難しいものがあります。

法務局にサンプルが公開されているため参考にすれば作成はできますが、時間を要してしまう可能性があります。

必要書類の作成は溶接会社を立ち上げるにあたり時間がかかる部分ですので、できるだけ時間に余裕を持って対応するようにしましょう。

必要な書類が全て作成できれば、法務局に書類を持ち込んで法人登記の手続きをします。

問題なく書類を作成していれば提出するだけで手続きは完了するため、特に時間を要するものでもありません。

ただ、書類内容に不備があると後になって法務局から連絡が来ます。

こうなると書類の修正が必要となり、溶接会社の立ち上げに更に時間を要してしまいます。

これを避けるために、法務局には書類を事前にチェックする窓口が設けられています。

内容について心配事がある場合は、事前にこちらの窓口に書類を持ち込んで確認してもらうようにしましょう。

なお、そもそも書類の作成をプロに任せれば、溶接会社の立ち上げで必要以上に時間を使うことは無くなります。

例えば24時間受付で手数料無料の経営サポートプラスアルファにお任せいただければ、皆さんは溶接会社の立ち上げに注力していただけます。

立ち上げの流れ3:案件を獲得する

溶接会社の立ち上げが完了すれば、後は案件を獲得していくだけです。

人脈などを活用して案件を獲得するようにしましょう。
また、会社立ち上げのタイミングに合わせて案件を受注しておくのも悪くありません。

溶接会社の立ち上げさえ完了すれば、後は黙々と案件を受注して利益を出していくだけです。

最初は地道に継続的な活動が必要かもしれませんが、安定した収入が得られるまでは頑張ることを意識するとよいでしょう。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

溶接会社の立ち上げについてご説明しました。

基本的に溶接会社は法人としての資格は必要ありませんので、一般的な方法と同様に法人登記をすれば溶接会社の立ち上げは完了します。

ただ、溶接会社を立ち上げて案件を獲得するためには、ある程度溶接の業界での人脈が必要です。

そのような人脈なしに溶接会社を立ち上げるのはリスクがあるため、事前に案件が獲得できるような人脈づくりを意識しましょう。
なお、溶接会社を立ち上げるためには法人登記が必要ですが、これには時間がかかります。

そのため溶接会社の立ち上げに注力してもらうためにも、書類作成などは経営サポートプラスアルファにお任せください。

24時間受付で送料無料であるため、まずは気軽にご相談をお待ちしています。

会社設立の代行費用実質0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
NO IMAGE